スウェイバックの原因と治し方

中高年者に多い姿勢であり、静的姿勢保持は非収縮要素に依存しているため、猫背で覇気がなく見えることが特徴です。

ここではスウェイバックの原因とその修正方法について解説していきます。

スウェイバックを引き起こす筋肉

スウェイバック

スウェイバックでは姿勢保持筋(脊柱起立筋や大殿筋)の筋力が低下しているために、片脚立位を保つことができないケースが多いです。

大腿筋膜張筋や腸脛靭帯は硬いために可動性関節である股関節の動きが制限され、代わりに安定性関節である腰椎の動きが増大します。

そうすると椎間関節や椎間板への負荷が増大し、腰痛の発生率が高くなることにつながります。

姿勢を修正するためには、大殿筋や脊柱起立筋を鍛えて腰椎前彎を作り、腸脛靭帯やハムストリングスをストレッチングすることが必要です。

強化①:脊柱起立筋

筋力強化:体幹トレーニング

体幹の姿勢保持筋を効果的に鍛えるためにはコアトレーニングが有効で、代表的な運動に四つ這いでの上下肢挙上があります。

対角線上(右手と左足)の手足を挙げて姿勢を保持することにより、脊柱起立筋を主とした体幹周囲を強化することができます。

強化②:大殿筋

筋力強化:大殿筋2

大殿筋の主な作用は股関節の伸展ですが、弱化していると骨盤が後傾してしまい、腰椎の前彎を減少させる原因となります。

鍛えるためには背臥位からのお尻上げが有効で、膝関節の屈曲角度を大きくすることで大殿筋への負荷を高めることができます。

慣れてきたら片足を反対側の膝の上に乗せて、片脚でのブリッジングを行うことでより強力にトレーニングが可能です。

伸張①:ハムストリングス

伸張:ハムストリングス

ハムストリングスは健常者でも非常に硬くなりやすい筋肉なので、日頃からストレッチングしておくことが大切です。

方法としては、長座位からの前屈運動を行うことで、太ももの裏が張る感覚を意識しながら実施してください。

伸張②:内腹斜筋

伸張:内腹斜筋

内腹斜筋の作用は、体幹の側屈(同側)、回旋(同側)、屈曲(胸郭の引き下げ)になります。

ストレッチングの方法としては、腹臥位から両手を付いて肘を伸ばしていき、なるべく腹部が床から離れないようにしながら脊椎を伸展します。

その状態から体幹を回旋させることで、回旋させた側とは反対側の内腹斜筋を伸ばすことができます。


他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

セラピストが副業で稼ぐ方法

vc

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme