PT協会の代議員選挙に立候補しました。

vc

お疲れ様です。リハトラネット管理人の中尾です。

この度、どうせ無選挙だろうと安易に考えて代議員選挙に立候補しましたが、長崎は定数7名に対して8名が立候補していました。

そして無事に選挙が行われることになったわけですが、これは完全に予想外だったわけで、正直なところ勝てる見込みはありません^^;

前回は無選挙だったので、今回は誰にどれぐらいの票が入るかを確認して、次回はそれよりも入るように準備してから臨もうと思います。

47の都道府県があるうち、立候補者が定数を上回ったのはわずか12であり、他はすべて無選挙での当選となります。

前回の投票率は13%未満だったので、ほとんどのPTが興味もないだろうイベントだと思いますが、私はワケあって立候補することにしました。

立候補の趣旨にも書きましたが、今回の選挙で代議員の407名が決定しますが、そんなに必要もないと考えたからです。

ふわっとしたことを書くよりも、「こういう案を出す」とか「こういうことに投票する」とかを述べたほうが投票するほうもわかりやすいですよね。

代議員になるとPT協会と厚労省のディープな話(これからのリハビリ職はどうなるのか)も聞けるようなので、それをもっと広められる役割を担いたいです。

まあどうなるかはわかりませんが、興味がある方は結果だけ楽しみにしておいてください!(0票だったら笑ってください)


理学療法士にFIREは可能か

vc

他の記事も読んでみる

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme