vc

膝裏の痛みの原因と治療法について解説

膝関節の後方は空間状の構造であり、組織がストレスを受ける機会が少ないため、前方や側方と比較して痛みの発生頻度は低いのが特徴です。

ただし、膝裏の奥には脛骨神経や内側腓腹皮神経、膝窩動静脈が通過しているため、それらを刺激することで痛みが起こることもあります。

以下に代表的な膝裏の痛みの原因と治療法について解説していきます。

膝裏に痛みが出る原因と出現場所

①膝窩嚢胞(ベーカー嚢胞)

膝の裏に関節液が貯留し、ゴルフボール大の弾力性のある膨らみを帯びた状態を膝窩嚢胞と呼びます。

原因としては、滑液包炎にて膝に大量の関節液が溜まり、変形性膝関節症の影響で関節液が後方に押し出されることで起こります。

膝の裏が膨隆することで深く曲げた時に引っかかり、関節可動域制限や違和感をきたすことになりますが、あまり痛みは出ないことが特徴です。

重度の場合は後方に位置する神経や血管を圧迫することがありますので、その際は穿刺吸引や手術療法で治療を行います。

②膝窩筋炎

膝窩筋は名前の通りに膝窩(膝の裏)に存在する筋肉で、表層を腓腹筋に覆われた小さな筋肉になります。

膝窩筋そのものが痛みの原因となることは少なく、ほとんどの場合は膝窩筋の機能不全に伴う外側半月版の挟み込みで痛みが起こります。

膝関節屈曲時に膝窩外側の痛みを訴えるケースでは、膝窩筋の収縮不全に伴う外側半月板損傷を疑います。

膝窩筋の触診方法

③ハムストリングス炎

ハムストリングスとは大腿後面に位置する膝関節の屈曲筋であり、①大腿二頭筋、②半腱様筋、③半膜様筋の三つから構成されています。

膝裏の外側上方が痛む場合は大腿二頭筋腱炎の可能性が、内側上方が痛む場合は半腱様筋や半膜様筋の腱炎の可能性が疑われます。

ハムストリングスは表層に位置する筋肉ですので、炎症が疑われる場合は指で直接に筋肉を圧迫することで損傷を確認できます。

筋炎の治療は安静が大前提であり、痛みが落ち着くまでは負担をかけずに、軽いマッサージやストレッチを実施するにとどめます。

ハムストリングスは短縮痛(筋長が短くなることで痛む)が起こりやすいため、他動的な膝屈曲時に攣縮が起こらないかを確認します。

④腓腹筋腱炎

腓腹筋は膝裏(大腿骨後面)の内側と外側に起始を持つ二頭筋であり、深層のヒラメ筋と合わせて下腿三頭筋を構成しています。

腓腹筋のトリガーポイントは筋腹に出現するため、膝窩部のやや下方に圧痛が出現する場合が多いです。

ハムストリングスと同様に表層に位置する筋肉ですので、炎症が疑われる場合は指で直接に筋肉を圧迫することで損傷を確認できます。

筋炎の場合は安静やストレッチなどが、トリガーポイントが原因なら持続圧迫によるリリースが有効となります。

⑤膝の後方関節包の短縮

関節を包んでいる膜組織を「関節包」といい、その中には少量の関節液が存在しており、関節の動きをスムーズに行えるように作用しています。

関節包は二層構造になっており、外側は神経に富んだ線維膜が、内側は関節液を分泌する滑膜が位置します。

膝関節では磨り減った軟骨が関節内を浮遊し、内膜の滑膜を刺激することで大量の関節液を分泌してしまいます。

それがいわゆる関節に水が溜まった状態であり、炎症後は治癒していく過程の中で徐々に関節包などの周囲組織が瘢痕拘縮していきます。

そうすると寝ているときに膝裏が床に付かずに浮いてしまったり、歩行時に膝関節をロックできずに疲れやすい歩き方となります。

治療では、膝関節伸展方向へのストレッチを実施し、完全伸展位をとれるようにアプローチしていきます。

⑥膝後方に位置する靭帯の損傷

膝関節の後方には、①後十字靭帯、②斜膝窩靭帯、③弓状膝窩靭帯、④後腓骨頭靭帯が存在しています。

後十字靭帯は関節内靭帯であり、関節包の内側に存在しています。前十字靭帯よりも2倍太く、損傷することは少ないことが特徴です。

その他の靭帯は関節包の外側に位置しており、膝関節の後方には炎症が起こりにくいために瘢痕拘縮することは少ないと考えられます。

靭帯の損傷を確認するためには、靭帯が伸びる方向にストレスを加えて侵害受容器を刺激する必要があります。

⑦筋膜性疼痛

膝窩部に痛みを起こす圧痛点

筋膜性疼痛の場合は受傷機転がなく、炎症症状などを伴わずに長期にわたって痛みを有している場合が多いです。

膝裏(膝窩部)に痛みを起こす圧痛点は主に4箇所あります。

左図は後方運動を担う筋膜の流れに存在する点で、筋膜の高密度化が存在すると激しい圧痛を訴えることになります。

右図は後方運動と外方運動の間の動きを担う筋膜の流れに存在する点で、こちらも筋膜の高密度化が存在すると強い圧痛を訴えます。

治療方法としては、圧痛点に硬さと筋膜の滑りにくさが確認できるため、徒手圧迫を加えながら前後左右と斜めに動かしていきます。

マニピュレーションを実施して3〜4分ほど経つと筋膜の硬さがとれて滑りがよくなり、圧痛が半減することを確認できます。

そこで徒手圧迫を解除し、2日ほど筋肉痛(炎症)が起きることを伝えて治療は終了とします。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme