スポンサードリンク

副業でFXを始めるなら「DMMFX」が絶対にお勧めな理由【開設方法まで】


今回は副業としてお勧めの「DMMFX」について紹介します。今なら登録すると二万円のキャッシュバックもあるので、お小遣い稼ぎにもなりますよ!

以前からFXに興味があったけど怖い噂をよく聞くし、よくわからないのでやったことがない人に向けてわかりやすく解説していきます。

なぜDMMFXがいいのか

fx

石橋貴明さんやローラのCMで話題になったDMMFXですが、当初は業界第2位をうたっていました。しかし、現在は業界第1位になっており、もちろんそうなるからには明確な理由があります。

その理由が上記の画像でも紹介されている4つの理由です。まずは手数料や各種取引が無料という部分ですが、最近の主流はネット取引のため、ほとんどのところが無料なのであまり差別化とはなりません。

次の業界最狭水準スプレッド(ドル円)が0.3銭のところですが、ここが一番のポイントかと思います。スプレッドとは買い取引時の為替レートと売り取引時の為替レートの差で、簡単に説明すると「取引手数料」のようなものです。

先ほどに手数料が0円と書いていたので矛盾しているようにみえますが、FX会社はこのスプレッドで稼ぎを出しているので、ここはしょうがない部分だと考えてください。

スプレッドを簡単に説明すると、当社では買う時が101円で売る時は100円(スプレッドが1円)になりますよといった感じです。そのため、その差の1円が実質の手数料になります。

DMMFXはその間隔がわずかに0.3銭しかないため、取引する私たちからしたら非常にここが重要なポイントといえます。

理由3のサポートに関してはあまり使わないので割愛しますが、理由4の取引画面が初心者にもわかりやすいという部分も選ばれているポイントだと思います。

私は実際に三社ほど使用した経験がありますが、DMMFXが一番簡単で取引もしやすいと感じています。

今なら口座開設で二万円キャッシュバック

先ほどの4つの理由には書いていませんでしたが、おそらくDMMFXが選ばれている最大のポイントがキュッシュバックの高さだと思います。

現在はキャンペーン中で二万円も貰えますので、これを機会にFXなどの副業に以前から興味があった人はチャレンジしてみてもいいかもしれません。

ここでは簡単に開設方法からキャッシュバックを受けるために必要な条件を満たすまでについて解説していきます。まずは下の画像からサイトに移行してみてください。

口座を開設する方法

fx2

クリックするとDMMFXのサイトに移り、そこから下にスクロールしていくと「口座開設(無料)はこちら」といったボタンがあるのでクリックしてください。

ちなみにキャッシュバックの条件に「新規口座開設+新規500Lot取引」とあります。この「Lot」は「ロット」と読むのですが、取引通貨量の単位で、DMMFXでは1ロットが1万通貨に設定されています。

わかりやすく書くと、例えばドルを100円で買って、円安になって101円で売ったとします。すると100円が101円で売れたので1円の利益が出ます。

ただし、会社としては1回の取引で0.3銭(円に換算すると0.003円)しか入らないなら割に合わないため、最低限はこれだけの量を取引するようにしてくださいと言いたくなるわけです。

この最低限の部分を1ロットと表現されるのですが、会社によっては1ロットを10万通貨にしていたり、1,000通貨にしているところもあります。

実際に1ロットが1万通貨の場合にどうなるかというと、ドル円でいうなら1万ドル分をトレードしている状況だと思ってください。1万ドルといったら1ドル100円として100万円という金額になります。

ここで勘が鋭い人なら、「100万円預けていないと1ロットも取引できないのではないか?」と思ったはずです。そこを解決するための方法がレバレッジになります。

レバレッジとは「テコ」という意味であり、預けている額を取引保証金として、最大で預金額の25倍まで取引することができるようになります。ちなみにDMMFXでは25倍固定で変更できません。

例えば、10万円預けているなら250万円分まで取引することができます。このシステムがあるからこそ少額でも大きな金額を取引することができるようになるわけです。

10万円を預けて1ロット(1万通貨)の取引をした場合、1円の動きで約1万円の損益が発生します。激しい値動きで10円動いたら約10万円です。

価値が下がるほうの通貨を持っていた場合は、そこですべての資産がなくなって、最悪の場合は借金を背負うことになります。そのようなリスクもあるからFXは危険ともいわれるわけです。

今から6年以上前はレバレッジを最大で400倍までかけることができたため、ギャンブル性が非常に強く、何億と儲ける人がいる一方で破産する人が続出しました。

そこで2011年に法規制がかけられ、レバレッジを最大で25倍までと定めたため、今ではそれほどリスクが高い方法ではなくなったといえるかもしれません。

DMMFXで借金を背負うことはほぼない

そこでさらにDMMFXを推奨する理由でもあるロスカットルールについて説明します。ロスカットとは、一定の水準以上の損失が発生する場合に強制的な決済をすることをいいます。

例えば、口座の預金が10万円に対して、10円以上の値動きがあって10万円以上の損失が発生したとします。するとその時点で通常は追加金(借金)が発生してしまうわけです。そんな状況に陥らないために会社側で自動的にロスカットが行われます。

DMMFXのロスカット率は50%に設定されているため、10万円の預金が5万円以下になるようならロスカットが適用されます。要するに、最悪の場合は資産が半分になるけれど、借金になることはないわけです

他の会社ではロスカット時に手数料をとられることが多いですが、DMMFXではその辺も無料なのが選ばれている理由でしょう。

ただし、ここで注意してほしいのは必ずしもロスカットルールがすべてに適用されるわけではないことです。急激な変動に対して運営会社が対応できなかった場合は、預金以上の損失が発生することがあります。

よく急激な値動きがあった翌日にトレーダーが爆死しているのは、ロスカットルールが適用されなかったからです。これは運用している額が多いほどにリスクとなります。

ここに関しては素人レベルで少額なトレードをしている分には、そこまでの例外はあまり気にしなくてもよいでしょう。また、それほどの激しい変動が起きるのは数年に1度あるかないかです。

値動きの幅でいったら、ドル円だと約5円の値動きがあった場合にロスカットが適用され、10円以上の値動きがあった場合に借金を背負うリスクがあります。

あまり経済の知識がない人でも、1日で10円以上も円安や円高になったとは耳にしたことがないですよね。なので、それほど稀なことだと考えてもらっていいかと思います。

申し込みの4つのステップ

fx3

話が大幅に脱線しましたので、口座開設のほうに話を戻します。申し込みは最短で5分と書いていたように、ほとんど説明することもないほどに簡単です。

クレジットカードのように審査で却下されることもないです。少し面倒な部分といったら、最近はマイナンバーの確認が必要となった部分です。

fx4

私は個人番号カードは申請していないので、パターン①のマイナンバー通知カードと免許証を写真にとってアップロードしました。

そして数日後に書類が届きますので、口座に入金(キャッシュバックを受けるには10万円)を済ませて、実際のトレード画面に移っていきます。

ログイン後の方法

fx6

ここからは実際に取引するまでの流れになりますが、DMMFXでは取引画面を三つの中から選ぶことができます。私は赤枠で囲んでいる「ADVANCE」を使用していますが、どれも操作は非常に簡単です。

fx7

パソコンで「DMMFX ADVANCE」を起動すると上の画像のような取引画面が出るはずです。初期はドル円が選択されていますので、慣れないうちはスプレッド(手数料)が最も低いドル円で取引したほうがよいです。

fx8

ちなみにキャッシュバックの注意書きで、二万円を受け取るには「スマホ」で500ロットの取引が必要となりますので、最初の取引はすべてスマホで行うようにしてください。

500ロットの取引をどう実施するか

ここからはさらに具体的な話になりますが、10万円預けた場合に取引できる量は最大で2ロットです。なぜ2ロットなのかは計算式で考えることができます。

現在のレートは1ドルが約105円であるため、1万単位の取引を行うには約105万円が必要になります。DMMFXはレバレッジが25倍固定なので、10万円の25倍である250万円まで取引できます。ということは、2ロット(約210万円)までが取引可能という計算です。

2ロットの取引を繰り返すと250回の取引が必要となり、これはかなり大変ではないかと感じるかもしれませんが、秒単位でレートは動きますし、基本は超短期売買となるので実際にやってみるとそれほど苦ではありません。

キャッシュバックを受けるための注意点として、口座開設から3月以内に500ロットの取引が要件となっていますので、そこに注意しながら徐々にやっていくとよいです。

ここで勘が鋭い人なら、取引にはスプレッド(手数料)がかかるので、それを500ロットも取引するとマイナスになるのではないかといった思ったはずです。

実際に計算してみると、1ロットの購入で30円かかりますので、それが500ロットなら15,000円です。二万円のキャッシュバックを受けた場合は、差額で5,000円になってしまいます。

しかもそこはあくまで単純計算なので、レートの変動で増える人もいるでしょうし、減る人もいます。ただし、どちらを選んでも上がるか下がるかの二択なので、期待収支は五千円に変わりありません。

挑戦してみる価値について

もちろんなにもわからずに取引するのはリスクですが、本気で資産を増やしたいと考えているならこれはチャンスだと思います。実際にお金を使いながら学ぶほうがヒトは本気になれるからです。

ひとつだけアドバイスをするなら、基本は順張りを徹底することです。チャートをよく見ながら、円の価値が高くなっているならドルを売却し、円の価値が下がっているならドルを購入します。

キャッシュバックには500ロットの取引が必要となるため、チャートは1分単位の短いものに設定し、とにかく短時間で売買していくことが必要となります。

最後にですが、DMMFXにはデモ取引という機能があり、実際のレートによる取引を仮想資金500万円をつかって体験することができます。心配な方はまずそちらを体験してみてから実施してください。

また、損失が出た際に「お前のせいだ!」といった苦情は一切受け付けていませんので、個人の責任でやっていただくようにお願い致します。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme