鵞足炎のリハビリ治療

vc

鵞足炎の病態とリハビリテーションの方法について解説していきます。

鵞足の概要

%e9%b5%9e%e8%b6%b3%e3%81%ae%e6%a7%8b%e9%80%a0%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6
%e9%b5%9e%e8%b6%b3%e3%82%92%e9%99%a4%e5%8e%bb%e3%81%97%e3%81%9f%e7%8a%b6%e6%85%8b%e3%81%ae%e8%86%9d%e9%96%a2%e7%af%80%e5%86%85%e5%81%b4%e9%83%a8

鵞足は脛骨近位内側で、①縫工筋、②薄筋、③半腱様筋の3つの筋肉の腱が扇状に付着する部位の総称を指します。

付着部の形態が鵞鳥の足に似ていることから「鵞足」と名付けられました。

鵞足炎の発生機序

鵞足炎は膝関節の屈曲と伸展が繰り返されることにより、表層の鵞足と深層の内側側副靭帯が擦れることにより生じます。

摩擦を緩和するために鵞足と内側側副靭帯の間には「滑液包」が存在しており、正常なら炎症を起こすことはほとんどありません。

しかし、脛骨が外旋または前方突出しているヒトでは鵞足が引き伸ばされるため、内側側副靱帯との摩擦力が増加して損傷する可能性が高いです。

以上のことから、鵞足炎は膝関節が捻じれた状態で屈伸が繰り返される運動(マラソンやサッカーなど)を行うと発生しやすくなります。

痛みの原因組織を鑑別する

前述したように鵞足は3つの筋肉で構成されているため、具体的にどの筋肉が疼痛の主因となっているかを鑑別する必要があります。

ほとんどのケースでは薄筋腱が炎症を起こしているため、まずは薄筋から圧痛や伸張痛の有無を確認すると効率的です。

薄筋の作用は、①股関節の屈曲・内転、②膝関節の屈曲、③下腿の内旋なので、その反対方向に動かすことで伸張することができます。

鵞足滑液包や内側側副靱帯に炎症が起きている可能性もあるので、鵞足構成筋以外の組織についても調べておくと確実です。

リハビリテーションの考え方

鵞足炎を起こす原因には、①鵞足のタイトネス、②足部外反があります。

①大腿内側の筋膜リリース

筋・筋膜性膝痛を発生する多くのヒトに大腿内側のタイトがあり、DFL(ディープ・フロント・ライン)に緊張を認めます。

DFLには股関節内転筋群が属していますが、広筋内転筋腱板から起始している内側広筋も同時に緊張状態となります。

そうすると膝関節は「knee-in」しやすくなり、さらに内側膝蓋支帯は硬く、膝蓋骨は外下方へのモビリティが低下することにつながります。

そのため、治療では内側広筋や股関節内転筋群のリリース、膝蓋骨のモビライゼーションを実施していきます。

②足部外反の修正

立脚後期に足部外反(扁平足)が生じるケースでは、下腿が外旋してしまうことで膝関節に捻れが生じます。

扁平足では内側縦アーチが低下しているため、母趾の負荷が高くなり、外反母趾といった変形が発生しやすくなります。

さらに横アーチが潰れているケースでは、浮き指と開張足が認められ、膝の屈曲が強い傾向にあります。

治療では足部内反の運動を実施したり、足底板を利用することで足部外反を改善させることが有効です。


他の記事も読んでみる

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme