vc

椎間関節障害のリハビリ治療

腰痛の原因としても多い椎間関節障害のリハビリ治療に関して、ここではわかりやすく解説していきます。

椎間関節の概要

脊椎は頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙骨尾骨から成り、各椎骨は上位椎骨の下関節突起と下位椎骨の上関節突起で椎間関節を構成します。

椎間関節は各レベルで左右に二つ存在しており、外部は関節包に覆われて、内部は滑液で満たされています。

椎間関節の関節包には痛覚伝達に関与する神経線維や侵害受容器が豊富に存在するため、痛みの原因となりやすいです。

とくに下位腰椎は上半身の体重を受け止めるために負担がかかりやすく、しばしば機能障害(腰痛)を起こします。

椎間関節障害の特徴として、原因となっている部位に圧痛を示し、基本的には片側性の痛みを訴えます。

主症状は背部痛(腰痛)であり、下肢に痛みが現れることはありませんが、「L5/S1」レベルのみは殿部痛が出現します。

椎間関節

椎間関節と椎間板の関係性

立っている状態の時に、荷重の約20%を椎間関節が受け止めており、残りの80%以上を椎間板が支えています。

ただし、加齢などに伴って椎間板が潰れてしまうと、椎間板腔が狭小化して椎間関節側の負担が大きくなります。

そのため、椎間板障害や椎間板ヘルニア、椎間関節障害などは密接に関わっており、それらは「L4/5」や「L5/S1」に総じて好発します。

実際に椎骨の大きさを比較してみると、第5腰椎が最も大きく頑丈な構造をしています。

腰部MRI画像

椎間関節障害は若年者にも起こる

椎間板が潰れると椎間関節の負担が増えて損傷しやすいと前述しましたが、実際は椎間板に問題のない若年者でも多く発生します。

若年者に発生するケースとしては、スポーツを積極的に取り組んでおり、その際に反復した腰椎の伸展や回旋動作を行っている場合が多いです。

若年者では、椎間関節障害から腰椎分離症に進展していくケースも非常に多いので、早期の発見と対策が必要となります。

分離症の発生率は一般の人で約5%、スポーツ選手では30%以上に発生しており、とくに10代で発症するケースが大半を占めます。

椎間関節障害を鑑別する

椎間関節障害による腰痛と他の原因による腰痛を見分ける簡単な方法として、腰椎を伸展させたときに痛みが起こるかをみる検査があります。

原理としては、脊椎が伸展すると椎間関節は圧迫され、屈曲すると椎間関節は引き離される方向に動くといった特性を利用しています。

ただし、関節面にある骨や軟骨には痛覚受容器は存在していないので、実際に痛みを感じているのは関節包や脂肪組織、多裂筋になります。

これらの周囲組織が椎間関節内に巻き込まれることにより、インピンジメント障害として痛みが誘発されます。

また、椎間関節は側屈や回旋といった動きも制動しているため、それらの動作を行うことでも負荷を加えることができます。

脊椎|側面|靭帯

立位後屈テストで診るポイント

腰椎の伸展をみるための簡単な検査として、立位で身体を反らす(後屈)テストがあります。

立位後屈テストで確認すべきポイントは3つあり、①腰椎伸展、②骨盤後傾、③股関節伸展です。

これらの各部位が連動して動くことで立位後屈が起きるため、それぞれが正常な範囲で動いているかを確認する必要があります。

体幹伸展動作,腰椎伸展,骨盤後傾,股関節伸展

例えば、もしも股関節に伸展制限が存在するなら、足りない動きを代償するために腰椎が過剰に伸展します。

そうすると、腰椎の椎間関節の負担が増えてしまい、その積み重ねが痛みを起こすことにつながります。

洋服の上からでは動きが確認できないため、テストを行う際は、必ず腰椎に触れてから可動性を感じることが必要です。

このテストは障害のある椎間関節を見つけるためにも有効で、方法としては、問題があると考えられる椎間関節の動きを指で止めます。

その状態で立位後屈させて痛みが消失(または減少)するなら、そのレベルの椎間関節に問題があると考えられます。

多くの関節は動きが乏しい場合か、動きが過剰な場合に痛みが起こりますので、この場合は過剰な動きが関与していると推察されます。

椎間関節の触診方法

椎間関節を触診するためには、背部を覆っている分厚い筋肉(脊柱起立筋群)の緊張をなるべく抜いた状態で行うことが必要です。

具体的な方法としては、患者にベッド上で側臥位となっていただき、検者は脊柱起立筋群を避けるように斜め45度から指を押し込んでいきます。

椎間関節は棘突起の二横指外側に位置するため、頭の中でイメージしながら正しく圧迫が加えられるようにします。

この方法で圧痛が拾えるようなら、椎間関節周囲の組織(主に多裂筋)に痛みがあることが予測されます。

前述したように椎間関節は左右に存在しているため、身体の向きを変えてから反対側も同様に圧痛の有無を確認していきます。

脊柱菅狭窄症と鑑別する

立位後屈テストで痛みが出現した場合、椎間関節障害が疑われますが、同時に腰部脊柱管狭窄症の可能性も浮上します。

脊椎を伸展した場合、脊柱管の後方に位置する黄色靭帯がたわみ、腰椎レベルでは馬尾を包んでいる硬膜を後方から圧迫します。

そうすると馬尾は阻血状態となり、しびれや筋力低下といった神経症状を呈することになります。

腰椎椎間関節障害の主な症状が腰痛であったのに対し、腰部脊柱管狭窄症の場合は腰痛に加えて、殿部や下肢にも痛みが出現します。

また、神経症状や間欠性跛行といった特徴的な症状も出現しますので、誤診することはあまりないかと思います。

椎間関節のロックについて

腰椎に急激な捻りや強い圧力が加わることで椎間関節に捻挫を起こした場合、痛みを回避するために椎間関節がロックされることがあります。

これはいわゆるギックリ腰の一種ですが、原理としては椎間関節に付着する多裂筋などに攣縮が起きていることが原因と考えられます。

微小な筋断裂が原因で発生している場合は、ちぎれた部分が離れないほうが治癒に都合がいいため、バンドで固定することが有用となります。

痛みは通常2週間ほどで改善しますので、そこからはバンドを外して痛みのない範囲で動かすようにし、拘縮が進行しないようにしていきます。

ギックリ腰は色々なパターンが存在しており、ガイドラインには早期に普段通りの生活に戻すことが重要であると記載されています。

ただし、明確な組織の損傷が存在している場合には、その限りではないので適切な対応が求められます。

リハビリテーション

①椎間関節モビライゼーション

多裂筋は椎間関節の後方で関節包に付着しているため、収縮することで関節包や脂肪組織の挟み込みを防ぐ役割があります。

そのため、多裂筋の収縮不全は腰椎伸展時に痛みを起こす原因となりやすく、最もアプローチが必要となる部分です。

方法としては、患者に側臥位をとってもらい、股関節と膝関節は90度ちかくまで屈曲した状態を保持します。

その姿勢から治療対象となる上位椎骨の棘突起と下位椎骨の棘突起を施術者は把持し、関節(棘突起間)を開くように力を加えます。

軽い力で棘突起間の開閉を繰り返すことにより、多裂筋の収縮を促通させることができ、周囲組織のインピンジメントを軽減できます。

ちなみに上位腰椎にアプローチする場合は股関節を0度に保持することで、関節面を真っ直ぐにすることができ、離開がしやすくなります。

②体幹前屈ストレッチ

腰椎の前弯増強は椎間関節の負荷を高めるため、不良姿勢はできる限りに改善していくことが重要です。

原因として多いのは大腰筋の過緊張や後方筋膜の短縮であり、これらの問題が存在するといわゆる反り腰を呈します。

また、関節包靱帯が短縮していると椎間関節に軌道変化が起き、インピンジメントなどの原因にもなります。

これらの問題を解決するために体幹前屈ストレッチは有効であり、仰向けで寝た状態から足を曲げて抱え込む運動も効果的です。

大腰筋が硬い場合は、股関節伸展制限の原因にもなり、腰椎の過度な伸展にも関与するので確実に緩めておくことが必要です。

大腰筋に触れるためには、仰臥位にて腹直筋の外側から親指を深部内側に向けて押し込んでいきます。

攣縮が存在すると強い圧痛を訴えますので、そのまま優しくマッサージをするようにして緩めていきます。

大腰筋の触診部位1

椎間関節障害の場合は、基本的に立位後屈で痛みが出現しますが、その多くは立位前屈でも痛みを訴えます。

理由としては、関節包や多裂筋、後方筋膜などに伸張ストレスが加わるために起こります。

③腹筋群の強化

太っているヒトを想像してみてほしいのですが、立位では腹部が前方に飛び出した状態となり、腰椎は前弯が増強した姿勢となります。

この状態では椎間関節の負担が増加してしまうため、肥満者の場合はダイエットが必要でしょうし、腹圧を高めるためのトレーニングも大事です。

腹圧を高める代表的な運動としては、仰向けでお腹をへこませるような運動(腹横筋の収縮)があります。

また、腹直筋を鍛えることも重要で、そのためにはいわゆる腹筋運動を反復して実施すると良いです。

④体幹伸展を抑制するテーピング

前述した触診などを用いて、問題となっている椎間関節が特定できたら、その部分の伸展動作を抑制するテーピングを行います。

下図の黄色い○部分が障害部と仮定すると、その上下から障害部に皮膚を集めるようにしながら貼付していきます。

脊椎分離症に対するテーピング治療|腰椎伸展可動域制限

テープは伸縮性があるものを選ぶことが大切で、お勧めは3Mのキネシオロジーテーピング(マルチポアスポーツ)です。

このようにして貼るだけで、椎間関節の伸展動作を制限できるため、即時的に痛みを緩和することが可能となります。

おわりに

ここまでに椎間関節障害の原因と治療法について解説してきましたが、もちろん、ここに挙げた方法だけですべて治せるわけではありません。

椎間関節の退行性変化(上関節突起や下関節突起の肥厚)や、椎間関節内に炎症が存在している場合はリハビリだけでは改善ができません。

また、場合によっては膝関節や足関節に問題があり、そこから波及してきた問題であることも考えられます。

そのときは全身的にアプローチをしていかないと、やはり完全に治していくことは難しいといえます。

問題(腰痛)が起こるということは、そこには必ず原因が存在します。

それを見つけていくことが腰痛を完治させるためには重要であり、根本的な治療であることを忘れずにアプローチしていってください。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme