vc

24時間テレビの感動ポルノはもう辞めるべきだと思う

あなたは感動ポルノという言葉をご存知でしょうか。

今年の24時間テレビの裏でNHKのバリバラ(障害者情報バラエティー)が、「障害者×感動」といった方程式をとり続ける24時間テレビを笑顔でディスってました。

詳細は以下の記事によくまとめられているのでぜひ読んでみてください。

感動ポルノとは、障害者を非障害者などが感動するための「モノ」として扱うような行為を指す言葉です。

この言葉の意味だけをみても、バリバラの出演者たちがどんな思いを持って、この言葉を全国に向けて発信していたかが容易にとれるはずです。

実際にアンケートを行った結果、障害者の90%が感動ドキュメンタリーは嫌いだと回答したそうです。

私も以前から24時間テレビの感動の押し付けが嫌いな人間でしたが、今回のバリバラのアンケート結果をみて、やはり障害者側も好意的でない人が多いとわかって安心しました。

なにが問題なのかというと、最初にこの人はどれだけ不幸か、どれだけ可哀想かを全面に押し出して、それからとても努力して、これだけのことを達成しましたという薄っぺらい内容に仕上げていることに問題があるのだと思います。

そんなやり方で感動するのは、結局はそういった人たちのことを蔑んで見ている人たちだけであり、同じ境遇の人からしたら不快感でしかないのです。

本当に障害者のことをもっと知ってほしいといった意図があるのなら(24時間テレビの意図は知らないですけど)、もっと実際のところを紹介したほうがいいでしょう。

中にはすでに障害を受け入れて楽しくやってる人もいるでしょうし、努力するのを諦めて無気力になっている人だっているでしょう。

そういった裏側を見せないで、「障害者はみんな頑張ってるんだよ!」みたいなことばかり見せられると、感動ポルノといわれても仕方がないかもしれません。

あとはそういう都合のいいときだけ障害者を利用している状況が、より不快感を増加させている原因だと思います。もっと他の番組でも積極的に使うぐらいの心意気がほしいです。

日本テレビは今回のアンケートを真摯に受け止めて、次回の放送では少しぐらいは方向性を変えるように検討してほしいところです。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme