スポンサードリンク

最もコスパがいい自己投資の方法は読書


私はこれまで数多くのセミナーなどに参加してきましたが、正直いって成果はほとんど出ませんでした。

誰かから教わるんじゃなく、結局は自分で勉強しないと身につかないんですよね。そして辿り着いた最もコスパのいい自己投資の方法が読書でした。

成長するためには自分に投資しよう

投資なんて書くとちょっと難しく聞こえるかもしれませんが、なんてことはありません。自分の能力を高めることに関しては、どんどんお金を遣ったほうがいいということです。

それはセミナーへの参加であったり、用具を揃えたりなど、いろいろとあると思います。本気で成長したいのなら、お金なんてケチらないで遣っていくべきです。

その方が、成長したあとに得られるリターンも大きくなります。これが一般的なセミナー講師のうたい文句です。こうやって将来の成功のために、受講者にお金を湯水のように遣わせていきます。

スポンサードリンク

費用対効果を考える

しかしながら、意味不明なセミナーに2万も3万も払うようなことはお勧めしません。費用対効果を考えた場合に、それだけの価値があるとは到底思えないからです。

実際に、私にはそれだけの価値が感じられませんでした。金銭的に余裕がある人ばかりではないと思いますので、ここでは少ない費用で最大のリターンを得る方法を紹介したいと思います。

それがタイトルでも書いている読書です。これ以上のローコスト・ハイリターンは他にありません。読書こそ究極のコストパフォーマンスです。異論は認めません。

読書といっても種類による

ただし、小説をいくら読んでもリターンなんて皆無です。なぜなら、それはただの娯楽だからです。

小説家になりたくて小説を読むのなら構いませんが、ほとんどコストパフォーマンスはありません。最もコストパフォーマンスが高いのは、やはり専門書です。

例えば、起業したいと考えているのなら、「会社の作り方」という本を買えばいいのです。たったそれだけで業者に頼む手間は省かれ、5万円くらいのリターンがあります。

他にも、営業に関する本を購入して、それに載っている方法が効果を発揮すれば、何十倍、何百倍といったリターンが返ってくるはずです。これだけのコストパフォーマンスを実現できるものって他にありませんよ。

時間の使い方について考える

このようなことを意識しながら、上手く自分に投資していくことができれば、確実に効果を発揮することができます。これはもう究極の成功法則とさえいます。

将来成功する人物というのは、時間の使い方が他の人とは全く違います。成功しない人たちと一緒の行動をしていても成功しないように、成功する人の時間軸は別にあります。

成功するためには、とにかく膨大な「時間」と「労力」が必要になります。そして、その時間を作るためにはお金が必要です。

通勤時間なんて時間の無駄でしかない

たとえば、会社のちかくの物件は家賃が高いからという理由で郊外に住み、毎日電車で往復で二時間以上かけて会社に通勤していたとします。

そうすると、あなたの成長は毎日二時間ずつ遅れていき、10年も経ったら膨大な差となってしまいます。

少し家賃は高いかもしれませんが、時間を作るために会社の近くに住み、毎日の通勤時間を節約して本を一冊読む。たったこれだけで、あなたの成長は何倍にも加速します。

時は金なり

目標もなにもない人間にとっては、その浮いた時間も無駄に過ごすだけでしょうが、成功を目指している人間が同じではいけません。

少しでも空いた時間は、自分の目標を達成するために使い、できる限りの無駄を省く必要があります。合コンする金と暇があるなら、本を買って読んだ方がいいってことです。

それぐらいストイックにやって、はじめて少しだけ変化が感じられるようになります。成功するためにはとにかく努力が必要です。それが理解できている人間は、きっと毎日のように読書をしていると思いますよ。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme