下後鋸筋

この記事では、下後鋸筋(serratus posterior inferor muscle)に関する充実したデータを閲覧できます。

下後鋸筋の概要

下後鋸筋の起始停止

下後鋸筋は胸郭下部後面に位置しており、表層を広背筋が覆っています。

息を吐き出すときに下部の肋骨を内側下方に引き付けて胸郭を縮小するため、呼気を補助する働きがあります。

名前の似た筋肉に上後鋸筋がありますが、そちらは息を吸い込むときに上部の肋骨を引き上げて胸郭を拡張するため、吸気の補助に働きます。

そのため、上後鋸筋と下後鋸筋の作用は反対になります。

基本データ

支配神経 肋間神経
髄節 T9-12
起始 12(または11)胸椎から第3腰椎の棘突起と知覚の胸腰筋膜
停止 9-12(または11)肋骨の外側部の下縁
動作 呼吸時に第9-12肋骨を内側下方へ引く

下後鋸筋の触診方法

下後鋸筋

写真では、停止部(第9-12肋骨の外側部の下縁)を触知しながら息を強く吐き出すことにより、下後鋸筋の収縮を触知しています。


vc

他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

ピックアップ記事

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme