膝蓋大腿関節症のリハビリ治療

vc

膝関節の痛みの原因としても多い膝蓋大腿関節症のリハビリ治療について、わかりやすく解説していきます。

膝蓋大腿関節症の概要

膝蓋大腿関節と大腿脛骨関節

膝関節は大腿脛骨関節(FT関節)膝蓋大腿関節(PF関節)の総称であり、2つの関節から構成される複合関節です。

大腿脛骨関節は膝関節の曲げ伸ばしに関与しており、名前の通りに大腿骨と脛骨から構成されています。

もうひとつが膝蓋骨と大腿骨から構成される膝蓋大腿関節であり、こちらは身体の動きではなく、大腿脛骨関節の補助として機能します。

具体的には、膝蓋骨があることで膝伸展力を高めたり、大腿四頭筋の擦り減り防止、膝関節を外部の衝撃から保護するといった役割があります。

膝の関節包は膝蓋大腿関節のみでなく、膝蓋大腿関節まで包んでいますので、そのことを考慮して両者をまとめて膝関節と呼びます。

膝蓋骨は外上方に偏移しやすい

膝蓋大腿関節障害|外側偏位

上の単純X線写真は膝蓋大腿関節を撮ったものですが、膝蓋骨が右側(外側)に変位していることがわかります。

また、膝のお皿が外側に偏位していることによって、膝蓋骨と大腿骨の隙間が狭くなっています。

この写真のような状態は、女性の膝関節痛を訴える患者で非常に多いです。

なぜ膝蓋骨が外側に変位するかというと、膝のねじれ(大腿骨内旋)と腸脛靭帯タイトネスで生じます。

膝蓋骨は大腿骨の表層に位置しているため、立位姿勢を確認してみると膝蓋骨は内向きになっています。

それだけをみると内側に変位しているように見えますが、大事なのは大腿骨との位置関係であり、大腿骨に対して膝蓋骨が外側に変位します。

また、腸脛靭帯の表層線維(前方線維)は膝蓋骨外側に付着するため、タイトネスが生じていると膝蓋骨には外上方への牽引ストレスが加わります。

外側広筋の斜走線維は腸脛靭帯の裏面に起始を持ち、さらには外側膝蓋支帯に停止する線維であるため、外側広筋の緊張を緩めることも重要です。

以上の原因により、膝蓋骨の位置がズレていると膝関節を屈伸させたときに摩擦がおき、ガリガリとした軋轢音が生じます。

膝蓋大腿関節症で痛みが出る理由

膝蓋下脂肪体|側方1

変形性膝関節症の初期症状である立ち上がり時や歩き始めの痛みには、膝蓋大腿関節症と膝蓋下脂肪体損傷が大きく影響しています。

膝のお皿がズレると膝関節を屈伸させたときに摩擦が起きることは前述しましたが、その際に膝蓋骨裏の軟骨はすり減ることになります。

軟骨がすり減ると大腿骨と膝蓋骨の関節腔は狭くなり、膝蓋下脂肪体が流れ込むスペースが少なくなります。

そうして膝蓋下脂肪体への摩擦力が強まることになり、繰り返しの機械的刺激で損傷し、痛みを誘発することにつながります。

リハビリテーション

膝蓋大腿関節症を治療していくうえで重要なのは、①大腿骨内旋の修正、②膝蓋骨外側組織の柔軟性を向上することです。

膝蓋下脂肪体に痛みが生じているケースでは、膝蓋下脂肪体をリリースしていくことも必要となります。

普段の動きでニーインしやすいタイプには、ランジ動作などで膝関節を曲げるときに膝が内側に入らないように運動指導を行います。

大腿骨内旋の修正

股関節内旋に関わる筋肉(股関節内転筋群)がタイトになっている患者では、大腿骨が内旋することで膝関節にねじれが生じます。

例えば、足部外反(扁平足)はアナトミートレインにおけるDFLが下方に引っ張られるため、運動連鎖によって股関節は内旋しやすくなります。

扁平足はルーズタイプ(大腿骨内旋+後足部外反に起こりやすく、歩行の前半相に大きく下腿が外旋していきます。

反対に足部内反(ハイアーチ)はDFLが緊張しているために股関節内旋位となり、歩行の後半相に大きく下腿が外旋することが特徴です。

治療方法としては、緊張状態にある股関節内転筋群または大内転筋腱より起始する内側広筋をリリースすることが重要です。

ルーズタイプはリリース後に股関節内旋筋群および外旋筋群を鍛えることで、適度な緊張を獲得することにつながります。

歩行時の下腿外旋を防ぐためには、インソールを利用することが効果的と考えられます。

膝蓋骨外側組織の柔軟性向上

膝蓋骨外側組織とは、具体的には外側広筋、腸脛靭帯(大腿筋膜張筋)、外側膝蓋支帯を指しています。

前述したように外側膝蓋支帯は外側広筋や腸脛靭帯と連結しており、タイトネスが生じていると膝蓋骨には外上方への牽引ストレスが加わります。

アナトミートレインにおけるLLが硬くなっているケースが多く、外腹斜筋にも圧痛を認める場合があります。

ラテラルラインの柔軟性を改善させることが膝蓋骨外側変位を改善させることになるので、外側組織の柔軟性を確保することは大切です。

外側膝蓋支帯の癒着剥離操作としては、患者に背臥位をとってもらい、親指以外の4指を膝蓋骨の内側に当てます。

そこからお皿を外側に誘導し、膝蓋骨外側に母指を当てた状態で、お皿をめくるように持ち上げていきます。

外側が持ち上がる(浮く)ことで外側支帯が伸びるので、この作業を繰り返すことで徐々に剥がれていき、可動性が拡大していきます。

膝蓋下脂肪体のリリース

膝蓋下脂肪体のリリース

具体的な方法としては、患者に背臥位をとってもらい、親指と人差指で膝蓋下脂肪体をつまみ、左右に揺らしてマッサージしていきます。

より多くの脂肪体をリリースするには、手掌で膝蓋骨を下方に押し下げ、そこから親指以外の4指を使ってほぐしていきます。

膝蓋骨を押し下げる動作と脂肪体を押し上げる動作をリズミカルに繰り返していくとやりやすく、痛みがある部位は集中的にリリースします。


他の記事も読んでみる

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme