スポンサードリンク

通所・訪問リハビリテーション計画書2015(平成27年度版)


今回の介護報酬改訂に伴い、リハビリテーションマネジメントとプログラムに活用する様式について整理がなされました。その書類について作成しましたので、是非とも現場でご活用ください。

リハマネとプログラムに活用する様式の新旧比較

書式に関しては、平成27年3月27日に厚生労働省より各都道府県等に配布された資料に掲載されている書式を参考にして作成しています。PT-OT-ST NETのサイトに挙げられているのを参考にしていますので、そちらの掲載URLも掲載しておきます。

リハビリテーションマネジメントとプログラムに活用する様式の新旧比較のまとめ

整理どころか増えてない?

図を見てもわかる通り、これまでは、①通所・訪問リハビリテーション計画書、②リハビリテーション実施計画書の2種類でよかったのに対して、今後は様式AからFまでの6種類が必要になります。

以下に管理人が作成した様式AからFをアップしますので、必要な方はダウンロードしてください。ちなみにエクセル形式ですのでご自由に加工ができます。

スポンサードリンク

リハマネ(Ⅰ)と(Ⅱ)で作成すべき書類

リハビリマネジメント加算(Ⅰ)の場合

  1. ニーズ把握票(興味・関心チェックシート
  2. 通所・訪問リハビリテーション計画書(アセスメント)
  3. 通所・訪問リハビリテーション計画書

ちなみに、通所・訪問リハビリテーション計画書の説明と同意は医師又はリハビリ職で可能です。

リハビリマネジメント加算(Ⅱ)の場合

  1. ニーズ把握票(興味・関心チェックシート
  2. 通所・訪問リハビリテーション計画書(アセスメント)
  3. 通所・訪問リハビリテーション計画書
  4. リハビリテーションカンファレンス会議録
  5. プロセス管理票
  6. 生活行為改善リハビリテーション実施計画書(必要に応じて)

ちなみに、通所・訪問リハビリテーション計画書の説明と同意は医師のみが可能です。生活行為改善リハビリテーション加算を算定する場合は、別途に生活行為改善リハビリテーション実施計画書の作成が必要になります。

様式A:ニーズ把握票(興味・関心チェックシート)

利用者のニーズを聞いて介護サービスを提供していくことが前提ですが、今回からはニーズ把握票を利用して、一律したアンケートが必要になるようです。これでニーズの漏れがある程度はなくなるかもしれません。ダウンロードはコチラから。

様式B:通所・訪問リハビリテーション計画書(アセスメント)

新書式の通所・訪問リハビリテーション計画書(アセスメント)は、主に方針を決めていくために利用されます。内容は従来のリハビリテーション実施計画書に似ていますので、書き方にはあまり迷わずに記入できると思います。

a.縦印刷の1枚まとめバージョン(ダウンロードはコチラ

縦バージョンは、アセスメントの書式を1枚に印刷できるようにしています。ですので、スッキリして使いやすくなっています。ですが、文字が小さすぎるので見にくいといったデメリットがあります。

老健協会からもエクセル形式で書式をダウンロードできるようになりましたが、私が作っている方が使いやすいと思います(笑)。

便利機能として、①年齢の自動入力(作成日と生年月日の情報から)、②チェックボックス使用(□or☑)、③リスト選択可能(性別、介護度、ADL,IADLの点数など)、④BIの採点方法、⑤HDS-Rの様式をつけています。

簡単な記入例の方も別シートに付けていますので、そちらを確認しながら記入してみてください。以下が実際の様式になります。

通所・訪問リハビリテーション計画書(アセスメント)

2.横印刷の2枚バージョン(ダウンロードはコチラ

横バージョンは、アセスメントの書式を2枚で印刷できるようにしています。ですので、大きく印刷することができ、とても見やすくなっています。厚労省が参考様式として掲載しているものも横の2枚形式です。

1枚に比べて印刷数が増え、管理が面倒ともいえます。こちらも簡単な記入例を別シートに付属しております。以下が実際の様式になります。

通所・訪問リハビリテーション計画書(アセスメント)2

通所・訪問リハビリテーション計画書(アセスメント)3

様式C:通所・訪問リハビリテーション計画書

こちらは様式Bで決めた方針をもとに、具体的な支援内容を書いていきます。一時間ごとに各職種で細かく書かないといけないので、見るからに面倒ですよね。まったく簡易化されてませんね。ダウンロードはコチラから。

通所・訪問リハビリテーション計画書

個人的には様式Bを表側に、様式Cを裏側に印刷して1枚にまとめています。利用者をファイルごとに管理して、様式は3カ月単位でシートを作ります。たとえば、Sheet1は「B2015.4」でSheet2は「B2015.7」とかです。要するに、B様式の2015年4月作成分って意味ですね。

あまりシートが増えすぎるとファイルが重くなって動作に支障をきたすので、一年おきに新しいファイルに作り替えたりしてます。一度作ってしまえば、状態は大きく変わらないので前回のシートを複製するだけで簡単ですしね。

様式D:リハビリテーションカンファレンス会議録

様式Dはリハビリテーションカンファレンス会議録ですが、従来のカンファレンス議事録などと変わりはないので、こちらはそう難しく考えなくてよさそうです。

パソコンで作るのは面倒なので、印刷したものに手書きで記入してもよさそうですね。リハマネ(Ⅱ)を算定する場合は必要な書類になります。ダウンロードはコチラ

様式E:プロセス管理票

プロセス管理票は、サービス提供に必要な過程をしっかりとこなしているのかの確認書類になります。はっきり言って、作る側の手間を増やすだけでしかない書類です。リハマネ(Ⅱ)を算定する場合は必要な書類になります。ダウンロードはコチラ

様式F:生活行為改善リハビリテーション実施計画書

こちらは生活行為改善リハビリテーションの加算をとる場合に作成が必要となります。ダウンロードはコチラ

運動器機能向上実施計画書(2015年版)の様式

今回の介護報酬改訂では、要支援の方は利用料が大幅な減算改定こそあったものの、内容には大きな変更はほとんどありませんでした。

ですので、従来通りの計画書で問題ないのですが、改定された通所リハビリテーション計画書に近い形式で作り直しましたので必要な方は使ってみてください。ダウンロードはコチラ

まとめ

現在、介護報酬改訂に伴う書式変更で四苦八苦されている事業所の方も多くいらっしゃるのではないかと思います。私も同じ境遇であり、どのように進めていくべきか考えながら模索している状況です。

今後も厚労省の発表やQ&Aを見ながら随時更新していきたいと思いますので、興味がある方はチェックをお願いいたします。

読んでおきたい一冊(amazon)


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme