スポンサードリンク

部分痩せダイエットを成功させるために知っておきたいこと


筋肉のプロである理学療法士の立場から、部分痩せの方法について解説していきます。

部分痩せは可能なのか

結論から先に書くと、部分的に細くすることは可能です。

しかし、それは脂肪を部分的に取り除いているのではなく、たるんでいる筋肉を鍛えて収縮させることによる引き付け効果に過ぎません。

そのため、筋肉がゆるみやすい部分に関してはすぐに効果が現れますが、ゆるんでいない部分に関してはあまり効果は出ません。

部分的に脂肪を落とすことはできない

脂肪吸引でも実施しない限りは、部分的に脂肪を落とすことはできません。なぜなら、ダイエットなどで脂肪が燃焼するとき、全身の脂肪から代謝されるからです。

もしも部分的に痩せたいのならば、まずは全身の脂肪を落としてから、その後に筋肉を鍛えていきながら体型を整えていく他にありません。

脂肪を燃焼させる方法

脂肪は身体に蓄えられた予備エネルギーです。脂肪を燃焼させるためには、身体のエネルギーを使い切ってしまい、予備を発動させる必要があります。

予備を発動させる方法として、食事制限にて摂取カロリーを抑えて軽い飢餓状態を作り出す、いわゆる断食ダイエットがあります。

遭難した際に脂肪が多い人のほうが長生きできるのは、貯蔵されているエネルギー量が多いことに起因しています。

予備を発動するもうひとつの方法は運動です。運動でエネルギーを消費し続けると供給が間に合わないため、脂肪を燃やしてエネルギーに変換します。

有酸素運動と無酸素運動を交互に繰り返すとエネルギー消費が激しくなるため、うまく併用しながら実施していくと効果的です。

痩せ型と肥満型の違い

太くさせない筋肉の鍛え方

筋肉には赤筋と白筋が存在しており、それぞれが混じり合いながら筋肉は構成されています。筋線維の大きさは赤筋が小さく、白筋が大きくなります。

ボディービルダーの筋肉が隆々に肥大化しているのは、白筋線維を集中的に鍛えているからです。

反対にマラソン選手の足が細いにも関わらず、長い距離を延々と走り続けられるのは、赤筋線維を集中的に鍛えているからです。

それぞれの筋線維で鍛え方は異なっており、白筋線維は短時間に高強度で力を発揮することにより強化できます。

赤筋線維は長時間に低強度で力を発揮し続けることによって強化できます。

部分痩せの大原則は赤筋を鍛えること

白筋線維は筋肉が肥大化してしまうため、部分痩せには適していません。

部分痩せしたい部位の周囲を肥大化させることで、人工的に細い部分を作り出すことは可能ですが、かなり専門的な知識が必要になるので素人には難しいです。

ダイエットの原則は脂肪の除去と赤筋の強化であるため、「3分で出来る!」などといった運動はほとんど効果がないことは明白です。

なぜなら、短い時間で鍛えられる筋肉は白筋であり、筋を肥大化させるうえに脂肪の燃焼効果も乏しいからです。

ダイエットは食事制限と運動が大切

運動による消費カロリーはそれほど高くはありませんので、食事制限と併用しながら実施することが大切です。

摂取カロリーよりも消費カロリーが高くなれば、その差分を補うために脂肪を分解するため、自然と体重は減少していきます。

ただし、食事制限のみでは筋肉ばかり分解されてしまうので、結果的に筋肉が少なくて脂肪が多い、いわゆる痩せにくい身体になってしまいます。

そうならないためにも、食事制限だけで痩せるというのは絶対にやめておいたほうがいいといえます。

魅力的なお尻を作り出す方法

最近、テレビなどで話題になっているヒップアップですが、張りのある魅力的なお尻を作り出すためには、お尻の筋肉である大殿筋を鍛える必要があります。

前述したように、筋肉を太くするためには白筋線維を鍛える必要があり、そのためには高強度で短時間に筋肉を鍛える必要があります。

お勧めの方法として、片脚スクワットがあります。大殿筋は腰を深く落としたときに強く働くため、最大まで腰を落とすようにして実施します。

どうにか数回ほど反復できる程度の負荷とし、実施後にお尻あたりに張りが感じられることが負荷を与えられているかの目安となります。

主に 大殿筋を鍛えるスクワット

おわりに

理想的な体型を作るためには、まずは全身の脂肪を落としつつ、痩せたい部分の赤筋線維を鍛え、膨らませたい部分の白筋線維を鍛えることです。

そのためには、現在の運動がどの部分の筋肉を鍛えているかを、本人がなんとなくでも理解しておくことが大切です。

その積み重ねこそが、ボディービルダーが思い通りの肉体を作り出しているのと同様に、理想的な体型を作ることにつながっていくはずです。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme