スポンサードリンク

横隔膜


横隔膜に関する充実したデータをここでは閲覧できます。目次は以下になります。

横隔膜の概要

横隔膜(diaphragm:ダイアフラム)は胸郭深層に位置する横紋筋です。焼肉では「ハラミ」の部位になり、内臓に分類されがちですが赤身肉になります。

名称から膜と間違われやすいですが、ほかの骨格筋と同様で横紋筋に属しています。胸郭の下部をふさぐように位置し、凸の形状をしています。

収縮して胸腔を広げることで胸腔内圧を下げ、息を吸い込みます。一方で腹腔の容積は減るため腹圧を高め、排尿・排便、嘔吐を補助します。

1.前方から見た横隔膜
横隔膜|正面
 2.上方から見た横隔膜
横隔膜|上方
 3.下方から見た横隔膜
横隔膜|下方
支配神経 支横隔神経と副横隔神経
髄節 C3-5(または6)
起始 ①胸骨部:剣状突起の内面
②肋骨部:第7-12肋骨(肋骨弓)の内面
③腰椎部:外側脚と第1-4腰椎にかけての内側脚
停止 腱中止部分
栄養血管 上腕動脈
動作 吸気の主力呼吸筋(腹式呼吸)
拮抗筋 腹横筋

横隔膜には三つの穴がある

横隔膜には血管、神経、食道などが通過するための大きな裂孔が3つあります。

①大静脈孔 下大静脈と右横隔神経の枝
②大動脈裂孔 大動脈、奇静脈、胸管
③食道裂孔 食道、迷走神経、左横隔神経の枝
横隔膜|裂孔
横隔膜裂孔①
横隔膜裂孔②

横隔膜の触診方法

剣状突起直下に手を置き、腹部をふくらませながら吸気すると収縮を触知できます。腹式呼吸を意識することで横隔膜を広げることが可能です。

横隔膜|正面

呼吸でお腹が膨らむ原理

呼吸を簡単に説明すると、横隔膜が収縮することで胸郭が拡がり、胸腔内圧が下がることで息が吸い込まれるようになります。

そうすると横隔膜の下部(腹腔)にある臓器が下方に押し下げられ、腹腔が変形してお腹が前方へ突き出た状態となります。

横隔膜は背臥位で最も高位となり、呼吸における横隔膜の振幅が最も大きくなります。立位では、横隔膜の円蓋が下がって振幅は小さくなります。

そのため、強い呼吸困難がある場合は上半身を起こし、ものによりかかる起坐呼吸を行うことで呼吸が楽になります。

呼吸に関する筋の収縮と呼吸運動

横隔膜は安静吸気時に腱中心が下降して、胸郭は約1.5㎝垂直方向に拡大し、胸郭の容積は約400ml増加します。

これは一回換気量(500ml)の70-80%を占め、残りは外肋間筋などの筋活動によって得られます。

安静吸気 努力吸気 努力呼気
横隔膜
外肋間筋
内肋間筋前部
肋骨挙筋
上後鋸筋
胸鎖乳突筋
斜角筋群
大・小胸筋
僧帽筋
肩甲挙筋
脊柱起立筋
肋下筋
内肋間筋横・後部
腹筋群
腹横筋
胸横筋
下後鋸筋

お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme