スポンサードリンク

投球障害肩/野球肩のリハビリ治療


投球障害肩/野球肩のリハビリ治療に関する目次は以下になります。

野球肩の概要

野球肩とは、投球動作によって引き起こされる「腱板損傷」「上腕二頭筋腱炎」「肩関節唇損傷」などの様々な肩関節障害の総称です。

好発年齢は10-16歳(ピークは15歳)であり、そのほとんどは投手または捕手であることから「野球肩」または「投球障害肩」と呼ばれています。

投球フォームの用語解説

投球動作

引用画像(1)

時期 特徴
ワインドアップ 脚を上げてグローブからボールが離れるまでの運動エネルギーを軸足にため込む時期
前期コッキング 前足が接地する前まで。肘が最も後ろに引かれた状態(肩関節最大水平外転位)
後期コッキング 前足が接地した後まで。手が最も後ろに引かれた状態(肩関節最大外旋位)
加速期 ボールが手から離れるまで。外旋位から内旋位へ急激に動くため肩や肘の負担が最も大きく痛めやすい時期
減速期 ボールが離れてから徐々に腕の振りが減速していく時期
フォロースルー 投球動作終了までの時期で肩後方の筋肉や靭帯が引き伸ばされる

診断フローチャート

野球肩の診断フローチャート

信原の肩関節障害の分類と頻度(全年齢を対象)

肩関節の障害割合

野球肩の治療などと聞くと、投球動作分析をして「後期コッキング期に肘が下がってる」「身体の開きが早い」などとアドバイスをするのが格好いいです。

しかし、スポーツ専門でやっていない限りは的確なアドバイスは困難です。

ここでは、野球肩を難しく考えずに、あくまで各々の障害に対するアプローチ方法として考えていきます。

スポンサードリンク

変性性腱板炎(腱板損傷)

詳細は、肩腱板断裂のリハビリ治療の記事をご参照ください。

野球による腱板損傷例の復帰について

野球肩において、最も原因頻度が高いのが腱板損傷(とくに棘上筋)になります。

野球における損傷例では、損傷の度合いによって治癒期間は前後しますが、通常は疼痛改善に1ヶ月、腱板強化に2ヶ月、スポーツ復帰までは3-6ヶ月程度とされています。

安静を無視して野球を続けた場合、腱板の損傷や断裂が拡大し、最悪の場合はスポーツ復帰が困難となります。そのため、初期の安静治癒がきわめて重要になります。

コッキング時に両肩のラインより後ろに肘がある場合、肩甲骨と上腕骨の間に腱板が挟まれて圧迫を受けることになります。

肩腱板断裂/腱板損傷のリハビリ

上腕二頭筋長頭炎

詳細は、上腕二頭筋長頭炎のリハビリ治療の記事をご参照ください。

野球による損傷例

野球による損傷例では、一般的に2-3週間で治癒しますが、棘上筋や肩甲下筋の機能不全を伴うと、復帰まで長期に及ぶ場合もあります。

また、進行例では上方肩関節唇損傷(SLAP損傷:関節唇の上腕二頭筋腱付着部が剥離あるいは断裂した状態)をきたし、「力が抜ける」「ガクッとなる」といった訴えがあります。

Bankart損傷|SLAP損傷

SLAP損傷は保存治療による根本的な治癒の可能性は乏しいため、症状が持続する場合には手術適応となります。

まれに腱板強化や上腕骨頭の異常運動の改善、フォームの改善を地道に行うことで保存的に復帰が可能となるケースもあります。

肩関節の構造|SLAP損傷|上腕二頭筋長頭炎

発生しやすいフォームの特徴

コッキング時に両肩のライン上より後ろに腕があると、上腕二頭筋腱が上腕骨とこすれるストレスが生じることになります。

また、身体が横に倒れることでボールが身体の遠くを通り、胸を張ってからリリースで生じる方への力が強くなります。

SLAP損傷に対する修復術

鏡視下SLAP修復術では、後方ポータルから関節内を鏡視し、前方に作成した2カ所のポータルから手術器具を挿入してSLAP損傷を修復します。

縫合部が本来の強度を有するまでには3,4カ月を要するとされており、元の競技レベルに復帰するまでにはさらに3-6カ月程度かかります。

肩関節窩|SLAP損傷|上腕二頭筋長頭腱 肩関節窩|鏡視下SLAP修復術

インピンジメント症候群

インピンジメントとは「挟まれる」という意味であり、上腕骨頭と肩峰下の隙間が投球動作時に狭まることにより、棘上筋腱や肩峰下滑液包が圧迫を受けることになります。

そのような挟まれる動作が長い間繰り返されると、腱板の慢性炎症と慢性肩峰下滑液包炎が発生し、徐々に疼痛が出現します。

発生初期では、肩屈曲最終域で肩の上部につまる感じや痛みが出現し、重度化すると屈曲60-120度でも激しい痛みを伴うようになります。

肩甲骨の安定化を担う僧帽筋(中部・下部)に対するトレーニングを実施することで、肩甲骨外旋角度の増加による改善が期待できます。

肩峰下滑液包炎の治療法

肩峰下滑液包炎に対する治療として、炎症を抑えるための抗炎症薬の処方、ステロイド剤の注射療法があります。

また、生活指導として肩関節の挙上を制限し、肩峰下滑液包の挟み込み(インピンジメント)が起こらないようにします。

保存療法で改善が望めない場合、または痛みが著しい場合は手術の適応となり、滑膜切除術を実施します。

肩関節の構造|肩峰下滑液包炎

滑液包の癒着や肥厚の治療

肩峰下滑液包炎が持続すると、滑液包の肥厚や癒着が認められます。また、腱板や肩峰下滑液包の肥厚によって肩関節のロッキングをきたす場合もあります。

滑液包の肥厚及び癒着に対する治療として、①手術(肩峰下除圧術)、②後上方組織の剥離(肩関節内旋・内転・牽引)、③前方組織の剥離(肩関節外旋・内転・牽引)があります。

インピンジメント症候群の分類

インピンジメント症候群は病名ではなく、あくまで肩関節障害の一症状です。分類として、Outlet Impingement(OI)とNon-Outlet Impingment(NOI)に大別されます。

OI NOI
肩峰前方の骨棘 大結節の突出
肩峰の異形 挙上時の骨頭上方偏位(腱板不全)
肩峰の傾斜 C-C mechanismの破綻
肩鎖関節下方の骨棘 肩峰下滑液包や腱板の肥厚

インピンジメント症候群の検査法

OIでは、単純X線写真などで骨の状態を確認します。NOIでは、肩関節挙上時の骨頭や肩甲骨の位置を確認することが重要です。

上腕骨を外旋または内旋位にて可動域が変化する場合、大結節の衝突を疑うことができます。

MRI写真では、肩峰下滑液包に炎症や肥厚がないか、腱板部に断裂や肥厚がないかを確認し、組織の変性を確認していきます。

発生しやすいフォームの特徴

肩甲骨周囲の筋肉が硬化している場合、胸を張らずに肩だけで腕を引いてしまうことになり、投球時に腕だけが取り残されて肩峰下でインピンジメントが起こります。

フォームの修正では、しっかりと胸を張れるように肩甲骨まわりを中心としたストレッチを実施することが重要となります。

棘下筋腱炎

リリース後は強く振った腕にブレーキをかけることになりますが、その際に棘下筋に大きな負荷がかかることになります。

その負荷が繰り返されることにより、棘下筋に疲労が蓄積して炎症が起こることで発生します。

発生初期は、練習後に肩後方に張りを感じる程度ですが、悪化すると投球時のリリースからフォロースルーにかけて、肩後方に痛みやだるさを感じるようになります。

棘下筋|後面

発生しやすいフォームの特徴

いわゆる「手投げ」のフォームで発生します。胸を張ってからリリースにかけて肘が先行してしまうと、肩甲骨が腕のブレーキに機能せず、棘下筋が過剰に収縮します。

肩甲骨周囲のストレッチを定期的に行うことで症状は回復しますので、その後はフォームの修正を中心に実施していくことが大切です。

少年野球の注意点について

子供に野球などのスポーツをさせることは否定しませんが、同じ動作を繰り返すような練習メニューは避ける必要があります。

リトルリーガー(9-12歳)が週100球以上の投球を行った場合、肩障害リスクは5倍に増え、障害が出た子供の86%は、25歳以降で肩峰の不完全癒合が認められたとの報告があります。

この値は、野球経験のない成人で4%であるため、どれだけ多いかがわかるかと思います。

オーバーユース障害とマルユース障害

野球肩は、主に過使用(オーバーユース)が発症要因とされていますが、フォームの破綻や技術不足によって肩に大きな負担をかけてしまう誤使用(マルユース)も発症要因となります。

具体的には、トップポジションでの体幹の回旋、胸椎の伸展、肩甲骨の内転運動などが不足すると、肘が肩甲平面より大きく後方へ引かれます。

このような過角形成が野球肩の原因になると考えられています。

また、肩自体に問題がない場合でも、前腕の回内や股関節の内旋・内転が制限されていると、アクセルレーションからフォロースルーで肩関節に過剰な運動を強いるようになります。

投球動作

引用画像(1)

イチローも肩を壊さないために練習をサボっていた

野球界のレジェンドであるイチロー選手ですが、高校時代は意外にも練習をサボってばかりいたそうです。

何故なら、彼は高校時代から「プロ」を見据えており、肩が消耗品であることを理解してたからです。

ですので、プロになる前に肩を壊さないように、あえて練習をサボっていたそうです。今から25年以上も前に、イチロー選手はすでに人体の構造なども理解していたことが伺えます。

無理をして野球を続けようとする子供には、このような有名選手の逸話を教えることによって説得することが効果的です。

また、保護者である親に対して、しっかりとリスクを説明することも運動制限を加えるためには重要となります。

おわりに

野球による損傷例では、腱板損傷や肩峰下滑液包炎が主な原因として考えられるため、上記で述べた治療を参考にしてアプローチしていくことが推奨されます。

野球はわからないからといって敬遠せず、どんな障害が存在するかを考えていくと治療法も考えやすくなるはずです。

また、子供たちの未来を壊さないようにするためにも、肩が消耗品であることを強く理解してもらえるように丁寧な指導を心がけてください。

引用画像/参考資料


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme