頸板状筋

この記事では、頸板状筋(splenius cervicis)に関する充実したデータを閲覧できます。

頸板状筋の概要

頸板状筋の起始停止

頸板状筋は頸部後面のやや深層に位置する筋肉で、表層は僧帽筋上部線維、肩甲挙筋、胸鎖乳突筋に覆われています。

板状筋には、①頭板状筋、②頸板状筋の2つが存在しており、その作用はほとんど同じになります。

頭板状筋が非常に白筋線維が豊富(75%)なのに対して、頸板状筋は白筋線維と赤筋線維の割合はほぼ同じです。

赤筋線維は日常的に使用される筋肉に多いことから、頸板状筋は頭板状筋よりも姿勢を保つ働きが強いといえます。

基本データ

支配神経 脊髄神経の後枝
髄節 C1-5
起始 3-6(又は4,5)胸椎の棘突起
停止 1-2(又は3)頸椎の横突起の後結節
動作 頸部の伸展,回旋(同側),側屈(同側)
筋体積 10.1
筋線維長 10.2
速筋:遅筋(%) 50.050.0

運動貢献度(順位)

貢献度

頸部伸展

頸部側屈

頭部回旋

1 板状筋群 胸鎖乳突筋 胸鎖乳突筋(反対側)
2 半棘筋群 斜角筋群 板状筋群(同側)
3 脊柱起立筋 脊柱起立筋 脊柱起立筋
4 後頭下筋群 板状筋群 回旋筋

頸板状筋の触診方法

頚板状筋

※黄色部分が頸板状筋

頸板状筋は起始から筋腹のほとんどをいくつの筋肉で覆われており、その作用は頭板状筋と類似するので筋腹での触知は困難です。

触知しやすいのは、第1-2頸椎横突起の後結節(停止部)で、頸部の伸展運動を行わせることで肩甲挙筋の深層で筋収縮を触知できます。

頸部の断面図

頚部中央の断面図

板状筋は固有背筋の中で最も浅層に位置する筋肉であり、頸椎横突起に向かって斜め外側に走行しています。

ストレッチ方法

頸板状筋のストレッチング

手で頭部を斜め下方(屈曲・側屈)に引き寄せていきます。

頸板状筋は頭板状筋よりも外側に位置しているため、側屈角度をあげることでより選択的に伸張できます。

筋力トレーニング

頸板状筋の筋力トレーニング2

頭にタオルを巻いて両端を手で握り、頸部を屈曲方向に引っ張ります。頸部はそれに逆らって伸展方向に力を入れていきます。

頸板状筋の筋力トレーニング

椅子にタオルを敷いて後頭部を乗せた状態からブリッジングを実施します。負荷が高いので痛みに注意してください。

アナトミートレイン

アナトミートレイン|SPL|スパイラル・ライン

頸板状筋はSPL(スパイラルライン)に属しており、このラインは乳様突起にまで繋がります。

乳様突起の前方には顔面神経が通過しているため、SPLの異常は顔面神経に影響を与えることになります。


他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

セラピストが副業で稼ぐ方法

vc

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme