スポンサードリンク

iPad Pro はパソコンの代わりになるのか?実際の使用感について語る


まず結論から書くと、私の場合はパソコンの代替機にはなっていません。その理由がソフトウェアの問題です。

iPad でも利用できるソフトならいいのですが、対応していない場合は結局のところパソコンが必要になります。

私はファイルメーカーを使用することが多いのですが、作成したものを起動するアプリはあっても、作成するための環境は整っていません。

ただし、この問題は iPad のスペックがさらに上がり、いくつかの主要なソフトが App Store にて提供することで近い将来に必ず解決します。

実際にアップルはパソコンから iPad Pro への買い替えを狙ったCMを展開していますし、これからの変化に期待が持たれます。

いずれは確実に主役の座が移ると言い切れるのも、実際に使用している感覚としてパソコンより断然に iPad Pro のほうが使いやすいからです。

私は12.9インチのタイプを使用していますが、漫画などは実際の本よりも大きな画面で楽しめますし、dマガジンなどを利用することで雑誌も簡単に読むことができます。

登録している方ならわかるかと思いますが、dマガジンはパソコンからでも読むことができます。

しかし、やはりパソコンだと横になって読んだりすることは苦です。それが iPad なら劇的に楽に読めます。

これを購入してからというもの、雑誌からの情報収集が格段に捗り、知識を効率的に吸収できるようになりました。

次にプロと言えばアップルペンシルですが、これがまた素晴らしい書き心地です。ほとんどラグがなく綺麗に線を引けます。

私はあまりイラストを描くわけではないのですが、アイデアを考えたり、頭の中を整理するために、メモに書き殴るような感じで使用しています。

また、「Duet Display」というアプリを使用することで iPad をパソコンのサブディスプレイにし、そこからイラストレーターなどもタッチ画面で操作できるようにしています。

スクリーンショット 2017-02-23 22.48.06

次に私の職業柄ですが、アプリの3D解剖アトラス(ヒューマンアナトミー)を多用しており、これが格別に使いやすいです。

以前はネクサス7を使用していましたが、スペックが低すぎて動作が重く、結局は別の軽いアプリを泣く泣く使っていました。

それが iPad Pro ならサクサクと動くのでまったく苦にならず、非常に重宝しています。同業者なら絶対に入れておいたほうがいいお勧めアプリです。

スクリーンショット 2017-02-23 22.50.53

最後にちょっとしたお得情報ですが、アップルストアでは整備済製品というものが売られており、こちらなら一万円以上も安く購入することができます。

整備済製品とは、初期不良などで返品された製品をアップルが部品交換などをして整備し、新品同様にして再販売されたものを指します。

保証期間も新品と同じですし、まったく遜色もありません。

私も実際に MacBook と iPad は整備済製品を購入しており、どちらも問題なく使用できています。

もしも購入を検討されている方は、お勧めなので是非とも購入前にチェックしてみてください。

スクリーンショット 2017-02-23 23.34.59


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme