vc

腸骨筋

この記事では、腸骨筋(iliacus)に関する充実したデータを閲覧できます。

腸骨筋の概要

腸骨筋の起始停止

腸骨筋は股関節を屈曲方向に振り出す主力筋で、骨盤の腸骨内面に付着しており、腸腰筋の中で最も深層に位置しています。

腸骨の前面にあたって折れ曲がり、滑車のようにスライドして動くことが特徴です。

基本データ

支配神経 大腿神経および腰神経叢の枝
髄節 L2-4
起始 腸骨窩および下前腸骨棘
停止 大腿骨の小転子の下方
栄養血管 内側大腿回旋動脈、腸腰動脈の腸骨枝
動作 股関節の屈曲、外旋
筋体積 234
筋線維長 10.0
速筋:遅筋(%) 50.050.0
筋連結:大腰筋、腰方形筋、内閉鎖筋、上双子筋、下双子筋、縫工筋、大腿直筋、内側広筋、大腿筋膜張筋、恥骨筋、(以下は股関節包を介して)大腰筋、小腰筋、小殿筋、梨状筋、外閉鎖筋

運動貢献度(順位)

貢献度

股関節屈曲

1 大腰筋
2 腸骨筋
3 大腿直筋
4 大腿筋膜張筋

腸骨筋の触診方法

自己触診:腸骨筋

座位にて股関節の屈曲運動を行い、大腿直筋の内側で腸骨筋の収縮を触知しています。

腸骨筋は純粋な股関節屈曲運動に作用します。

ストレッチ方法

腸骨筋のストレッチング2

ベッドに対して斜めに背臥位をとり、片膝を立て、ストレッチ側の下肢をベッド外側に垂らします。

両手で膝を抱え、引き寄せながら股関節を最大屈曲します。

腸骨筋のストレッチング

片膝立ちの姿勢をとり、両手は床に置き、体重を前方下肢に移動します。

下肢を屈曲しながら腰椎は前弯しないように留意し、股関節を伸展していきます。

筋力トレーニング

筋トレ|チェア・ニートゥチェスト|腸腰筋の筋力トレーニング

足首に重りを付けて椅子に浅く腰掛け、両手で座面を掴んだ状態から股関節の屈曲運動を行っていきます。

マッサージ方法

腸骨筋|浅層筋

腸骨筋は鼡径靭帯の下部で表層に出てきますので、大腿直筋や縫工筋の内側にて容易に触知することが可能です。

起始部を触知する場合は背臥位をとってもらい、術者は四指を腸骨の外側に当て、腹筋群や腸を押しのけつつ、深く押圧していきます。

腸骨筋に強い緊張が感じられる場合は、軽い圧迫を加えてリリースしていきます。

歩行時の筋活動

腸骨筋|腸腰筋の歩行時の筋活動

腸骨筋は遊脚初期(ISw)に働き、この時期は股関節を屈曲させて下肢を振り挙げる動作に働きます。

関連する疾患

  • 股関節屈曲拘縮
  • 慢性腰痛
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 思春期脊椎分離症
  • 変形性股関節症
  • 化膿性腸腰筋炎 etc.

腰部脊柱管狭窄症

腸腰筋と腰部脊柱管狭窄症

腸腰筋に短縮が存在すると、腰椎の代償的前彎を引き起こします。

腰椎前彎が増強すると腰椎は伸展し、脊柱管は狭窄して、脊柱管を通過している馬尾が圧迫を受けることになります。

腸腰筋が原因の腰部脊柱管狭窄症に関しては、保存的治療(リハビリテーション)で改善が期待できます。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme