スポンサードリンク

膝蓋大腿関節症のリハビリ治療


膝蓋大腿関節症のリハビリ治療についての目次は以下になります。

膝蓋大腿関節症の概要

膝関節というのは二つの関節を総称した名前であり、その二つというのが大腿脛骨関節と膝蓋大腿関節になります。

一般的な膝関節を指す場合、大腿骨と脛骨で構成される大腿脛骨関節を意味しますが、膝蓋骨と大腿骨から構成される膝蓋大腿関節も臨床的には非常に重要です。

膝蓋骨の裏面には分厚い軟骨が付着していますが、この部分が擦れていくと膝蓋骨の動きが乏しくなったり、動かした際にギシギシとした音が鳴るようになります。

膝の関節包は膝蓋大腿関節のみでなく、膝蓋大腿関節まで包んでいますので、膝蓋骨の軟骨が剥離した場合も滑膜を刺激します。

そうすると膝関節に炎症や痛みが生じることになり、その状態を膝蓋大腿関節症または膝蓋大腿関節障害といいます。

膝蓋大腿関節症で痛みが出る理由

変形性膝関節症の初期症状である立ち上がり時や歩き始めの痛みには、膝蓋大腿関節が大きく影響します。

まずはその発生機序について説明すると、関節包内には関節の滑りをよくするための潤滑液である関節液(滑液)が存在しています。

変形性膝関節症がある人では、しばらく関節を動かさないでいると関節液が循環せずに貯留してしまいます。

その状態で関節を動かしてしまうと関節の滑りが非常に悪く、周囲の組織への負担が強くなり、結果として痛みが生じることになります。

しばらく歩くと痛みが楽になるのは関節を動かしているうちに循環が改善するからであり、そのように動き始めに痛さが起きることからスタートペインとも呼ばれたりします。

膝関節の痛みがすぐに良くなる人の特徴

膝関節の痛みで来院し、リハビリ治療をした直後に痛みが劇的に改善する患者が中にはいますが、その人たちに共通することは痛みの原因が筋肉にあることです。

筋肉の過度な緊張がある人では、その筋肉をマッサージして緊張を抜くだけですぐに痛みが軽くなります。

膝関節の場合は大腿四頭筋(とくに大腿直筋)の緊張が高い人が多く、大腿四頭筋は膝蓋骨に付着部を持っています。

とくに大腿直筋はその走行上から、収縮することで膝蓋骨を大腿骨に押し付ける作用があります。

そのため、筋肉に過度な緊張があると膝蓋骨の動きが乏しくなり、関節を動かす際には関節液の循環も悪くなってしまいます。

ここが解消されることで痛みが劇的に改善する人は多いため、まずは最初に膝蓋骨の可動性についてはチェックしてみることが大切です。

具体的なマッサージ方法について

大腿四頭筋の緊張を落とす方法は数多くありますが、私がよく実施しているのは膝蓋腱の持続圧迫です。

これは単純に膝蓋骨の下方に付着する膝蓋腱を圧迫するだけですが、これだけでも大腿四頭筋は緩んできます。

その後は膝蓋骨の上方にある筋腱移行部に圧迫を加え、その後に各筋肉を軽く揉むようにしながらリラクゼーションをしていきます。

ある程度に緩んだら膝蓋骨を上下左右に動かしながら、可動性を確保していき、最後に膝蓋骨セッティングを実施します。

膝蓋骨セッティングとは、仰向けで寝ている状態で膝下に何回か折り曲げたタオルを入れて、それを押しつぶすように力を入れる運動です。

そうすると大腿四頭筋が収縮して膝蓋骨が上方に移動し、何回か繰り返すことで獲得した可動性を持続するような効果があります。

膝蓋骨偏位のチェック

膝蓋大腿関節障害|外側偏位

上の単純X線写真は膝蓋大腿関節を撮ったものですが、膝蓋骨が右側(外側)に偏位しているのがわかります。

また、偏位していることによって膝蓋骨と大腿骨の隙間も狭くなっており、負担が増加していることが容易にわかります。

実際に膝蓋骨を動かすとギシギシとした音がして、軟骨が擦れているのが感じられるはずです。

これは膝関節痛を訴える患者で非常に多く、とくに内側広筋の萎縮が認められるケースで起こります。

理由としては、膝蓋骨を内側に引く力である内側広筋が萎縮し、反対に外側に引く力である外側広筋が強く作用しているからです。

そうすると必然的に膝蓋骨の軌道がずれて、外側で大腿骨と繰り返しに擦れて摩耗するような状態に陥るわけです。

とくに内側広筋は遅筋線維が多いために萎縮しやすく、膝関節の最終伸展で強く作用するために膝の拘縮による影響を受けやすい状態にあります。

反対に外側広筋は速筋線維が多いために萎縮しにくく、膝関節の拘縮による影響をほとんど受けることがありません。

これらの理由から膝蓋骨の軌道修正には内側広筋をうまく収縮させることが重要になってきます。

内側広筋を集中的に強化する方法

前述した膝蓋骨セッティングが簡便で効果的な方法ですが、徒手的に実施する際は一工夫を入れることが大切です。

工夫とは、大腿骨を外旋位に保持した状態から膝関節の最終伸展運動を反復するようにします。

大腿骨が外旋されると内側広筋は若干伸張されて力を発揮しやすくなり、外側広筋は反対に弛緩するために力が入りにくくなります。

収縮の際は筋肉や腱部にタッピングなどの刺激を加えることで、脊髄反射を利用した筋出力の向上が狙えます。

また、伸展制限に対してはストレッチを実施し、できる限りに可動域を確保しておくことも出力を高めるためには重要です。

ヒアルロン酸注射の効果

膝蓋大腿関節症の患者では、ヒアルロン酸注射後に膝蓋骨と大腿骨の間隙が拡大するため、実施直後から痛みが楽になる場合が多いです。

しばらく痛みが楽になるということは関節液の循環に問題があることが予測されるため、軌道の修正と可動性の獲得が必要不可欠です。

そのためには、自主エクササイズとして膝蓋骨を動かすことと(軋轢音が鳴らない範囲)、内側広筋を鍛えることを指導しておきます。

関節裂隙を持続圧迫することで滑膜が刺激されて関節液が循環するので、ツボ押しのような形でやっていただくのもよいです。

おわりに

変形性膝関節症と診断された患者の多くに、膝蓋大腿関節症が存在している場合があります。

また、現在は痛みが生じていなくても軌道がずれていることで軟骨が擦れており、後々の問題となることが予測される患者も多いです。

そのため、膝蓋骨の可動性や内側広筋の萎縮、外側広筋付着部の圧痛などは必ず確かめておき、早期に対応しておくことが望まれます。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme