vc

腹直筋,錐体筋

腹直筋に関する充実したデータ(ストレッチ、筋力トレーニング、マッサージ方法など)をここでは閲覧できます。目次は以下になります。

腹直筋の概要

腹直筋(rectus abdominis)は腹部前面に位置しており、一般的に腹筋と呼ばれます。語名はrectus(真っ直ぐな)とabdominis(腹)から構成されます。

筋腹が4-5段に分かれており、その境目の線を「腱画」と呼びます。また、左右の境目となる中央の線を「白線」といいます。

1.前方から見た腹直筋
腹直筋|前面
 2.側方から見た腹直筋
腹直筋|側面
 3.後方から見た腹直筋
腹直筋|後面
支配神経 肋間神経(胸腹神経)
髄節 Th5-12
起始 恥骨結合、恥骨稜、恥骨結節の下部
停止 第5-7肋軟骨の外面、剣状突起、肋剣靱帯
栄養血管 下腹壁動脈
動作 体幹の屈曲、胸郭前壁の引き下げ、腹腔内圧の拡大
筋体積 170㎤
筋線維長 29.9㎝
速筋:遅筋(%) 53.9:46.1

腹直筋は外腹斜筋に覆われている

普段から身体を鍛えている人では、脂肪が少なく、腹直筋が発達しているために腹筋が割れているようにみえます。

そのため、腹直筋は表層に位置しているようにみえますが、実際は表層の多くを外腹斜筋に覆われています。

下図を見ていただくとわかりやすいですが、外腹斜筋は最外層に位置し、内腹斜筋は腹直筋を覆っている腹直筋鞘の外側に停止します。

腹横筋に関しては腹直筋の深部を走行しています。

外腹斜筋と腹直筋の位置関係

※腹部の断面図

腹直筋の運動貢献度(順位)

貢献度 体幹屈曲
1位 腹直筋
2位 外腹斜筋
3位 内腹斜筋

腹直筋の触診方法

下記の写真では、回旋を伴わない体幹の屈曲運動にて、腹直筋を触診しています。

外腹斜筋や内腹斜筋も両側同時に収縮することで体幹屈曲に作用するため、その境目を探るようにして触診していきます。

腹直筋

腹直筋の痛みとトリガーポイント

腹直筋の関連痛は背部中央や腰背部などに起こるため、腰痛の原因が腹直筋のトリガーポイントである場合もあります。

骨盤前傾位の患者では、腹直筋が常に牽引されるため血流障害を起こし、硬結部位が発生しやすいとされています。

そのため、トリガーポイント治療のみでなく、腹直筋を鍛えることで骨盤前傾位を改善し、再発生を防ぐことが大切です。

腹直筋,関連痛,トリガーポイント,場所 腹直筋,関連痛,トリガーポイント,場所

腹直筋はSFL(スーパーフィシャル・フロント・ライン)の筋膜経線につながる筋肉であり、身体前面浅層において重要な筋肉になります。

腹直筋の弱化は筋膜による力を伝達する働きを低下させ、前脛骨筋や胸鎖乳突筋といった身体前面の筋肉にも影響を及ぼすことになります。

アナトミートレイン|SFL|スーパーフィシャル・フロント・ライン|腹直筋

ストレッチ方法

①うつ伏せで腰を床につけたまま、床に両手をついて上体を起こしていきます。腹部の筋肉が伸ばされているのを感じながら実施してください。
ストレッチ|脊椎伸展運動|腹直筋

筋力トレーニング

①仰向けにて片脚を股関節を90度屈曲し、もう片方の下肢をゆっくりと伸展挙上していきます。下肢挙上では腹直筋下部を中心に鍛えられます。
筋トレ|ワンレッグ・スパイン・リフト|腹直筋
②仰向けにて両脚を伸展した状態から、ゆっくりと挙上していきます。腹直筋下部を中心に鍛えられます。
筋トレ|ツーレッグ・スパイン・リフト|腹直筋下部
③仰臥位にて下肢を屈曲位に保持し、ゆっくりと上体を起こして手が膝に触れるようにします。体幹屈曲では腹直筋上部を中心に鍛えられます。
筋トレ|ニータッチ・クランチ|腹直筋
④仰臥位にて下肢を屈曲位で挙上し、上体をゆっくりと起こしていきます。手が踵に触れるまで起きたら、またゆっくりと上体を倒していきます。
筋トレ|ヒールタッチ・クランチ|腹直筋
⑤仰臥位にて下肢を椅子に挙上し、上体をゆっくりと起こしていきます。手を頭の後ろに組むことで負荷量を上げることができます。
筋トレ|チェア・クランチ|腹直筋
⑥仰臥位にて下肢は軽度屈曲位に保持し、少し上体を起こして止め、次は最大限に起こして止め、手を天井に向けて挙上していきます。
筋トレ|4フェーズ・クランチ|腹直筋

腹直筋のトレーニングポイント

腹筋群を鍛えるトレーニングで起き上がり運動を実施する場合は多いですが、屈曲中期では腹直筋が、後期では大腰筋が活躍します。

また、膝関節を伸展すると腸腰筋が、足部を固定すると大腿直筋が活躍します。

腹直筋を選択的に鍛えるためには、膝屈曲位で固定はせず、起き上がりの初期にて負荷を与える方法が有効です。

sit-up|腹直筋の筋力トレーニング

錐体筋の概要

錐体筋(pyramidalis)は、白線に付着部を小さな筋肉で、白線の緊張を保つために存在しています。しばしば欠損している場合があります。

第2虫様筋H
支配神経 肋下神経
起始 恥骨(腹直筋停止部の前方)
停止 白線
動作 白線の緊張を保つ
栄養血管 咬筋動脈

お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme