スポンサードリンク

鎖骨下筋


鎖骨下筋に関するデータをここでは閲覧できます。目次は以下になります。

鎖骨下筋とは

鎖骨下筋(subclavius)は、名前の通りに鎖骨の下方を通過している筋肉になります。

第1肋骨の胸骨端(肋軟骨の手前)から起始して、肋骨下面外側にある肋骨下筋溝という部位を沿うようにして付着しています。

そのため、鎖骨が上外方に引っ張られるのを防ぎ、胸鎖関節を安定させる働きを持っています。

1.前方から見た鎖骨下筋
鎖骨下筋|正面
2.側方から見た鎖骨下筋
鎖骨下筋|側面
支配神経 鎖骨下神経
髄節 C5,6
起始 第1肋骨の胸骨端
停止 鎖骨下面の外側
動作 胸鎖関節の安定、鎖骨の前下方に引く
栄養血管 胸肩峰動脈(鎖骨枝)
筋体積 9㎤
筋線維長 2.0㎝

鎖骨下筋の役割

鎖骨下筋の下方には、腕神経叢や鎖骨下動静脈といった重要な神経や血管が通過しているため、鎖骨が折れた際に損傷を防ぐ役割があります。

折れたときをイメージしていただくとわかりやすいですが、下方の両端がゴムで引っ張られているので、折れたらチューブが引きよせられて骨折部は上向きになります。

鎖骨下筋下方の神経と血管

鎖骨下筋の触診について

鎖骨下筋は大胸筋鎖骨部に表層を覆われており、筋体積も小さいので触知することは非常に難しいです。

さらに鎖骨下筋は鎖骨のやや後方を走行し、指示通りに筋収縮を起こせないために触知からの鑑別もわかりづらい筋になります。

下方には腕神経叢や鎖骨下動脈・静脈が通過しているため、鎖骨下動脈を拍動を触知してから、その上方で筋の走行をイメージしながら触れてみてください。

鎖骨下筋と大胸筋

お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme