vc

腰椎分離症の痛みを治すために重要なのは後方筋膜

腰椎分離症の治療方法を調べてみると、ハムストリングスや大殿筋、腸腰筋、脊柱起立筋群のストレッチングが必要と書かれています。

また、腹筋群の筋力強化も重要と書かれており、これらの方法は腰椎の過度な前弯を改善させることを目的としていることがわかります。

しかしながら以前から疑問だったのですが、ハムストリングスの短縮は膝関節を屈曲させ、運動連鎖によって股関節は屈曲します。

股関節が屈曲すると骨盤は後傾しますので、さらに腰椎は屈曲して、結果的に腰椎前弯は減少する方向に働くです。

それなのにハムストリングスの柔軟性を高めることが重要だというのは、一体どうしてだろうと思っていました。

その疑問を解決してくれたのが先日に診た患者さんなのですが、確かに検査をしてみるとハムストリングスの柔軟性は低下していました。

ただし、これは結果的にそう感じただけであり、おそらく原因はそこにはありません。

ここを理解するためには筋膜の流れについて知っている必要があるのですが、めちゃくちゃ簡単なので身構えないで大丈夫です。

腰痛のほとんどに後方筋膜(スーパーフィシャル・バック・ライン)の問題が関与しているので、この筋膜経線だけは覚えておくと便利です。

アナトミートレイン|SBL|スーパーフィシャル・バック・ライン

この中でもアキレス腱や仙結節靭帯、脊柱起立筋などが硬くなりやすく、触れると滑りの悪さや圧痛を認めます。

わたしが診た患者さんでは、ハムストリングスの付着部である坐骨結節から仙結節靭帯あたりがガチガチに固まっていました。

圧痛は認められませんでしたが、おそらくここが痛みを引き起こしている原因の大元であることが予測されました。

そこから後方筋膜のラインに沿いながら硬い部分や圧痛を訴える場所を探していくと、脊柱起立筋群のところで圧痛を認めました。

ちなみに固くなりやすい場所はおおむね決まっており、先ほどの図の赤丸の部分を中心に確認するとよいです。

後方筋膜が短縮すると結果的に身体は反る方向に働きますので、身体の中心でもある腰椎は過度に前弯します。

今回のケースでは、腰部の赤丸と坐骨結節の赤丸が硬い箇所であり、その中間にあたる下位腰椎が最も負担を受けていたと考察されます。

ハムストリングスや大殿筋のストレッチングが有効とされているのは、2つの筋肉が坐骨結節と仙結節靭帯に付着しているからです。

そのため、これらの筋肉を伸張すると結果的に硬くなっている後方筋膜を伸張することにつながります。

ただし、これはあくまで結果論であり、ストレッチングのみでは硬結している箇所をほぐしていくのは非効率的です。

効率的にほぐしていくためには指圧によるマッサージが有効であり、硬くなっている筋膜を滑らせるようにして治療していきます。

筋膜由来の疼痛に関しては、痛みが起きている箇所の上下の圧痛点に問題を抱えているケースが多いため、同時に脊柱起立筋群で滑りが悪い部分をマッサージしていくとよいです。

また、腰椎の過度な前弯を引き起こす原因として大腰筋の短縮は非常に多いため、大腰筋に圧痛がないかも調べておく必要があります。

もちろん問題がないならアプローチする必要はありませんので、後方筋膜の治療のみに専念して大丈夫かと思います。

最後に腹筋群の筋力強化についてですが、そもそも腰椎分離症が発生しやすいのは若年でスポーツ習慣の多い学生です。

そのため、腹筋群の筋力低下が主因となっているとは考えにくく、あまりアプローチしても意味はないかもしれません。

最後にまとめですが、腰椎分離症のリハビリにおいては、筋膜の視点がない限りは有効な治療ができないと思います。

わたし自身も筋膜を意識するようになってから、治療できる範囲が大幅に増えたと実感しています。

これを機会に是非とも勉強してみてください。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme