スウェイバックの原因と治し方

vc

不良姿勢の代表である「スウェイバック」の原因と修正方法について、わかりやすく解説していきます。

スウェイバックとは

スウェイバックは、①骨盤中間位〜後傾位(前傾位の場合もある)、②胸椎後弯の増強、③下部体幹の前方変位となっている状態をいいます。

筋の保持があまり見られない弛緩姿勢であり、靱帯や関節包、接近した関節などによって安定性をもたらしています。

よく見られる原因としては、長時間立位で疲労したとき、姿勢保持筋の筋力低下、長時間の胸椎後弯姿勢などがあります。

スウェイバックでは骨盤が後傾しているために、上半身は後方に変位した状態となります。

変位した上半身を前方に戻そうとして足関節は背屈し、下部体幹を前方に変位させ、胸椎を後弯させることで重心を正中に保とうとします。

スウェイバックは弛緩姿勢のために、骨盤および腰椎の不良姿勢(変形性脊椎症)を生じやすい傾向にあります。

腰痛との関係

スウェイバックでは、下位腰椎の前縦靭帯と上位腰椎および胸椎の後縦靭帯、腸骨大腿靭帯に負荷が加わります。

骨盤の後傾が少ない状態で下部体幹が前方変位すると、下位腰椎が伸展して椎間関節の圧縮力が高まるため、椎間関節障害を引き起こしやすくなります。

もうひとつスウェイバックで起こりやすい腰痛にギックリ腰(仙骨後屈ロック)があります。

仙腸関節はわずかながら可動性を有しており、ニューテーションとカウンターニューテーションという動きを行います。

 

ニューテーションは関節を締める動きで、カウンターニューテーションは関節を緩める動きになります。

スウェイバックは骨盤が後傾しますが、大腿筋膜張筋に過度な緊張が存在すると寛骨は前傾方向に引っ張られます。

そうすると仙腸関節はカウンターニューテーションとなり、そこでズレなどが生じると関節がロックされて痛みと同時に動けなくなります。

これがいわゆるギックリ腰の状態であり、中年の男性に多く発生しやすいことが理由として挙げられます。

肩痛との関係

胸椎の後弯が増強した姿勢では、上肢挙上時に肩甲骨の外旋と後傾が減少するため、肩峰下インピンジメントを起こしやすい状態にあります。

とくにスウェイバック姿勢では半数以上に腱板損傷が存在すると報告されており、肩関節の痛みとの関係が指摘されています。

また、胸椎後弯は頭部前方位を招くことになり、頚椎の変形(頚椎症)を起こすことにつながります。

膝痛との関係

スウェイバックでは足関節が背屈位にあるために足底前方に荷重が乗りやすく、足部外反(回内足)や扁平足、外反母趾などを誘発します。

足部外反しているヒトでは、変形性膝関節症(O脚)や内側半月板損傷、下腿外旋症候群といった膝の問題を起こしやすいです。

姿勢が非対称の場合は、股関節の挙上側の腸脛靭帯(大腿筋膜張筋)が緊張することで寛骨を前傾させて脚長差を調整しています。

腸脛靭帯の過度な緊張は、アナトミー・トレインにおけるラテラル・ラインの痛みを引き起こすことに繋がります。

起こりやすい障害

  1. 変形性脊椎症
  2. 椎間関節障害
  3. ギックリ腰
  4. 腱板損傷
  5. 変形性膝関節症(O脚)
  6. 足部外反(扁平足) etc.

スウェイバックの治し方

スウェイバックは姿勢保持筋(脊柱起立筋群や大殿筋)や外腹斜筋が弱化しており、長時間の立位で弛緩姿勢をとりやすい状態にあります。

そのため、プランクなどの姿勢保持練習、胸椎伸展運動による胸部脊柱起立筋の強化、股関節伸展運動による大殿筋の強化を行います。

長時間の立位では下部体幹が前方変位し、足底前部に荷重が集中していくので、踵に体重を乗せるように意識してもらいます。

立位後屈で過剰な腰椎伸展が生じるケースでは、みぞおちから伸ばすようにして、胸椎から伸展する方法を学習します。

ハムストリングスの短縮は骨盤を後傾させるため、ストレッチングの指導と拮抗筋である大腿直筋の強化を行っていきます。


他の記事も読んでみる

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme