スポンサードリンク

烏口腕筋


烏口腕筋に関する充実したデータ(ストレッチ、筋力トレーニング、マッサージ方法など)をここでは閲覧できます。目次は以下になります。

烏口腕筋の概要

烏口腕筋(coracobrachialis)は上腕内側深層に位置する筋肉です。

肩甲骨の烏口突起から起始する小さな筋肉で、肩関節の屈曲・水平内転・内転といった作用を持っていますが、いずれも貢献度は小さいです。

筋腹の中央あたりで支配神経である筋皮神経が烏口腕筋を貫き、さらに表層の上腕二頭筋や下方の上腕筋に筋枝を出します。

関節の動きよりも、骨頭を関節窩に安定させるように作用します。例えば、ボーリングで投球前に後方へ腕を振り上げる動作のコントロールなどで活躍します。

 1.前方から見た烏口腕筋
烏口腕筋|正面
 2.側方から見た烏口腕筋
烏口腕筋|側面
 3.後方から見た烏口腕筋
烏口腕筋|後面
支配神経 筋皮神経
髄節 C5-7
起始 肩甲骨の烏口突起
停止 上腕骨の内側中央
栄養血管 上腕動脈
動作 肩関節の屈曲,水平内転,内転
筋体積 80㎤
筋線維長 4.6㎝
筋連結 上腕二頭筋、小胸筋、上腕筋、上腕三頭筋

烏口腕筋の運動貢献度(順位)

貢献度 肩関節屈曲
1位 三角筋(前部)
2位 大胸筋(上部)
3位 上腕二頭筋
4位 前鋸筋

※烏口腕筋の主な働きは肩関節屈曲ですが、4番手にも入らない貢献度の低い筋肉です。

烏口腕筋の触診方法

触診する上で必要なことは、同じく烏口突起に付着部を持つ上腕二頭筋短頭や小胸筋の運動参加を防止することです。

下の写真では、肩関節60度外転・軽度外旋位、肘関節は屈曲位からの肩関節内転運動にて烏口腕筋の収縮を停止部で触知しています。

烏口腕筋を触知できるのは上腕骨の近位1/2までで、その先は上腕筋に触れるようになります。ふたつは隣り合わせに位置し、筋皮神経からの支配を受けます。

烏口腕筋

ストレッチ方法

①肩関節をやや伸展・外転・外旋位、肘関節を屈曲位とし、壁に手をつきます。その状態から水平外転を増大させるようにして伸張していきます。
烏口腕筋,ストレッチ,方法

烏口腕筋の痛みとトリガーポイント

烏口腕筋の圧痛点は起始部(烏口突起の直下)と筋腹中央の筋皮神経が貫通している部位に起こります。

烏口突起は①上腕骨、②肩甲骨、③胸郭といった3方向の複雑な相互作用を受ける部位であり、小胸筋や上腕二頭筋短頭も付着しています。

そのため、指で押すことによって圧痛を認める場合が非常に多く、それが一般的な所見となります。

烏口突起が過度な緊張を起こすことで容易に筋皮神経は圧迫されますので、その後に分岐する外側前腕皮神経の領域に知覚異常が起こります。

烏口腕筋のトリガーポイントと関連痛領域

烏口腕筋はDFAL(ディープ・フロントアーム・ライン)の筋膜経線上に位置している筋肉であり、このラインによって母指側まで痛みが波及する場合があります。

アナトミートレイン|DFAL|ディープ・フロントアーム・ライン
アナトミートレイン|DFAL|ディープ・フロントアーム・ライン2

マッサージ方法

烏口腕筋は深層に位置しているため、マッサージを実施する際は上腕二頭筋の短頭と長頭の隙間から母指を入れて烏口腕筋を触知します。

その状態から筋線維を横切るようにしながら走行に沿って烏口腕筋に圧を加えていきます。

前述したように烏口腕筋には筋皮神経が貫いていますので、あまり強い刺激を加えると痛みやしびれを起こすので中位が必要です。

マッサージは筋皮神経に触れない範囲でマイルドに示指ししていきます。

烏口腕筋|浅層筋

お勧めの一冊

筋肉の走行を見ながら触診やマッサージ方法を学ぶことができるベストセラー書です。付属のDVDで実際の流れを見て覚えることができるのでお勧めです。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme