非特異的腰痛症について正しく理解する

vc

非特異的腰痛症(いわゆる腰痛症)について、わかりやすく解説していきます。

腰痛の原因を探る診断チャート

医師が腰の痛みを検査する場合は、まず最初に単純X線撮影を行い、骨折などの所見が見当たらないか、脊椎に変性がないかを確認します。

次に神経症状の有無を確認し、もしも感覚障害や筋力低下、反射異常など、神経障害が認められるようならMRI撮影を行います。

単純X線では神経や軟部組織が映りませんので、MRI撮影にて神経の圧迫(椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症)があるかを確認します。

神経症状がない場合でも、急性腰痛で圧迫骨折が疑われるケースではMRIを撮影し、椎体に異常信号がないかをチェックしていきます。

ここまでの画像検査で問題が認められず、腰痛を起こしている原因組織が特定できない場合に非特異的腰痛症となります。

整形外科疾患以外の腰痛症

前述した診断チャートは、あくまで一般的な整形外科疾患に伴う腰痛であることを仮定した場合の鑑別方法です。

しかし実際には、がんの脊椎転移や内臓障害(腎臓や膵臓)でも腰痛は起こるため、それらの疾患は確実に鑑別する必要があります。

そのために提唱されている方法がレッドフラッグサインであり、以下の7つの項目のどれかに該当するようなら精密検査を行います。

  1. 20歳以下または55歳以上
  2. 時間や活動性に関係のない腰痛
  3. 広範囲に及ぶ神経症状
  4. 原因不明の体重減少
  5. 癌、ステロイド治療、HIV感染の既往
  6. 1ヵ月以上改善のない腰痛
  7. 発熱

上記に該当する場合は、重篤な疾患が隠れている可能性が考えられるため、血液検査が必要となります。

非特異的腰痛症の概要

医師の診察および画像検査(X線やMRIなど)で腰痛の原因が特定できるものを特異的腰痛症、特定できないものを非特異的腰痛症といいます。

腰痛の約85%は非特異的腰痛症に分類されることから、ほとんどの腰痛症は原因組織が特定されていない状況にあります。

非特異的腰痛症の80%以上は3ヶ月以内に自然寛解することが知られており、臨床的には「命に危険のない疼痛」と考えられています。

しかし、一旦痛みが落ち着いたとしても、1年以内の腰痛の再発率は約80%と非常に高いことが報告されています。

割合

腰痛の85%が原因不明な理由

腰痛の85%は原因不明といわれていますが、何故これほどまでに原因がわからないのでしょうか。

その理由のひとつに精密な検査が実施されない背景があります。

医師が腰痛患者に実施する検査は概ね決まっており、①問診、②画像検査(単純X線やMRI)、③徒手的な神経検査の3つです。

しかし、この3つの検査だけで特定できる腰痛症は全体の15%程度であり、その他の原因を特定することはできません。

なぜ残りの85%の腰痛の原因を精査して特定しないのかと思ったかもしれませんが、ここにも理由が存在します。

前述した検査で発見できる15%というのは、重大な症状を引き起こす可能性がある腰痛症であるため、確実に鑑別する必要があります。

それに対して、残りの85%の腰痛は重篤な症状を引き起こすことはありませんし、患者の80%は3ヶ月以内に自然治癒します。

そのため、医者が忙しい時間をつかって、わざわざ原因組織を特定する必要がないというわけです。

それが結果的に腰痛の85%は原因がわからないといわれる所以になっており、腰痛症を軽くみられることにつながっています。

腰痛の85%が原因不明な理由

非特異的腰痛症は4つに分類できる

非特異的腰痛症は、①椎間板性腰痛、②椎間関節障害、③仙腸関節障害、④筋・筋膜性腰痛の4つに大きく分けることできます。

  1. 椎間板性腰痛
  2. 椎間関節障害
  3. 仙腸関節障害
  4. 筋・筋膜性腰痛

それらの症状と治療法については、ここだけで説明すると長くなるので、上記のリンク先から読んでいただけると幸いです。


他の記事も読んでみる

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme