vc

広背筋

この記事では、広背筋(Latissimus dorsi)に関する充実したデータを閲覧できます。

広背筋の概要

広背筋の起始停止

広背筋は人体で最も面積の広い筋肉であり、名称は「latissimus(広い)」と「dorsi(背側の)」の単語で構成されています。

脊椎の動きに関与する脊柱起立筋と混同されやすいですが、広背筋は主に腕を動かす筋肉になります。

上肢を固定した状態では、起始側の骨盤や肋骨が引き上げられるため、強制的な呼気(咳)にも働きます。

上肢が下垂位では筋肉が弛緩するため、肩関節を90度ほど屈曲した位置が最も筋出力を発揮できるといった特性を持っています。

基本データ

支配神経 胸背神経
髄節 C6-8
起始 ①第6(または7)胸椎から第5腰椎にかけての棘突起(胸腰筋膜を介して)

②正中仙骨稜

③腸骨稜の後方

④第9(または10)〜12肋骨、肩甲骨の下角

停止 上腕骨の小結節稜
栄養血管 肩甲下動脈の胸背枝
動作 肩関節の伸展,内転,水平外転,内旋
筋体積 550
筋線維長 38.2
速筋:遅筋(%) 49.550.5

運動貢献度(順位)

貢献度

肩関節伸展

肩関節内転

水平外転

肩関節内旋

1 広背筋 広背筋 広背筋 肩甲下筋
2 大円筋 大胸筋(下部) 三角筋(後部) 大胸筋
3 三角筋(後部) 大円筋 大円筋 広背筋
4 肩甲下筋 広背筋 大円筋

広背筋の触診方法

広背筋

写真では、肩関節90度屈曲位からの肩関節内旋運動にて、広背筋の下縁を触診しています。

広背筋は浅層に位置する非常に大きな筋肉であるため、あらゆる場所から触れることができます。

しかし、起始付近は非常に筋肉が薄いため、識別はほぼ不可能なので実際には停止部付近のみでしか触知はできません。

腋窩周辺で広背筋は大円筋の前方に回り込むため、大円筋と間違わないように注意してください。

ストレッチ方法

広背筋のストレッチング

四つ這いの姿勢をとり、床に肘をつけて頸椎を伸展し、体重を斜め後方に移動させながら肩関節屈曲を増大していきます。

筋力トレーニング

広背筋の筋力トレーニング1

ダンベルや重りを持った腕を下に垂らし、肩関節が屈曲した状態から上方に持ち上げるようにし、肩関節を伸展していきます。

圧痛点と関連痛領域

広背筋の圧痛点と関連痛領域

広背筋は肩関節伸展の主動作筋であり、後方運動配列の筋膜に属します。

圧痛点(トリガーポイント)は停止部付近の腋窩に出現し、痛みは肩関節周囲に出現します。

広背筋で筋膜の硬結が出現すると上肢後面が引っ張られるようになり、小指背側にまで関連痛が波及することもあります。

肩関節の屈曲制限が存在する患者では、広背筋や大円筋の拘縮が関与している場合が多くみられます。

その際は、広背筋の圧痛点を2〜3分ほど揉みほぐすようにしてからリリースすることにより、即時に挙上角度を拡大できます。

アナトミートレイン

アナトミートレイン|BFL|バック・ファンクショナル・ライン

広背筋はアナトミートレインの中で、BFL(バック・ファンクショナルト・ライン)に繋がっています。

図を見ていただくとわかりますが、上腕骨と繋がる広背筋は対側の大殿筋と連結し、大殿筋は大腿骨に繋がっています。

ファンクショナルは「機能的」という意味であり、広背筋と大殿筋という大きな筋肉を通して、力を伝達できるようにしているわけです。

例えば、やり投げや野球の投球動作などのように、下肢や股関節からのパワーを上肢につなげていく流れを作り出します。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme