スポンサードリンク

足部前方の痛みの原因とリハビリ治療


足関節前方の痛みの原因とリハビリテーションによる治療方法について解説していきます。

①足関節炎(変形性足関節症)

足関節前方の痛み|変形性足関節症

足関節は荷重関節でありながら、股関節や膝関節と比較して変形性関節症の発生頻度が非常に少ないのが特徴です。

その理由として、安定した骨性の構造に加え、靭帯による補強効果も高く、距腿関節の負荷を距骨下関節が代償することが挙げられます。

そのため、足関節に不安定性が存在するケースでは荷重の分散がうまくいかずに関節軟骨が擦り減り、滑膜を刺激して関節炎を起こします。

足関節前方内側に痛みが発生しやすく、歩行やしゃがみ込むような動作で増悪しやすい傾向にあります。

足関節は関節リウマチによって炎症を起こすことがしばしばあるため、足部の炎症を認める場合は疑ってみることも必要です。

治療方法としては、炎症が治まるまでは患部の安静が必要なため、杖などの補助具による免荷や、サポーターによる固定を行います。

基本的には関節面に神経は存在しないため、関節自体の痛みは炎症が沈静化することで消失します。

しかし、変形が進行することで軟部組織のインピンジメントなどが起こりやすくなるため、痛みが残存する場合もあります。

保存療法で緩解しない症例には、足関節固定術や人工足関節置換術といった手術療法が適応されます。

②前距腓靱帯損傷

足関節前方の痛み|前距腓靭帯損傷

足関節はスポーツで最も障害しやすい部位のひとつで、足関節捻挫はスポーツ障害全体の15〜25%を占めます。

内反捻挫では足関節外側靭帯を損傷しますが、外側靭帯は、①前距腓靱帯、②後距腓靭帯、③踵腓靱帯の3つから構成されます。

その中でも前距腓靱帯は最も損傷されやすく、外傷後は伸張ストレスが加わることで痛みが誘発されます。

内反捻挫の半数は慢性足関節不安定症に移行しますが、これには前距腓靱帯の固有感覚障害や骨間距踵靭帯の損傷などが指摘されています。

治療方法としては、捻挫を発生した初期の対応が重要であり、再発を繰り返さないように安静と固定が必要です。

足関節背屈の可動域制限が発生に深く関与しているため、柔軟性を確保しておくことが予防には重要となります。

③足関節インピンジメント症候群

足関節前方の痛み|軟部組織のインピンジメント

前脛腓靭帯と同じく足関節インピンジメントを起こしやすい組織のひとつが、足関節前方に存在する三角形の脂肪組織です。

正常でも15度背屈位で距腿関節に挟み込まれますが、過剰な負担が繰り返されることで損傷し、痛みが起こることで問題となります。

伸筋腱の深層に位置しているため、触診をする際は足関節を他動的に背屈位に保持し、指を滑り込ませるようにして圧痛を確認します。

足関節インピンジメント症候群は過度の背屈運動をするスポーツ選手に多い障害で、フットボーラーズ・アンクルとも呼ばれます。

治療方法としては、脂肪体の柔軟性を取り戻すことが重要なので、ダイレクトマッサージにて軟部組織をやわらげていくことが有用です。

施術前に超音波療法を実施しておくことにより、マッサージの効果をより高めることができます。

④Bassett’s 靭帯の肥厚

足関節前方の痛み|Bassett's靭帯損傷

前脛腓靭帯の遠位線維束を「Bassett’s lesion」といい、この部分が足関節背屈時に挟み込まれることで痛みます。

足関節前方のインピンジメント症候群のひとつであり、圧縮ストレスが加わることで足部前方に痛みを訴えます。

捻挫などが原因で前脛腓靭帯が損傷し、その治癒過程で靭帯の瘢痕化や肥厚が生じることで起こります。

治療方法としては、捻挫を発生した初期の対応が重要であり、炎症が長引いて靭帯が肥厚しないように安静と固定が必要です。

炎症が沈静化している場合は、靭帯のストレッチングを実施していきます。

⑤腓骨皮下滑液包炎

足関節前方の痛み|腓骨皮下滑液包炎

外果前方の皮下には腓骨皮下滑液包があり、皮膚と骨の摩擦を和らげる役割を持っています。

この滑液包が機械的刺激や感染によって炎症を起こした状態が腓骨皮下滑液包炎であり、足関節前方の痛みとして稀に起こります。

治療方法として、感染の場合は石灰して排膿し、それでも治癒しない場合は手術で滑液包を切除します。

感染でない場合は安静にして液の穿刺や圧迫包帯を行い、正座などで滑液包を圧迫しないように注意します。

⑥前脛骨筋腱炎

前脛骨筋|前面

足関節背屈運動への徒手抵抗に対して痛みが生じる場合は、前脛骨筋腱に炎症が起きている可能性があります。

前脛骨筋は背屈運動の主力筋であり、歩行時につま先を上げる作用もあるため、ウォーキングの習慣がある高齢者でも発生しやすいです。

疲労が蓄積されている場合は、下腿中央に存在する前脛骨筋の筋腹にて圧痛を確認できます。

治療方法として、基本的に過用症候群による炎症が考えられるので、しばらくは運動を中止して炎症が落ち着くのを待ちます。

その後は原因筋のストレッチを行い、柔軟性を高めてくことも有効です。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme