鵞足炎のリハビリ治療

鵞足炎の病態とリハビリテーションについて解説していきます。

鵞足の概要

%e9%b5%9e%e8%b6%b3%e3%81%ae%e6%a7%8b%e9%80%a0%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6
%e9%b5%9e%e8%b6%b3%e3%82%92%e9%99%a4%e5%8e%bb%e3%81%97%e3%81%9f%e7%8a%b6%e6%85%8b%e3%81%ae%e8%86%9d%e9%96%a2%e7%af%80%e5%86%85%e5%81%b4%e9%83%a8

鵞足は脛骨近位内側で、①縫工筋、②薄筋、③半腱様筋の三つの筋肉の腱が扇状に付着する部位の総称を指します。

付着部の形態が鵞鳥の足に似ていることから「鵞足」と名付けられました。

鵞足は各筋肉の支配神経が異なり、縫工筋は大腿神経(L2-3)、薄筋は閉鎖神経(L3-4)、半腱様筋は脛骨神経(L5-S2)になります。

鵞足炎の発生機序

膝関節内側の痛み|鵞足炎2

鵞足は膝関節の屈曲と伸展が繰り返されることにより、深層に位置する内側側副靭帯と摩擦が生じます。

摩擦から腱を守るために鵞足と内側側副靭帯の間には滑液包が存在していますが、刺激が繰り返されると鵞足や内側側副靱帯が損傷します。

そうやって炎症が起きた状態を鵞足炎といいますが、炎症が起きると疼痛閾値が低下し、少し擦れるだけでも痛みが起こるようになります。

鵞足炎はスポーツ習慣者(とくにマラソン選手やサッカー選手)に多く発生し、自覚症状は鵞足部の疼痛と圧痛です。

外反膝と鵞足炎

鵞足炎とX脚

鵞足炎を引き起こしやすい原因に、外反膝と脛骨過外旋があります。

どちらも鵞足を引き伸ばすことになるため、鵞足と内側側副靭帯の摩擦力が増加し、炎症を起こすリスクを高めます。

痛みの原因となっている筋肉を鑑別する

鵞足炎による疼痛誘発組織は、①鵞足構成筋(縫工筋、薄筋、半腱様筋)、②鵞足滑液包、③膝の内側側副靭帯の3つが考えられます。

その中で筋肉の問題を鑑別するためには、選択的に各筋肉を伸張していき、疼痛の有無や強弱を確認していきます。

①縫工筋

%e7%b8%ab%e5%b7%a5%e7%ad%8b%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bd%9c%e9%b5%9e%e8%b6%b3%e7%82%8e

縫工筋を選択的に伸張させるには、腹臥位にて肘を立て、体幹を伸展した状態をとります。

大腿遠位部には巻いたタオルを置き、股関節はやや伸展位に保持します。

その姿勢から前足部内側を把持して膝関節を屈曲させていき、同時に股関節を内旋するように誘導しながら床方向に押していきます。

②薄筋

%e8%96%84%e7%ad%8b%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bd%9c%e9%b5%9e%e8%b6%b3%e7%82%8e

薄筋を選択的に伸張するには、片膝立ちの姿勢をとり、もう片方の下肢は膝関節を伸展・外旋位(つま先を天井に向ける)に保持します。

下肢は上体より後方に位置(股関節伸展位)するように置き、体重を膝で支えている側に移動させながら薄筋を伸張していきます。

③半腱様筋

%e5%8d%8a%e8%85%b1%e6%a7%98%e7%ad%8b%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bd%9c%e9%b5%9e%e8%b6%b3%e7%82%8e

半腱様筋を選択的に伸張するには、長坐位にて下肢を屈曲し、足底を大腿遠位部内側に置きます。

もう片方の股関節は軽度内旋位とした状態で、体幹を足部外側方向に向けて前屈していきます。

④内側側副靭帯

内側側副靭帯の損傷を確認するためには、膝関節を屈曲30度で保持し、徒手的に膝関節を外反させて靭帯を伸張させます。

損傷がある場合は痛みを感じたり、動揺が出現します。

リハビリテーションの考え方

鵞足炎はスポーツ習慣者に多いことから、まずは生活指導にて負担が加わる動作を制限することが求められます。

しかしながら、試合などの関係で休むことが難しい場合も考えられるので、練習後はアイシングを徹底して炎症の増悪を防ぐことも必要です。

再発を予防するためには、鵞足の柔軟性を向上し、できる範囲でアライメントや姿勢を整えていくことが求められます。

生活指導と靴の調整

o%e8%84%9a%e3%81%a8x%e8%84%9a%e3%81%ae%e7%89%b9%e5%be%b4%e3%81%a8%e9%9d%b4%e3%81%ae%e9%81%b8%e3%81%b3%e6%96%b9

鵞足炎は基本的にオーバーユース(使いすぎ)による炎症なので、しばらくは運動を中止して炎症が落ち着くのを待つことが大切です。

靴底の内側が磨り減った靴を履いていると、膝関節の外反トルクを増大させ、鵞足の負担を増加させる原因となります。

踵の周りはヒールカウンターと呼ばれ、着地時の脚のローリングをコントロールしており、この部分が柔らかすぎると足部の動きが過剰となり、関節への負担が増加します。

なので、靴底が浅いシューズや磨り減ったシューズの使用は、なるべく控えるように指導します。

物理療法(アイシング)

%e9%b5%9e%e8%b6%b3%e7%82%8e%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0

鵞足炎の急性期はアイシング(10分程度)が有効で、熱感が引くまでは定期的に冷やすように心がけます。

アイシングにお勧めなのはダイソーのソフトアイスマクラで、患部を包み込むようにして当てることができます。

炎症が治まったら超音波療法を実施し、損傷部位の回復が促進できるようにアプローチしていきます。

筋肉へのアプローチ

鵞足構成筋の過度な緊張は摩擦力を高めるため、リラクゼーションを中心に柔軟性を確保しておくことが求められます。

鵞足の中でも薄筋は最も問題となりやすいため、筋肉の走行に沿いながら触診し、リリースしていくことが大切です。

また、下腿を外旋させる方向に働く筋肉(とくに大腿二頭筋)の緊張も問題となるため、ストレッチなどで伸張性を高めていきます。

アライメントの矯正

o%e8%84%9a%e3%81%a8x%e8%84%9a%e3%81%ae%e7%9f%af%e6%ad%a3%e6%96%b9%e6%b3%95%ef%bd%9c%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%ab%ef%bd%9c%e4%b8%ad%e6%95%b7%e3%81%8d

鵞足炎を引き起こしやすい下肢のアライメントとして、外反膝と脛骨過外旋があります。

外反膝に対しては、内側ウェッジを使用して靴の内側を高くしたり、サポーターを利用して動揺を軽減します。

脛骨過外旋に対しては、テーピングにて脛骨を内旋誘導することが有効です。


vc

他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

ピックアップ記事

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme