頚部脊椎症(頚椎症)のリハビリ治療

vc

頚部脊椎症(cervial spondylosis)のリハビリ治療に関して、わかりやすく解説していきます。

頚椎症の概要

頚椎症の意味を簡単に説明すると、「症」とは病気の様子という意味があり、要するに頚椎が病的(異常)な状態ということになります。

具体的にどのような状態かというと、椎間板が潰れてしまったり、骨棘が形成されたり、周囲の靱帯が肥厚していたりします。

上記は頚椎症のMRI画像ですが、C5/6間とC6/7間の椎間板が圧潰しており、椎骨の前後が拡がるように骨棘が形成されています。

なぜこのような異常が生じるのかというと、よくあるパターンとしては、頭部前方変位(胸椎後彎の増強)が原因にあります。

そうすると頚椎の生理的前弯は減少し、いわゆるストレートネックとなり、下位頚椎は屈曲位となることで椎間板の負担が増加します。

その状態が持続すると徐々に椎間板は圧壊していき、椎間板が圧壊したレベルの椎間関節は負担が増加することになります。

また、椎間板が圧壊すると骨棘を形成して受け止める範囲を増やしたり、椎体が前方にすべるのを防ぐために黄色靭帯や後縦靭帯が肥厚します。

骨棘の形成や靱帯の肥厚というのは「身体を守るための代償的な反応」であり、それ自体は基本的に悪いものではありません。

ただし、そのようにして頚椎症が進行していくと脊柱管や椎間孔が狭窄することになり、頚椎症性脊髄症(脊髄障害)や頚椎症性神経根症(神経根障害)を招くことにつながります。

頚椎症は治らない

前述したように、頚椎症はあくまで頚椎が変性している状態を指しているだけであり、それが必ずしも痛みの原因とは限りません。

変性することで脊髄や神経根を圧迫したり、椎間関節の負担が増加して炎症を起こすなどしてから始めて問題となります。

1度潰れてしまった椎間板は元には戻りませんし、骨棘や靱帯の肥厚なども改善はしないので、保存療法で頚椎症を治すことは不可能です。

大切なのは痛みの原因を見つけることであり、そこを間違うことさえなければ、適切な治療法を提供することができます。

また、現状よりも頚椎症が進行しないように姿勢を整えたり、生活指導を行っていくことがリハビリ職としての重要な役割となります。

危険な頚部痛を鑑別する

一部の頚部痛には危険性の高い疾患が含まれるため、それらを鑑別するために以下のレッドフラッグサインといった鑑別方法が示されています。

レッドフラッグサイン 考えられる障害
外傷性 骨折、脱臼
頸部手術の既往 神経損傷、インプラントの不具合
体重減少、夜間痛、20歳以下 悪性腫瘍
発熱 化膿性脊椎炎
激痛 骨腫瘍、石灰沈着性頚長筋炎
脊髄刺激症状 頚髄症

上記の症状に該当する場合は、必ず医療機関で精密な検査を行うことが必要となります。

首の痛みの8割は治る

頚椎症は治らないと前述しましたが、神経症状を認めない頚部痛に関しては、3ヶ月以内に80%ちかい患者が自然治癒することが報告されています。

理由としては、首に痛みを起こす原因の多くは頚椎の椎間関節障害であり、炎症性の疼痛が生じていると考えられます。

痛みがあることでヒトは患部を安静に保ちますので、徐々に炎症は落ち着いていき、結果的に痛みが消失することにつながるわけです。

椎間関節は伸展運動で負担が増加するため、痛みがある動作を避けることが早期に痛みを改善するためには必要となります。

障害のある椎間関節を特定する

頚椎症による痛みの原因は主に椎間関節にありますが、頸椎は7つ存在しており、頸椎の上下は各々に椎間関節を形成しています。

さらに椎間関節は左右に存在しているため、どの高さの椎間関節レベルで、左右のどちらに障害があるかを特定する必要があります。

例えば、頚部を右側屈させると右側の椎間関節に負荷をかけることができるので、右側屈で痛みが出るなら右側の椎間関節障害を疑います。

どの高さの椎間関節に問題があるかを調べるには、後方からの棘突起を固定して、頚部を伸展してもらいます。

例えば、C5の棘突起を固定するとC5/6の動きを制限できますので、C5固定で痛みが消失し、C6固定で痛みがあるならC5/6の障害を疑います。

リハビリテーション

頸椎の椎間関節障害のリハビリで重要なのは、①関節炎の軽減、②椎間関節の拘縮除去、③胸椎過後弯(猫背)の改善の3つです。

関節炎は治癒するまでには2〜3ヶ月を要すので、それまでは疼痛を誘発する動作は避け、炎症を再燃させないことが必要になります。

炎症を起こした関節というのは、炎症が落ち着くのと同時に関節包が縮小していきますので、必要に応じて椎間関節のモビライゼーションを実施します。


他の記事も読んでみる

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme