ばね指のリハビリ治療

vc

この記事では、ばね指(弾発指)のリハビリ治療について解説していきます。

ばね指の概要

指を曲げた状態から伸ばそうとすると引っ掛かり感があり、さらに伸ばすときに弾発音が生じる現象をばね指といいます。

ばね指の原因としては、屈筋腱に結節が生じており、その太くなった部分が狭い空間である腱鞘を通過できずに引っかかります。

そこから強く指を伸展させることで結節部分が押し出され、指が伸展するのと同時に弾発音が発生することになります。

ここまでが一般的な説明ではありますが、実際は全身的な筋膜の硬さなどが影響しており、筋膜調整で治るケースもあります。

ばね指は中高年の女性に多く、全指に起こりますが、とくに母指や中指に起こりやすいのが特徴です。

ばね指の自然寛解

ばね指が長期的に自然寛解することは少なく、3ヶ月以上の寛解が認められない場合は手術の適応となります。

適切な処置がなされずに放置されると、屈筋腱が腱鞘を通過できずにロッキングされてしまい、指を伸ばせなくなるといった状態に陥ります。

治療で指を伸展位に保持する装具を用いることもありますが、効果が認められない場合も多く、拘縮の原因となるために使用する場合は適応を見誤らないことが大切です。

具体的な適応としては、腱鞘炎の発生初期であり、過用症候群が引き金となっているケースのみとなります。

注射療法

注射療法は有効とされており、腱鞘内ステロイド注射(特にトリアムシノロンは有効)が使用されます。

実施直後には半数以上の患者でばね指の解消が期待でき、効果は3ヶ月ほど続きますが、再発することも多いです。

注射療法や局所の安静、筋膜治療でも寛解できない場合に、手術が適応されます。

手術療法

手術では、A1滑車を切除する方法が選択されます。

この手術は局所麻酔下にて、外来でも比較的簡単に行える方法です。

ばね指で手術となるケースは非常に多く、再発群も含めると2/3の患者で必要になると報告されています。

リハビリテーション

引用元:https://ameblo.jp/trigger-physio/entry-12314049630.html

ばね指の治療で有名な筋膜調整サロンでは、上の写真に示した赤丸が親指と中指のばね指に効果が出やすい治療点だと説明しています。

治療では筋膜マニピュレーションを用いることになりますが、①外方運動、②前方-外方運動、③後方‐外方運動の筋膜単位にアプローチします。

方法としては、硬くて鋭い圧痛のある中心点に対して、垂直方向に圧迫を加えた状態で上下・左右・斜めと細かく動かして滑走を促していきます。

痛みはNRS7〜8で訴える場合が多いので、痛みが半減するまで実施します。

通常は約4分ほどで半減し、手にも筋膜が緩んだ感覚が伝わってくるので、それが終了の合図となります。

ばね指の原因が筋膜にある場合は、筋膜マニピュレーションを用いることで改善が期待できるので、手術を考える前に試してみてください。


他の記事も読んでみる

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme