膝蓋骨脱臼のリハビリ治療

膝蓋骨脱臼のリハビリ治療に関する目次は以下になります。

膝蓋骨脱臼の概要

1.正常な位置(大腿骨下方)
2.膝蓋骨脱臼

膝蓋骨に付着する筋肉は大腿四頭筋(大腿直筋・中間広筋・内側広筋・外側広筋)ですが、その中で最も膝蓋骨脱臼に重要なのが外側広筋です。

膝蓋骨を外側に引きつける外側広筋は硬くなりやすい筋肉であり、反対に膝蓋骨を内側に引きつける内側広筋は弱化しやすい傾向にあります。

そのため、膝蓋骨の多くは外側に偏位しやすく、膝蓋骨脱臼のほとんどは外側脱臼をきたします。

好発年齢は10代の女性で、バスケットやバレーボールなどのジャンプの着地動作で膝蓋骨に付着する外側広筋が強く収縮することで起こります。

原因と病態

膝蓋骨が外側に偏位しやすいことは前述しましたが、重度になると内側膝蓋大腿靭帯が断裂し、膝蓋骨が外側脱臼してしまうことになります。

そのため、膝蓋骨脱臼の発生時には断裂に伴う炎症所見(疼痛・熱感・腫脹・発赤・機能障害)が認められます。

膝蓋骨を固定する靭帯が断裂していますので、脱臼後の20〜50%は脱臼を繰り返す反復性脱臼になり、膝の不安定感を残すことになります。

膝蓋骨脱臼の先天的要因

生まれつき身体が柔らかい女性や、膝蓋骨および大腿骨の形状異常、Q角の増大などが認められる場合は、膝蓋骨脱臼のリスクが大幅に上がります。

Q角とは膝蓋靭帯と大腿四頭筋のなす角度ですが、実際には計測が困難なため、レントゲン写真にて膝蓋骨中央と脛骨粗面上部を結んだ線、膝蓋骨中央と上前腸骨棘を結んだ線のなす角度を計測します。

Q角の正常値は、男性で11.8度、女性で15.8度になります。

Q角と膝蓋骨の外側偏位

Q角が大きい場合(X脚)は、大腿四頭筋と膝蓋靭帯の方向が異なるため、外側への力が発生することになります。

そうなると、膝の外側偏位を制限するために内側膝蓋大腿靭帯に過剰なストレスがかかってしまい、損傷してしまう可能性が高くなります。

手術の適応について

再脱臼を繰り返し、スポーツや日常生活に強い不安定感を感じる場合は、手術による治療を検討します。

一般的な方法として、自家膝屈筋腱などを用いて内側膝蓋大腿靭帯を再建することにより、外側に偏移した膝蓋骨を元の位置に戻していきます。

リハビリテーションの考え方

筋肉のアンバランスと膝蓋骨脱臼

膝蓋骨の再脱臼を予防するためには、内側広筋を鍛えること、外側広筋の拘縮を取り除くことが必要不可欠です。

内側広筋は膝蓋骨を内側に引き付ける効果があり、ジャンプの着地動作などで内側膝蓋大腿靱帯にかかる負担を分散することが可能となります。

また、外側広筋との筋力のアンバランスも外側への偏位を高めることにつながるので、内側広筋の強化は必須といえます。

四頭筋セッティング,パテラセッティング,大腿四頭筋

内側広筋は膝関節伸展の最終域付近(伸展-15度から0度の間)で最も活躍するため、その付近での筋力トレーニングを実施することが推奨されます。

簡単な方法として、仰向けで伸ばした脚の膝下に巻いたタオルを入れて、その姿勢からタオルを押し潰すように力を入れていきます。

大腿外側筋,ストレッチ,方法

外側広筋に拘縮が起きている場合は、膝蓋骨の外側偏位を高めてしまう危険性があります。

なので、しっかりとリラクゼーションやストレッチを実施することで、緊張を和らげておくことが大切です。

スポーツ復帰の時期

スポーツ復帰は損傷の程度にもよりますが、保存療法で2ヶ月以上、手術で3〜6ヶ月ほどかかるとされています。

目安としては、炎症症状や可動域制限が消失し、筋力が健側の80%以上となった時期とされています。

この基準はあくまで参考程度にとどめ、実際は主治医と相談しながら決定することになります。


vc

他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

ピックアップ記事

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme