烏口鎖骨靱帯(coraco-clavicular ligament)

vc

この記事では、烏口肩峰靱帯(coraco-clavicular ligament:CCL)について解説していきます。

烏口鎖骨靱帯の概要

烏口鎖骨靭帯は、①菱形靭帯、②円錐靱帯の2つの創傷であり、それぞれの靱帯で制限する方向が異なります。

運動に伴う緊張の変化はなく、通常の靱帯が果たす制動効果はありません。

役割としては、挙上に伴う骨頭の上昇防止と、棘上筋の作用方向をより求心位に向けるための滑車機能があります。

菱形靭帯の基本データ

項目

内容

起始 烏口突起の上内側面
停止 鎖骨の菱形靭帯線
機能 肩甲骨のつり下げ、鎖骨の上昇制御

肩甲骨の内転・下方回旋の制御

円錐靭帯の基本データ

項目

内容

起始 烏口突起の基部
停止 鎖骨の円錐靱帯結節
機能 肩甲骨のつり下げ、鎖骨の上昇制御

肩甲骨の外転・上方回旋の制御

関連する疾患

  • 肩鎖関節脱臼
  • 肩関節周囲炎 etc.

他の記事も読んでみる

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme