【専門職向け】前鋸筋の触診やストレッチを解説

この記事では、前鋸筋(serratus anterior)に関する充実したデータを閲覧できます。

前鋸筋の概要

前鋸筋の起始停止

前鋸筋の起始停止2

前鋸筋は側胸部にある「のこぎり歯」の形をした筋片からなる大きな筋肉で、前方は表層に、後方は広背筋や大円筋に覆われています。

ラテン語のserra(鋸)とanterior(前)から構成されており、前鋸筋は胸郭と肩甲骨の間を走るようにして付着しています。

前鋸筋は肩甲骨外転の主力筋であり、上方線維には肩甲骨を下方回旋に、下方線維には上方回旋に作用する働きもあります。

肩甲骨がロックされている場合は起始側の肋骨に作用するため、下方線維には肋骨の挙上(吸気の補助)に関与する場合もあります。

基本データ

支配神経 長胸神経
髄節 C5-7
起始 1-8(又は9)肋骨の外側面中央部
停止 肩甲骨の内側縁
栄養血管 上部:外側胸動脈

下部:胸背動脈

動作 肩甲骨の外転

上方線維:肩甲骨の下方回旋

下方線維:肩甲骨の上方回旋

拮抗筋 菱形筋
筋体積 359
筋線維長 17.5

運動貢献度(順位)

貢献度

肩甲骨外転

肩関節外転

肩関節屈曲

1 前鋸筋 三角筋(中部) 三角筋(前部)
2 小胸筋 棘上筋 大胸筋(上部)
3 前鋸筋 上腕二頭筋
4 僧帽筋 前鋸筋

前鋸筋の触診方法

自己触診:前鋸筋

肩関節を90度屈曲した状態から、さらに前方に上肢を突き出すようにして肩甲骨を外転させ、前鋸筋を収縮させます。

これは辛うじて届く物に手を伸ばすような動きに似ています。

手を前鋸筋の起始部である第1-8肋骨の外側面中央部に当て、筋収縮を触知していきます。

ストレッチ方法

前鋸筋のストレッチング

腹臥位の肘立て位にて肩甲骨内側縁を浮き出させます。

前鋸筋の上部は肩関節屈曲20度、中部は屈曲45度、下部は屈曲90度にて選択的にストレッチできます。

筋力トレーニング

前鋸筋の筋力トレーニング

重りを握った手を天井に向けて押し上げていき、肩甲骨を外転させていきます。

アナトミートレイン

前鋸筋はSPL(スパイラル・ライン)の筋膜経線上に属する筋肉です。

マッサージ方法

患者に側臥位をとってもらい、術者は手を胸郭側面に置き、母指を第8肋骨に、他の指を肩甲骨に当てます。

深く押圧を加えらながら、母指を肩甲骨に到達するまで弧を描いて滑らせていきます。

このプロセスを第7肋骨、第6肋骨と上方に移動しながら繰り返していき、筋全体に圧が加わるように実施していきます。

前鋸筋の関連する疾患

  • 長胸神経麻痺
  • 斜角筋症候群
  • 肩関節不安定症 etc.

長胸神経麻痺と翼状肩甲骨

前鋸筋(長胸神経)が麻痺した場合|翼状肩甲

前鋸筋は僧帽筋と共同して肩甲骨内側縁を胸郭に引きつけ、安定させる作用を持っています。

しかし、長胸神経麻痺などで前鋸筋が機能不全を起こすと、肩甲骨内側縁が浮き上がる翼状肩甲骨が起こります。

肩甲骨はすべての肩関節運動の土台となるため、肩甲骨に動きが障害を受けると、肩関節の不安定性を増すことになります。

長胸神経が損傷する原因として、腕を急激に振り抜くような動き(テニスのサーブやゴルフのスイングなど)があります。

斜角筋症候群

斜角筋症候群

斜角筋隙(別名:斜角筋三角)は、①前方を前斜角筋、②後方を中斜角筋、③下方を第一肋骨にて構成する三角の空間になります。

ここが斜角筋の過度な緊張などによって狭小化されることにより、腕神経叢が圧迫されて神経症状が起こります。その状態を斜角筋症候群と呼びます。


腕神経叢の分岐パターンと絞扼部位③

斜角筋隙で神経が圧迫されている場合、長胸神経も含まれていますので、翼状肩甲骨が起こることになります。

しかし、前鋸筋以外にも多くの筋肉が機能不全を起こすため、その他の症状についても確認しておくことが必要です。

斜角筋が過度な緊張を起こす原因として、頭部前方偏位などの不良姿勢により、持続的な負荷が加わることで筋疲労が起きている場合があります。

また、COPDなどの呼吸器疾患により、斜角筋によって努力性吸気が起きている場合も過度な緊張を引き起こす原因となります。


vc

他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

ピックアップ記事

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme