スポンサードリンク

オスグッド・シュラッター病/ジャンパー膝のリハビリ治療


オスグッド・シュラッター病とジャンパー膝のリハビリ治療に関する目次は以下になります。

オスグッド・シュラッター病の概要

オスグッド・シュラッター病は、まだ骨端線が閉じていない10代前半のスポーツ習慣保持者に好発する脛骨結節部の疼痛疾患です。

1903年にボストンのロバート・ベイリー・オスグッドとチューリッヒのカール・シュラッターが別々に症例を発表したため、この病名がつきました。

発生機序として、大腿四頭筋が強い収縮を繰り返すことで骨端軟骨板に牽引ストレスが加わり、損傷することで発症します。

サッカーや陸上競技をしている12〜13歳の男子に多く、練習のやりすぎ(オーバーユース傷害)で起こります。

症状が進行すると、単純X線上でも脛骨粗面の膨隆や分節化といった異常所見が認められます。

オスグッド・シュラッター病のリハビリ治療
スポンサードリンク

成長期になぜ起こりやすいか

成長期は急激に骨が軟骨から成長する時期であり、脛骨結節の成長線に過剰な負荷がかかることで成長軟骨部が剥離してしまいます。

また、骨の成長に対して筋の伸張が追いついていない相対的短縮を起こしやすく、膝蓋骨への過剰なストレスが加わりやすくんっています。

ジャンパー膝の概要

ジャンパー膝は、骨端線の閉じる15歳以降のスポーツ習慣保持者に好発する膝蓋骨周辺と脛骨結節部の疼痛疾患です。

ジャンプやランニング動作の繰り返しによるストレスが膝伸展機構に加わることで生じるオーバーユース障害のひとつです。

膝伸展機構に起因する障害はジャンパー膝とオスグッド病がありますが、両者の鑑別が難しい場合は簡単に年齢で分けられます。

骨端線が閉じていない14歳以下に発症するのがオスグッド病、骨端線の閉じる15歳以降に発症するのがジャンパー膝となります。

バレーボールやバスケットボールなどのスポーツ選手では、その30-40%に発生すると報告されており、そのうちの1/3は両側性です。

予後は比較的に良好ですが、一部は慢性化して治癒するまでに長期間を要することもあります。

ジャンパー膝のリハビリ治療

ジャンパー膝は炎症が生じている部位により、以下の三つに分けて考えていきます。

  • 20%:大腿四頭筋腱の膝蓋骨付着部
  • 70%:膝蓋靭帯の膝蓋骨付着部
  • 10%:膝蓋靭帯の脛骨粗面付着部(10%)
ジャンパー膝の好発部位

発症の原因

  • 成長期(オスグッド・シュラッター病の場合)
  • オーバーユース
  • 大腿四頭筋の短縮
  • kenn-in-toe-out 姿勢
  • 足関節の背屈制限 etc.

大腿四頭筋の短縮テスト

膝伸展機構障害は、大腿四頭筋の腱または膝蓋靭帯に繰り返しの機械的ストレスが加わることにより発生します。

筋肉に短縮が生じている場合、負荷はより大きいものとなり、損傷が起こるリスクが高まります。

大腿四頭筋の短縮を調べるテストとして、腹臥位で膝関節を屈曲させるテストがあります。

通常なら踵が殿部まで付きますが、短縮している場合は大腿前面に突っ張りが出現し、疼痛回避動作として尻上がり現象が起こります。

尻上がり現象|大腿四頭筋の短縮

リハビリテーション

  1. 安静指導
  2. 炎症部位へのアイシング
  3. ストレッチ
  4. 筋力強化
  5. スポーツ動作の修正 etc.

安静指導

ジャンパー膝やオスグッド病の最大の原因はオーバーユースですので、安静が治療の第一選択になります。

オスグッド病は成長期の一過性の障害である場合が多く、15歳以降に骨端軟骨板が骨化すると自然に治癒します。

なので、この時期は重症化を防ぐためにもスポーツを控えることが大切であり、大腿四頭筋の過剰な収縮がないように生活指導を行います。

競技を継続する場合は、発症後3ヵ月はジャンプやランニングなどの動作は避け、筋力強化やストレッチを中心に実施するようにします。

大腿四頭筋のストレッチ方法

両膝を曲げて足を臀部の下に置くように座り、上体をゆっくり後方に倒していきます。

大腿前面が張っていくのを感じながら、無理のない角度から徐々に実施していくようにします。

ジャンパー膝/オスグッド病のストレッチ

壁などに手をつき、伸ばす側の踵を把持して身体に近づけていきます。

ジャンパー膝/オスグッド病のストレッチ2

大腿四頭筋の筋力トレーニング

仰向けにて片膝を立てた状態から、反対側の脚をゆっくりと上げていき、地面から15-30㎝の位置で10秒保持します。

ジャンパー膝/オスグッド病の筋力トレーニング

オスグッド病と足関節の背屈制限

オスグッド病を発症する少年にみられえる身体的特徴として、足関節の背屈制限があります。

背屈が制限されると、スポーツ動作時に膝が前に出なくなって後方重心となり、結果的に大腿四頭筋の過剰な収縮が必要となります。

そのため、足関節背屈のストレッチも併行して実施すると効果的です。

足関節の背屈制限 足関節の背屈制限②

座位でも大腿四頭筋が伸張される

成長期における運動後の足や膝関節の痛み(いわゆる成長痛)は、正式には骨端症という診断名があります。

これは骨端線に持続的な牽引ストレスがかかることで発生します。大腿四頭筋の牽引力は運動だけでなく、座位姿勢によっても変化します。

成長痛がみられる子供に関しては、一時的なものと放置せずに、なるべく牽引力がかからない姿勢や生活指導を心がけるようにしてください。

成長痛と座位姿勢の関係性① 成長痛と座位姿勢の関係性②

knee-in-toe-outの修正

バスケットボールなどではジャンプ動作が多く、その着地動作で受傷することが多々あります。

受傷しやすい選手の特徴として、股関節や膝関節の屈曲が浅く、膝が内側に入って、つま先が外側を向いている「knee-in-toe-out」の姿勢があります。

knee-in-toe-out

この状態では膝部への負担が強く、前十字靭帯損傷などのリスクも高まります。

そのような不良姿勢を修正するために、着地動作時は膝関節を深く曲げ、膝と足先の向きが一致するようにアライメント修正を行っていきます。

場合によっては、ニーイン制限に特化した膝サポーターを使用することで、矯正していくことも有用となります。

サポーターの購入に関しては、リハビリテーション医学に基づいて作られているMARUMITSUが性能が高いのでオススメです。

症状に合ったサポーターを選ぶことができます。

・ 先進のリハビリテーション医学が生んだサポーター【Marumitsuオンラインショップ】

オスグット・シュラッター症のサポーター
Schlatter病のサポーター

お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme