スポンサードリンク

尺骨神経麻痺のリハビリ治療


尺骨神経麻痺のリハビリ治療に関する目次は以下になります。

尺骨神経の概要

尺骨神経(C7-T1)は、腕神経叢(C5-T1)の内側神経束から起こります。

上腕部では、後内側を下行していき、肘の内側側副靭帯に接しながら上腕骨内側上顆の後方を通過していきます。

前腕部では、上部にて尺側手根屈筋と深指屈筋への【筋枝】が分岐し、さらに下部では手背と手掌の尺側部を支配する背側枝【皮枝】掌枝【皮枝】を分岐します。

手掌部では、屈筋支帯の下方を通過してから手掌部に到達し、そこで浅枝【皮枝】深枝【筋枝】に分かれて尺骨神経は終枝します。

1.前面から見た上肢の神経 2.後面から見た上肢の神経
上肢神経前面 上肢神経後面

尺骨神経系の支配筋肉

尺骨神経系(尺骨神経から分岐する神経も含めた)が支配している筋肉は以下になります。深指屈筋と短母指屈筋は正中神経との二重神経支配です。

筋枝 深枝
尺側手根屈筋 小指球筋
深指屈筋 小指対立筋
小指外転筋
母指内転筋
第3,4虫様筋
背側骨間筋
掌側骨間筋

尺骨神経の知覚領域

前腕部で分岐した背側枝【皮枝】と掌枝【皮枝】は、それぞれ手背の尺側と手掌の尺側の皮膚を支配しています。

手掌部で分岐した浅枝は、掌側の小指側1.5本分と背側の小指側2.5本分(一部)の指の皮膚を支配します。

前腕に位置する神経の支配領域
尺骨神経の知覚領域

尺骨神経の主な絞扼部と障害名

絞扼部 名称
ギオン管 ギオン管症候群(尺骨神経管症候群)
尺側手根屈筋腱(起始部) 肘部管症候群
尺骨神経溝(上腕骨遠位端) 尺骨神経溝症候群

ギオン管症候群

ギオン管とは手根骨の有鉤骨鉤と豆状骨から成る間隙であり、その中を尺骨神経が通過しています。

ここで尺骨神経が圧迫を受けて麻痺が起こることをギオン管症候群、または尺骨神経管症候群と呼びます。

手掌部にて圧迫されるため、上腕部の筋枝や背側枝、掌枝に影響を与えることはなく、障害部位は深枝と浅枝に限定されます。

知覚異常は指先のみですが、知覚の訴えよりも指先の動かしづらさ(深枝の支配筋麻痺)の訴えのほうが臨床上は多いです。

尺骨神経の知覚領域|掌側枝と背側枝|浅枝

肘部管症候群

肘の内側(尺側手根屈筋腱部)で尺骨神経が慢性的に圧迫されたり牽引されることで麻痺を起こした状態を肘部管症候群と呼びます。

原因は様々ですが、ガングリオンなどの腫瘤による圧迫や変形性肘関節症、野球や柔道などのオーバーユースによる周囲筋の過度な緊張などで起こります。

この部分で障害を受けている場合は、前腕部で分岐した背側枝【皮枝】と掌枝【皮枝】も影響を受けるため、尺側の手首付近まで感覚障害が起こります。

尺骨神経の知覚領域|掌側枝と背側枝|浅枝2

リハビリテーション(可逆性麻痺の場合)

末梢神経損傷に対する保存療法は、可逆性か不可逆性か、障害レベルは軽度か重度かによって治療方針は大きく異なります。

可逆性の場合は、過度の代償運動パターンなどを防ぎながら、筋力強化や神経促通、知覚再教育などを実施し、機能の強化をはかっていきます。

不可逆性の場合は、二次的障害を防ぐために、良肢位の保持や生活指導などを中心に実施していくようにします。

一般的なアプローチ方法については以下に記載していきます。

筋リラクゼーション

尺骨神経上の筋肉に過度な緊張がみられないかを触診していき、緊張や硬結部を見つけたらその都度に軽い圧迫を加えてリリースしていきます。

刺激によって症状の緩解が認められる場合、筋肉の影響が考えられるため、原因筋の使用はしばらく控えるように生活指導を行います。

とくに小指球筋はギオン管の構成要素であるため、過緊張が存在すると掌側手根靭帯や屈筋支帯を圧迫する原因となります。

場合によっては物理療法などを併用して、より効果的に緊張が取り除ける方法がないかを試行錯誤しながら実施していきます。

安静固定

末梢神経麻痺では、関節の変形を予防または良肢位に固定するために、装具を着用することになります。

尺骨神経麻痺の場合は、MP関節伸展拘縮、PIP関節の屈曲拘縮(かぎ爪変形)、手のアーチの崩れなどを起こします。

そのため、重症度に応じて関節変形を予防するために、MP関節屈曲位に保持できる装具を使用します。

装着時は、麻痺筋以外の筋力が低下しないように、装着中も日常生活での手の使用を促す必要があります。

基本的にMMT3以上では装具は不要となります。

知覚再教育

尺骨神経の知覚支配領域は接触時の外傷を受けやすい部位であるため、危険にさらされやすい状態にあります。

そのため、知覚再教育のリハビリに加えて生活上のリスクについても説明が求められます。

知覚再教育の方法としては、知覚異常がある領域に対して動的あるいは静的な触圧覚刺激を加え、視覚で確認した後、閉眼でもその状態がわかるように集中していきます。

改善していくに従って、物体認知や素材識別知覚といった難易度の高い課題に移行していきます。

関節可動域運動

関節を動かしても神経その他の損傷部位に影響がない範囲で、他動的な関節可動域運動を実施していきます。

尺骨神経麻痺の場合は、手内在筋の筋力低下のためにMP関節屈曲とIP関節伸展が不十分となり、手指の屈曲拘縮をきたします。

そのため、MP関節屈曲位でIP関節伸展運動を他動的に行うことが重要となります。

筋力トレーニング

神経の圧迫や炎症が改善してきたら、低負荷にて筋力トレーニングを開始していきます。MMTのレベルによってアプローチ方法はやや異なります。

基準として、「1」は収縮のみで動きはない、「2」は無重力なら関節運動が可能、「3」は重力に抗して運動が可能、「4」は軽度負荷に抗して運動が可能です。

それぞれの状態に併せて適切な負荷量で筋力強化していきます。

筋力 内容
MMT1 筋収縮をバイオフィードバック療法にて再学習、低周波刺激
MMT2 自動介助運動、低周波刺激
MMT3 自動運動、巧緻動作、低周波刺激
MMT4 抵抗運動、巧緻動作、セラブラスト

読んでおきたい一冊(amazon)

橈骨神経麻痺の理学療法骨・関節疾患の理学療法 (リハ実践テクニック)
島田 洋一(監修):2010-09-24
【紹介文】代表的な整形外科疾患に対して、どのようなリハビリテーションを実施する必要があるかを多くの写真を交えて丁寧に解説してくれています。まだ臨床の経験の浅い理学療法士の方々には、お勧めできる一冊となっています。

お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme