スポンサードリンク

部下の仕事は権限を増やしていくこと~指示待ち禁止~


ダメな中間管理職について

以前に勤めていた会社に、全く役に立たない課長がいました。嫌いな上司の性格で、「部下の話が聞けない」という理由が挙げられることは多いですが、その課長は部下の話をとても聞くことができる人でした。

しかし、話を聞くだけで具体的な行動をとることはなく、なにかを始めるにはいつも部長に話を持って行かなければなりませんでした。

そんな状態が続いていたので、部下の間では、「あいつ(課長)に相談しても何の意味もない。直接、部長に話を持って行った方が早い」と言われるようになっていました。

スポンサードリンク

そういう人に限って激怒する

こんな部下(課長)を持った部長は最悪です。課長がまとめて報告すべき事を、平社員から直接報告されるのです。

課長の権限で判断していい細かい事まで相談されるのだから、部長の業務はさらに多忙を極めます。なんのために課長を置いているのか意味がわからないですしね。

また、そのようなダメ上司に限って部下が自分を通さずに上に報告すると、「なぜ私に報告しなかったのか」と激怒するものです。

自分が無能であるために、部下が報告しなくなったことを理解することすらできません。

すべての行動には理由がある

出世するにつれて忘れてしまいがちなことですが、部下が勝手な行動をとる場合、そこには必ず理由があります。

例えば、「これぐらいなら報告しなくてもいいだろう」「こうした方がいいに決まっているから問題ない」「上司は忙しそうなので自己判断しよう」などの理由が考えられます。

前述したように、上司に言っても無駄だと諦めてしまっている場合もあるでしょう。そういった背景を理解せずに、勝手な行動をとった事だけを叱責していては、部下たちのやる気はさらになくなってしまいます。

指示待ち人間より勝手な部下を評価する

私も上司に報告せず、勝手に自己判断をするタイプだったので、上司はかなり苦労したかと思います。

自己判断をする理由はいつも、「こちらの方がいいに決まっているから」「こんなことまで報告してたら作業効率が落ちるから」でした。

上司からは何度も「勝手なことはするな」と説教を受けましたが、それでも懲りずにやっていたので神経が図太かったのかもしれません。

信頼されたら事後報告でもよくなる

こんなことばかりしていた私だから言えることですが、上司に信頼されていないうちは事後報告をすると怒られ、信頼されるようになってからは事後報告をしても怒られなくなります。

信頼されるようになったら、「その程度はお前の判断に任せるよ」という権限が与えられるのです。その権限を増やしていくことが、部下の役割ではないだろうかと今では感じています。

「指示待ち人間」という言葉があるように、何をするにしても指示を待っている人間は上司から評価されません。ときには自己判断で進めていくことも必要です。

それが自分を成長させる力にきっとなりますよ。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme