腸脛靭帯炎(ランナー膝)のリハビリ治療

腸脛靭帯炎の病態とリハビリテーションについて解説していきます。

腸脛靭帯の概要

%e8%85%b8%e8%84%9b%e9%9d%ad%e5%b8%af
%e8%85%b8%e8%84%9b%e9%9d%ad%e5%b8%af%e7%82%8e%e3%81%ae%e7%97%87%e7%8a%b6

腸脛靭帯は大腿外側の筋膜が肥厚したものであり、厳密には靱帯ではなく、大腿筋膜の一部になります。

腸脛靭帯は浅層と深層の二層から構成されており、浅層は主に大殿筋の表層の腱膜が移行したものです。

深層は大殿筋の上方3/4の筋束、中殿筋の表層筋束とその筋膜、大腿筋膜張筋の移行部から構成されています。

腸脛靭帯は大腿外側を下行していき、大腿骨外側上顆を越えて、脛骨粗面の外側(ガーディー結節)に停止します。

一部の線維束(最浅層の前方線維)は膝蓋骨の外側から表面に停止し、外側膝蓋支帯となります。

腸脛靭帯の作用変化

腸脛靭帯は膝関節の屈曲伸展運動の軸上を滑走し、膝関節が45度屈曲位を境界として、その作用方向が変化します。

屈曲45度より伸展域では膝関節伸展に作用し、屈曲45度より屈曲域では膝関節屈曲に作用します。

前述したように腸脛靭帯は大腿筋膜の一部であり、大殿筋や大腿筋膜張筋の収縮を伝達する役割があることから運動にも貢献しています。

また、腸脛靭帯は膝関節内反と下腿内旋に対する制動作用を担っています。

腸脛靱帯炎の病態

脛靭帯炎と大腿外側上顆

腸脛靭帯は膝関節伸展時には大腿骨外側上顆の前方に位置していますが、膝関節が屈曲すると後方に移動します。

そのため、膝の屈曲・伸展が繰り返されると大腿骨外側上顆の突起部で腸脛靭帯が擦れて損傷し、炎症を起こすことがあります。

その状態を腸脛靭帯炎といい、ランニングを主体とするスポーツや自転車競技に多く発生するため、別名でランナー膝と呼ばれることもあります。

通常、走り始めたときに痛みはなく、しばらく走っていると痛みが出現し、さらに走り続けると痛みが増すことが特徴です。

整形外科検査

グラスピングテスト
方法)大腿骨外側上顆の近位部を圧迫して膝関節を伸展させる
意味)腸脛靭帯と外側上顆部に摩擦力を高める
判定)腸脛靭帯炎が存在すると屈曲30度付近で疼痛を訴える

ラテラルスラストと腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎を引き起こしやすい原因のひとつに、足底接地から立脚中期にかけて急激に膝が外側へ動揺するラテラルスラストがあります。

ラテラルスラストが起こると膝関節は内反して腸脛靭帯は伸張され、腸脛靭帯と大腿骨外側上顆の摩擦力は増加します。

ランニング時に膝が動揺しているケースでは、徐々にストレスが蓄積して、結果的にしばらく走ったら痛いという状況に陥ります。

リハビリテーションの考え方

腸脛靱帯炎は運動習慣者に多いことから、まずは生活指導にて腸脛靭帯に負担が加わる動作を制限することが求められます。

しかしながら、試合などの関係で休むことが難しい場合も考えられるので、練習後はアイシングを徹底して炎症の増悪を防ぎます。

再発を予防するためには、腸脛靭帯の柔軟性を向上することに加えて、ラテラルスラストなどのストレスを与える原因を取り除くことが必要です。

ラテラルスラストの治療

ラテラルスラストは内側広筋の遊脚期における筋活動開始時間が重要であり、つまりはスムーズに収縮できることが大切です。

そのためには、膝蓋骨周囲の硬さを取り除く必要があり、膝蓋骨モビライゼーションや膝蓋支帯の剥離操作を行います。

その後に内側広筋の促通を目的としたリズミカルでスピード感のあるパテラセッティングを実施し、併せて大腿四頭筋の筋力強化を行います。

腸脛靭帯のストレッチング

%e5%a4%a7%e8%85%bf%e7%ad%8b%e8%86%9c%e5%bc%b5%e7%ad%8b

腸脛靱帯のタイトネスは炎症を発生させる原因となるため、柔軟性を確保することが非常に重要となります。

ストレッチングの方法としては、立った状態から脚を交差させて、後方の脚に向けて上体を傾けていきます。

大腿外側(腸脛靭帯)が伸ばされているのを感じながら、60秒ほど姿勢を保持します。

外側広筋のリラクゼーション

外側広筋の起始停止2

腸脛靭帯からは外側広筋の線維が一部起始しており、さらに腸脛靭帯の線維の一部は外側膝蓋支帯へと進入しています。

そのため、腸脛靭帯の拘縮が存在すると膝蓋骨の外上方偏位を招き、膝蓋大腿関節症を起こすことにつながります。

これは逆もしかりで、外側広筋の過度な緊張が腸脛靱帯の緊張を強めることにもなるので、外側広筋のリラクゼーションを図ります。

ランニングフォームの変更

1.ストライド走法
歩幅が大きい走行
大腿部の肉離れ、股関節の障害が多い
2.ピッチ走法
歩幅が小さい走行
足底腱膜炎や下腿骨の疲労骨折が多い

走り方にはストライド走法とピッチ走法がありますが、歩幅が大きいほど股関節や膝関節の屈曲角度が大きくなり、大腿部の障害が多いことが特徴です。

反対にピッチ走法のように歩幅が小さいと地面からの衝撃吸収が乏しくなるため、下腿や足部の障害が増加します。

膝関節の屈曲角度にもよりますが、腸脛靭帯の負担を減らすためにはピッチ走法のほうが有用となるので、ランニングフォームの変更についても考慮する必要があります。


vc

他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

ピックアップ記事

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme