vc

アキレス腱断裂のリハビリ治療

アキレス腱断裂縫合術後のリハビリ治療に関する目次は以下になります。

アキレス腱断裂の概要

アキレス腱(Achilles tendon)は別名で踵骨腱とも呼ばれており、下腿三頭筋(腓腹筋とヒラメ筋の総称)が踵骨隆起に停止する際の名称を意味しています。

他の筋肉はすべて筋肉名のあとに腱をつけるだけなのに対して、下腿三頭筋の停止部のみにアキレス腱といった固有名詞が与えられたのは、ギリシャ神話のアキレウスがあまりにも有名だからでしょう。

名前の由来は弁慶の泣き所と同じで、最強の超人である英雄アキレウスの弱点が下腿三頭筋の停止腱であったことからアキレス腱と名付けられています。

そんなアキレス腱は筋肉の腱としては人体の中で最も強靭かつ大きな腱であり、その長さは15センチほどになります。

断裂した際は弾けるような音がし、くらはぎへ強い衝撃を感じるとともに痛みが生じます。断裂後は足趾で立つことが困難となり、断裂部分で凹(へこみ)を触診できます。

30〜40歳代のスポーツ習慣者に発生することが多く、バレーボールやバドミントン、テニス、ソフトボールといった種目が好発しやすいです。

それ以上の年代になると突発的な外力が加わることで起こりやすく、場合によっては日常生活の中で受傷しているケースもあります。

アキレス腱断裂

アキレス腱断裂の大部分は血流が乏しい部位(踵骨に付着する部位より4-6㎝近位)に多く発生します。次いで、筋腱移行部に発生しやすく、踵骨付着部での断裂は稀です。

受傷前にはアキレス腱の部分断裂を伴っていることが多く、断裂する2週間ほど前からアキレス腱に痛みを感じていることが多々あります。

また、中年のスポーツマンでは不十分な準備運動(練習不足)で急激な動きを伴った際に、一気に切れてしまうこともあるので注意が必要です。

アキレス腱の脆弱部位

リスクと合併症

前述したように、アキレス腱に部分断裂が生じている場合、そのまま放置すると数週間後には完全に断裂してしまいます。

また、部分断裂を起こした際に適切な治療が行われないと、断裂周囲に瘢痕組織が形成され、慢性的な痛みが生じる場合もあります。

断裂した場合は強固な縫合手術法を選択したうえで早期の荷重と可動域運動を開始することにより、スポーツ復帰が可能となります。

近年では、患者の年齢や生活状況を考慮して保存療法を適応する場合も多くなってきています。しかしながら、アキレス腱は再断裂の発生率が高く、ギプス除去後の比較的早期に再断裂が発生しやすいです。

通常は6週間ほどでおおむね修復されますが、損傷部位を新しく埋めた膠原線維が以前のような強度を得るためには、数カ月から数年を要すことになります。

手術療法と保存療法の違いについて、以下の表にまとめています。

  手術療法 保存療法
固定期間 4~8週間 6~10週間
スポーツ復帰 6~9カ月 7~9カ月
再断裂 10%未満 20%未満
費用 高い 安い
その他 神経損傷や感染などの合併症リスクあり 手術による合併症リスクなし

ギプス固定中のリハビリテーション

アキレス腱断裂に対する下腿ギプス固定では、下腿三頭筋が弛緩位となる足関節底屈位での固定が原則です。通常は底屈40度ほどで固定します。

下腿三頭筋は第二の心臓と呼ばれるように血液の循環に大きく関与しているため、筋収縮がなくなると循環障害にて下腿に浮腫が生じ、浮腫は拘縮を加速させる原因となります。

そのため、下腿の浮腫を予防するために患部外トレーニングや患側下肢挙上保持を積極的に実施し、末梢循環の改善に努める必要があります。

具体的には、足趾の自動運動(タオルギャザーなど)やストレッチングを行います。

ギプス除去後のリハビリテーション

ギプス除去は術後から約2週間ほど経過してからですが、この時期はまだ瘢痕未成熟期であるため、アキレス腱に負荷をかけたトレーニングは望ましくありません。

そのため、他動的な足関節の背屈運動は実施せず、ヒラメ筋や腓腹筋のダイレクトストレッチングや縫合部の皮下滑走性を改善するためのリハビリを行います。

ギプス除去後も過剰に安静を保ち続けると、不動化による血流障害によりさらなる腱や靱帯の弱化を招くおそれもあります。

なので、できる限りに筋活動を伴った関節運動を行い、筋血流の増加による関節周囲組織の修復促進を図ります。耐久性について医師に確認しながら、適切な負荷で伸張性を高めていきます。

部分荷重期について

術後3〜6週間は瘢痕安定期と呼ばれており、部分荷重が開始されていきます。また、踵の下に2センチほどの補高を入れておき、徐々に高さを減らしてアキレス腱への負荷を高めていきます。

荷重トレーニングでは、まずは立位にてキャスター付きボードを患側下肢で前後に移動させる練習から開始していきます。

状況に応じてチューブエクササイズによる低負荷な下腿三頭筋のトレーニングを実施し、低負荷のエアロバイクなども実施を検討していきます。

負荷量の目安としては、腱や筋肉に痛みが起こらない範囲とし、翌日まで疲労が残るような運動は控えるように調整します。

アキレス腱炎,リハビリ,方法,セラバンド,ゴムチューブ

独歩が可能となる時期について

術後6週間以降は再構築期と呼ばれており、全荷重が開始されていきます。この時期はまだ補高を入れておき、問題がないようであれば術後8週ほどで除去します。

足関節をコントロールしながら荷重をかけられる状態になり、腱の強度も十分と判断されたら、両足でのつま先立ちや階段昇降などのリハビリを開始していきます。

最終的には片脚でのつま先立ちやしゃがみ込みなどを行い、足関節の背屈制限をできる限りに改善するように努めていきます。

スポーツ復帰の目安時期

手術療法か保存療法かによって治癒に要する期間やスポーツ復帰時期の目安は異なります。

しかしながら、本格的なスポーツ復帰を目指す場合は手術が適用されますので、目安とされる期間は術後6ヶ月程度といえます。

ギプス除去後は水泳などの体重をかけない運動を始めることができるので、水中でのトレーニングを開始することができます。

そこから徐々にアキレス腱への負荷がかかるトレーニングや復帰種目の特異動作を実施し、半年後のスポーツ復帰を目指していきます。

膠原線維の密度や配列などの再構築は半年から長くて数年をかけて完成されていくものなので、痛みや疲労感のない範囲で進めていくようにお願いします。

読んでおきたい一冊(amazon)

アキレス腱炎/スポーツ理学療法学 競技動作と治療アプローチスポーツ理学療法学 競技動作と治療アプローチ
赤坂清和(監修):2014-03-03
【紹介文】本書は、野球、サッカー、陸上競技など、各種目でみられるスポーツ外傷・障害の発生原因とその治療について、そのスポーツの基礎・特徴を紹介しています。スポーツ理学療法の初心者にもわかりやすい一冊です。

お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme