スポンサードリンク

頭板状筋,頸板状筋


頭板状筋、頸板状筋に関する充実したデータをここでは閲覧できます。目次は以下になります。

①頭板状筋の概要

頭板状筋(splenius capitis)は頚部後面表層を走行している筋肉で、起始部は僧帽筋に、停止部は胸鎖乳突筋に覆われております。

白筋線維が豊富に存在しているため、日常生活での活動は少ない筋肉と考えられます。頭部伸展の運動範囲は0-25度までになります。

頭板状筋
支配神経 脊髄神経の後枝
髄節 C1-5
起始 第4頸椎から第3胸椎の棘突起、項靭帯
停止 側頭部の乳様突起、後頭骨の上項線の外側部
動作 頸部の伸展,回旋(同側),側屈(同側)
筋体積 27.1㎤
筋線維長 10.8㎝
速筋:遅筋(%) 75.0:25.0

頭板状筋の触診方法

起始部と停止部は覆われていますが、筋腹は表層に位置していますので、僧帽筋上部線維外側縁の外側にて、頭板状筋の筋腹を触診することができます。

停止部から触知する場合は、胸鎖乳突筋後縁からでも触診は可能です。頸の伸展に軽く抵抗をかけると、筋の収縮が触知できます。

頭板状筋
頭板状筋

頭板状筋の痛みとトリガーポイント

頭板状筋のトリガーポイント(TP)は停止部(乳様突起)ちかくに起こり、関連痛は頭頂部に起こるため、しばしば頭痛の原因となります。

頭板状筋,トリガーポイント,部位.痛み.関連痛

頭板状筋の筋膜経線は主に二つで、LL(ラテラル・ライン)とSPL(スパイラル・ライン)があります。

LLの主な機能は、姿勢の前後のバランスを取り、両側で左右の左右のバランスをとることにあります。そのため、その他のライン(SFL,SBL,SPL)の間で力の仲介を担います。

頭板状筋のTPで頭頂部に痛みが起こりますが、通常は頭部まで繋がる筋膜はSBLなので、頭板状筋はSBLへ大きく影響を与えていることがわかります。

アナトミートレイン|LL|ラテラル・ライン

もうひとつのラインであるSPLは、身体を二重ラセンで取り巻いており、主に回旋方向への力の伝達とバランスの維持に寄与します。

SPLの多くは基幹経線(SBL,SFL,LL)やDBALといった他のラインに加わるため、機能不全を起こすと障害が大きく波及します。

アナトミートレイン|SPL|スパイラル・ライン

②頚板状筋の概要

頚板状筋(splenius cervicis)は頚部後面のやや深層に位置する筋肉で、頭板状筋のすぐ前方を走行しています。

表層は僧帽筋上部線維、肩甲挙筋、胸鎖乳突筋に覆われています。日常のあらゆる場面で頭部を安定させて、正しい姿勢を保持するために働きます。

頭板状筋が非常に白筋線維が豊富なのに対して、頚板状筋はほとんど同じ割合となっています。そのため、日常での活動が多い筋と考えられます。

頚部伸展の運動範囲は0-30度以下までで、頭部との複合伸展にて0-45度までの可動域を持ちます。

頚板状筋
支配神経 脊髄神経の後枝
髄節 C1-5
起始 第3-6(又は4,5)胸椎の棘突起
停止 第1-2(又は3)頸椎の横突起の後結節
動作 頸部の伸展,回旋(同側),側屈(同側)
筋体積 10.1㎤
筋線維長 10.2㎝
速筋:遅筋(%) 50.0:50.0

頸板状筋の触診方法

頚板状筋は起始から筋腹のほとんどをいくつの筋肉で覆われており、その作用は頭板状筋と類似するので筋腹での触知は困難です。

触知しやすいのは、第1-2頸椎横突起の後結節(停止部)で、頸部の伸展運動を行わせることで肩甲挙筋の深層で収縮する頚板状筋を触知できます。

頚板状筋

頚板状筋の痛みとトリガーポイント

頸板状筋のトリガーポイントは筋腹あたりに起こり、関連痛は頸部から眼窩上縁後部にまで波及します。

頚板状筋,トリガーポイント,部位.痛み.関連痛

頸板状筋は前述したSPLに属しており、このらラインは乳様突起にまで繋がります。

乳様突起の前方には顔面神経が通過しているため、SPLの異常は顔面神経に影響を与えることが示唆されます。

アナトミートレイン|SPL|スパイラル・ライン

頚部の断面図

板状筋は固有背筋の中で最も浅層に位置する筋肉であり、頸椎横突起に向かって斜め外側に走行しています。

頚部中央の断面図

板状筋の運動貢献度(順位)

貢献度 頸部伸展 頸部側屈 頭部回旋
1位 板状筋群 胸鎖乳突筋 胸鎖乳突筋(反対側回旋)
2位 半棘筋群 斜角筋群 板状筋群(同側回旋)
3位 脊柱起立筋 脊柱起立筋 脊柱起立筋
4位 後頭下筋群 板状筋群 回旋筋

ストレッチ方法

手で頭部を斜め下方に引き寄せ、頸椎を回旋させた後、さらに屈曲・側屈角度を増すように誘導していきます。
頚板状筋,ストレッチ,方法

筋力トレーニング

①うつ伏せになり、足を固定した状態で頸部を伸展させていきます。
筋トレ|プローン・ネック・エクステンション|頭板状筋,頸板状筋
②頭にタオルを巻いて両端を手で握り、頸部を屈曲方向に引っ張ります。頸部はそれに逆らって伸展方向に力を入れていきます。
筋トレ|タオル・ネック・エクステンション|頭板状筋,頸板状筋
③椅子にタオルを敷いて後頭部を乗せた状態からブリッジングを実施します。負荷が高いので痛みに注意してください。
筋トレ|ネック・エクステンション・ブリッジ|頸部伸筋群

板状筋のマッサージ方法

頸部後方は前方ほど重要な組織が通過しているため、危険性は高くないともいえますが、それでも無闇に揉むと状態が悪化する場合もあります。

なので、まずは筋の走行を確認し、そこから軽い圧迫を加えていきながら圧痛点の有無を調べていきます。

圧痛部位を見つけたら、圧迫にてどこに痛みが波及するかを見ていき、筋自体に問題があるようなら持続圧迫を加えてリリースしていきます。

板状筋に触れずに緊張を取り除きたい場合は、リラックスした状態で頸部伸展への軽い筋収縮を繰り返すように指導します。

お勧めの一冊

筋肉の走行を見ながら触診やマッサージ方法を学ぶことができるベストセラー書です。付属のDVDで実際の流れを見て覚えることができるのでお勧めです。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme