スポンサードリンク

上腕筋


上腕筋に関する充実したデータ(ストレッチ、筋力トレーニング、マッサージ方法など)をここでは閲覧できます。目次は以下になります。

上腕筋の概要

上腕筋(brachialis)は上腕前面のやや深層に位置する筋肉です。扁平の筋肉で、肘屈曲筋の中で最も強力に働きます。

また、上腕骨を覆うように付着しており、上腕二頭筋が橈骨に停止するのに対し、上腕筋は尺骨に停止するため、前腕の回内外へは関与しません。

ボクシングなどの瞬間的な性動作や、赤ちゃんをずっと抱っこするなどの腕の前で抱え続ける動作で損傷しやすい筋肉です。

 1.前方から見た上腕筋
上腕筋|正面
 2.側方から見た上腕筋
上腕筋|側面
 3.後方から見た上腕筋
上腕筋|後面
支配神経 筋皮神経(しばしば橈骨神経からも)
髄節 C5-6
起始 上腕骨前面の下半分および筋間中隔
停止 尺骨粗面
栄養血管 橈骨反回動脈
動作 肘関節の屈曲
筋体積 266㎤
筋線維長 10.3㎝
筋連結 三角筋、上腕三頭筋、烏口腕筋

上腕筋は体積の割に強い

上腕二頭筋に比べて体積の小さい上腕筋ですが、羽状筋であるため、生理学的筋横断面積が大きく、体積の割に強い力を発揮します。

筋出力というのは、体積よりも横断面積に比例して大きくなります。また、その上腕筋はその走行から純粋に肘関節屈曲に作用するため、貢献度も高くなります。

上腕筋は表層に存在する上腕二頭筋を骨に押さえつける役割も担っており、上腕二頭筋が働いている時には絶えず同時に働いています。

上腕中央の断面図

上腕を断面図で見た場合、上腕筋は上腕骨にびっしりと付着しているのがわかります。また、筋間中隔の一部にも付着を持っています。

上腕中央の断面図|上腕筋

上腕筋の運動貢献度(順位)

貢献度 肘関節屈曲
1位 上腕筋
2位 上腕二頭筋
3位 腕橈骨筋
4位 長橈側手根伸筋

上腕筋の触診方法

上腕筋を触診する重要なポイントは、肘関節屈曲に伴う上腕二頭筋の活動をいかに排除するかです。

収縮を抑えられる方法として、肩関節を深く屈曲し、肘関節も90度屈曲位から運動を始めることが大切です。

下記の写真では、肩関節と肘関節を90度屈曲、前腕回内位からの肘関節屈曲運動にて上腕二頭筋の下方を走行する上腕筋を触診しています。

上腕筋

ストレッチ方法

①前腕を回外位で両手をつき、上体を後方に引いて手関節背屈を増大させていきます。上腕筋のみを選択して伸張することは困難です。
上腕筋,ストレッチ,方法
②背後で手を組み、両腕をゆっくり上げていきます。
上腕筋,ストレッチ,方法,腕を後ろで伸ばす

筋力トレーニング

①大腿の前でバーベルや重りを肩幅の間隔で持ち、肘関節を屈伸します。その際に前腕は回内位で把持します。
上腕筋,バーベル,筋トレ,方法

上腕筋の痛みとトリガーポイント

上腕筋の関連痛で最も起こりやすい場所が母指基部の外側です。続いて肘前面、稀に上腕前面から肩峰まで波及する場合もあります。

上腕筋を損傷している場合、肘を完全に曲げられなくなることもあるため、曲げにくい場合は硬結部が存在しないかを確認します。

上腕筋,トリガーポイント,関連痛,痛み

上腕筋はDFAL(ディープ・フロントアーム・ライン)という筋膜経線上に存在しており、このラインは小胸筋を介して上位肋骨につながります。

アナトミートレイン|DFAL|ディープ・フロントアーム・ライン

マッサージ方法

上腕筋は表層を上腕二頭筋に覆われているため、アプローチする場合は内側から上腕二頭筋を外側に押しのけて触れます。

上腕筋は上腕骨前面の下半分から尺骨までを走行する扁平な筋肉ですので、筋の走行をイメージしながら圧を加えます。

上腕筋の表層は筋皮神経が通過していますので、強く圧を加えすぎてしびれが生じないように注意します。

上腕筋|浅層筋

お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme