vc

薄筋

この記事では、薄筋(gracilis)に関する充実したデータを閲覧できます。

薄筋の概要

薄筋の起始停止

薄筋は大腿の最も内側に位置する長い帯状の筋肉で、股関節の内転や屈曲、膝関節の屈曲に作用します。

また、下腿の内旋や骨盤の前傾(下肢が固定された状態)にも作用します。

股関節の内転筋群には、①大内転筋、②長内転筋、③短内転筋、④恥骨筋、⑤薄筋の五つがありますが、薄筋はその中で唯一の二関節筋になります。

薄筋は各運動への貢献度が小さく、日常生活ではあまり重要とならない筋肉であるため、顔面神経麻痺や前十字靭帯断裂の再建術時に薄筋を切離し、使用される場合が多いです。

基本データ

支配神経 閉鎖神経の前枝
髄節 L2-4
起始 恥骨結合の下前面および恥骨弓上部(坐骨恥骨枝)
停止 脛骨の内側面(鵞足を形成)
栄養血管 内側大腿回旋動脈
動作 股関節の屈曲・内転、膝関節の屈曲、下腿の内旋
筋体積 88
筋線維長 23.4
速筋:遅筋(%) 50.050.0

運動貢献度(順位)

貢献度

股関節内転

膝関節屈曲

1 大内転筋 半膜様筋
2 大殿筋(下部) 半腱様筋
3 長内転筋 大腿二頭筋
4 短内転筋 腓腹筋
5 薄筋 薄筋

薄筋の触診方法

薄筋

股関節内転運動を実施させることで、唯一の二関節筋である薄筋を脛骨の内側面(停止部)で触診しています。

また別法として、患者に腹臥位とってもらい、膝関節屈曲運動を行わせたときに観察できる半腱様筋腱の内側で収縮を触知することも可能です。

大腿の断面図

大腿中央の断面図|薄筋

大腿中央を断面でみた場合、薄筋は大内転筋や長内転筋の外側を走行していることがわかります。

筋面積が他の筋よりも狭いため、その力は非常に乏しく、縫工筋のように生活に必要な個別な動きを担うわけでもないため、重要度は低いとされています。

ストレッチ方法

薄筋のストレッチング

薄筋を選択的に伸張するためには股関節は最大外転・軽度屈曲位、下腿は外旋位に保持し、重心を非ストレッチ側に移動させていきます。

筋力トレーニング

薄筋の筋力トレーニング

足首にチューブを巻いて下肢を内転させます。薄筋を選択的に強化するために、下腿をやや内旋方向に誘導しながら股関節を内転させます。

歩行時の筋活動

薄筋の歩行時の筋活動

薄筋は前遊脚期(PSw)から荷重応答期(LR)のはじめまでと非常に長く活動している筋肉になります。

遊脚期の前半は腸骨筋にて下肢の振り出しを補助し、後半は振り出された下肢の減速に作用します。

これは薄筋が股関節伸展時には股関節屈曲に、股関節屈曲時には股関節伸展に作用することが一因しています。

圧痛点と関連痛領域

薄筋の圧痛点と関連痛領域3

薄筋は股関節内転に働くため、内方運動配列の筋膜に属します。

圧痛点(トリガーポイント)は停止部付近と筋腹に出現し、関連痛は股関節内方と膝関節内方に出現します。

薄筋の圧痛点と関連痛領域

薄筋は下腿内旋に働くため、内旋運動配列の筋膜に属します。

圧痛点(トリガーポイント)は停止部付近に出現し、関連痛は膝関節前内方に起こります。

鵞足を構成する筋肉

縫工筋と鵞足

薄筋は恥骨結合前面に起始し、縫工筋や半腱様筋と共に脛骨粗面内側に付着しており、鵞鳥の足のように見えることから鵞足と呼ばれています。

薄筋腱は停止部付近で縫工筋腱に一部の線維を侵入させ、二つの腱は重なるようにして脛骨内側面に付着しています。

鵞足を形成する三つの筋肉はそれぞれ支配神経が異なるといった特徴があります。(縫工筋:大腿神経、薄筋:閉鎖神経、半腱様筋:坐骨神経)

薄筋は鵞足の中で最も内側に位置しており、メカニカルストレスを受けやすい部分といえます。

鵞足に一度炎症が起きると、完治までに長期間を有する場合が多いです。

鵞足炎の原因が薄筋であるかを鑑別するためには、薄筋に圧痛がないか、股関節外転位での膝関節強制伸展で痛みが誘発されるかの二つを確認します。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme