緊張性頭痛(筋骨格性頭痛)のリハビリ治療

vc

緊張性頭痛の原因と治療について解説していきます。

緊張性頭痛の概要

頭痛は大きく分けると、①筋骨格由来の頭痛(緊張性頭痛)、②神経血管由来の頭痛(片頭痛や群発性頭痛)に分類できます。

緊張性頭痛

片頭痛

痛みの場所 通常は両側 通常は片側
痛み方 圧迫、圧搾 ズキズキ、刺す痛み
活動への反応 不変 悪化
感覚性の付帯症状 なし あり
徒手施術の目的 筋膜の緊張と感覚過敏の減少 頭蓋圧迫の低下

緊張性頭痛は、日本人に起こる頭痛の中で最も多いとされています。

頭全体が金属の輪っかで締めつけられているような痛みが特徴で、後頭部から首すじにかけて重苦しい痛みを伴います。

片頭痛が脳内の血管が拡張しているのに対して、緊張性頭痛では後頚部の血管が収縮していることが痛みの一因となっています。

緊張性頭痛は片頭痛と比較して軽度な場合が多いですが、日常的に長く続くことがほとんどで、慢性型になると一日中持続することもあります。

緊張性頭痛と筋膜

緊張性頭痛を起こす原因として、アナトミー・トレインにおけるSBL(スーパーフィシャル・バック・ライン)が関与しています。

SBLにタイトネスが生じると、頭部の帽状腱膜が牽引されることになり、頭痛を起こす原因になります。

リハビリテーション

頭蓋筋膜(浅筋膜と深筋膜)を緩めるためには、頭蓋に指で強い圧迫をかけて、頭皮の筋膜の表層と深層を頭蓋骨に対して滑走させます。

帽状腱膜は脊柱起立筋や僧帽筋上部などにも繋がるので、連結している筋肉を緩めることも必要となります。

また、頭頭下空間を開くことも有効で、頸椎後方中心の項靭帯に左右の指先を当てて、外側に引っ張るようにして力を加えていきます。

後頭下空間が拡がることで頚部神経の圧迫が解除されるので、後頭部痛を訴える患者には効果的である場合が多いです。


他の記事も読んでみる

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme