リハビリで用いるマッサージ手技の分類

vc

リハビリでも用いられることが多いマッサージについて解説していきます。

マッサージの概要

世の中には多くのマッサージ方法が提唱されていますが、それらは大きく分けると以下の4つのに分類できます。

  • 軽擦法(さする)
  • 強擦法(強くさする)
  • 圧迫法(揉む)
  • 叩打法(たたく)

以下に、各方法がどの組織にアプローチしているかについて解説していきます。

アプローチしている組織

疼痛誘発組織の層を大きく分類するなら、①皮膚、②浅筋膜、③深筋膜、④筋肉、⑤骨(骨膜や関節包)に分けられます。

場所によっては脂肪体や靱帯、神経などを圧迫した痛みであるケースもありますが、マッサージでは主に②③④に対してアプローチしていきます。

①軽擦法

軽擦法は浅部マッサージとも呼ばれ、指や手の平を用いて、皮膚(皮下組織の浅筋膜まで)に触圧覚刺激を加える手技になります。

心臓の方向に皮膚を擦っていくことで、静脈やリンパ液の血流促進、触圧覚刺激による除痛効果が認められます。

その作用機序として、①ゲートコントロール理論、②交感神経の抑制、③α運動ニューロンの抑制といった効果が期待できます。

リンパマッサージを目的とする場合は、対象部位にパウダーやオイルを塗って皮膚への負担を軽くしてから実施されることも多いです。

浅筋膜に対してアプローチする場合は、皮下組織の滑りが悪い場所を探して、指でつまんでから動きを出していく方法も有効です。

②強擦法

軽擦法が皮膚や浅筋膜にアプローチするのに対して、強擦法では主に深筋膜を対象にしています。

深筋膜は全身をボディースーツのように覆っており、筋肉の表層はもちろんですが、それ以外の場所でも存在しています。

筋肉を揉むというよりは、筋肉の表面で指を滑らせるような感覚でさすっていき、滑りが悪くなっている部分を中心にアプローチしていきます。

③圧迫法

圧迫法とは、肘や母指などを用いて筋肉(筋線維束)を持続圧迫し、攣縮(過緊張)を取り除いていく方法になります。

可能なら二指圧迫法が効果的であり、母指と二指(示指と中指)の先端部分とで攣縮のある筋線維束を挟み込んでいきます。

筋肉によっては挟み込む(つまむ)ことが困難なので、①胸鎖乳突筋、②大胸筋、③僧帽筋上部、③股関節内転筋群で使用される場合が多いです。

④叩打法

叩打法は、肩叩きの要領で両こぶしで交互にトントンとリズムよく刺激を与える、または手でタップする方法です。

強擦法や圧迫法を施行したあとに残る圧迫感や違和感をリセットするために効果的とされています。


他の記事も読んでみる

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme