【専門職向け】浅指屈筋の触診やストレッチを解説

この記事では、浅指屈筋(flexor digitorum superficialis)に関する充実したデータを閲覧できます。

浅指屈筋の概要

浅指屈筋の起始停止

浅指屈筋は前腕前面の中間層に位置する筋肉です。

前腕屈筋群の中で最大の筋肉で、長掌筋・橈側手根屈筋・尺側手根屈筋の奥に位置しています。

深指屈筋と共に第2-5指の屈曲に作用する主力筋であり、浅指屈筋は主にPIP関節の屈曲に貢献します。

浅指屈筋は各指に筋束が存在しており(計4束)、それぞれで単独に収縮することができるといった特徴を持ちます。

基本データ

支配神経 正中神経
髄節 C7-T1
起始 ①上腕尺骨頭:上腕骨の内側上顆

②尺骨頭:尺骨粗面の内側および内側側副靭帯

③橈骨頭:橈骨の上方前面

停止 2-5中節骨底の前縁
動作 2-5PIP関節の屈曲、手関節の掌屈

肘関節屈曲(上腕骨内側上顆に起始する線維の一部)

栄養血管 尺骨動脈
筋体積 74
筋線維長 12.3

運動貢献度(順位)

貢献度

手指屈曲

手関節掌屈

1 浅指屈筋 浅指屈筋
2 深指屈筋 深指屈筋
3 虫様筋 尺側手根屈筋
4 橈側手根屈筋

浅指屈筋の触診方法

浅指屈筋

写真では、第3-5指を伸展位に固定した状態から、第2指のPIP関節を屈曲させて、示指へ向かう浅指屈筋腱を触診しています。

伸展位に固定することで深指屈筋の作用を除外できるため、この肢位でPIP関節の屈曲力をみることにより浅指屈筋の筋力が測定できます。

前腕の断面図

前腕中央の断面図|深指屈筋、浅指屈筋、長母指屈筋

前腕中央を断面でみた場合、浅指屈筋は長掌筋と橈側手根屈筋の深層に位置しており、浅指屈筋の深層には深指屈筋と長母指屈筋があります。

浅指屈筋は深指屈筋と比較すると断面積はやや小さいですが、浅部に位置しているために手関節や手指の屈曲に対しては貢献度が高くなっています。

ストレッチ方法

浅指屈筋のストレッチング

この際に、手指DIP関節は伸展しないように注意します。(深指屈筋が伸ばされるため)

筋力トレーニング

浅指屈筋の筋力トレーニング

ハンドグリップを用いて、指を曲げる力を鍛えていきます。

手指屈筋(外在筋)について

手指屈筋 支配神経
内在筋 短小指屈筋 尺骨神経
短母指屈筋 正中神経,尺骨神経
虫様筋 正中神経,尺骨神経
外在筋 浅指屈筋 正中神経
深指屈筋 正中神経,尺骨神経
長母指屈筋 正中神経

手指の屈筋は大きく分けて内在筋と外在筋に分類することができます。

手内在筋は、手根骨もしくは手指骨に起始と停止を共に持つ筋肉のことを呼び、それ以外に起始や停止を持つ場合は外在筋とされます。

手指屈筋(外在筋)のマッサージ方法

手指屈筋は表層を長掌筋と橈側手根屈筋に覆われており、その下に浅指屈筋が位置し、さらに下方に深指屈筋と長母指屈筋が位置しています。

そのため、表層筋の上から母指などを用いて深く押圧しながら、筋の走行をイメージして圧を加えていくことが必要となります。

屈筋支帯をマッサージする場合は、術者の母指を手首から約2-3㎝遠位の掌側に置き、横側に滑らせていきます。

深部には正中神経や腱が走行していますので、あまり強く圧迫しすぎないように注意しながら実施していきます。

屈筋腱の腫脹は手根管症候群を招く

手根管を通過する筋肉や腱

関連記事:手根管症候群のリハビリ治療

手指屈筋の外在筋(浅指屈筋,深指屈筋,長母指屈筋)は正中神経とともに手根管内(下図の緑色部分)を通過しています。

そのため、外在筋が障害を受けて腫脹を起こすと、手根管の内圧が上昇して正中神経を圧迫し、指先に痺れを生じます。その状態を手根管症候群と呼びます。

症状を和らげるためには、前腕を走行している外在筋を弛緩させるように操作を加え、炎症症状の早期鎮静に努めます。

浅指屈筋腱は、第3指と第4指は表層に位置し、第2指と第5指はその深層に位置するといった特徴があります。

浅指屈筋の関連する疾患

  • 浅指屈筋腱断裂
  • 石灰腱炎
  • ばね指
  • フォルクマン拘縮
  • 屈指
  • 前骨間神経麻痺(正中神経高位麻痺) etc.

vc

他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

ピックアップ記事

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme