カイホロードシスの原因と治し方

vc

不良姿勢の代表である「カイホロードシス」の原因と修正方法について、わかりやすく解説していきます。

カイホロードシスとは

カイホロードシスは、①腰椎前弯の増強(骨盤前傾)、②胸椎後弯の増強(頭部前方位)、③下部体幹の前方変位となっている状態をいいます。

よく見られる原因としては、不良姿勢の持続や低身長、肥満、妊婦、腹筋群が弱化している女性に多い傾向にあります。

肥満や妊婦ではお腹が前に出ますが、下部体幹が前方変位した状態では重心が前方に移動するので、後方(中心)に戻そうと腰椎が伸展します。

さらに腰椎より上方の胸椎は屈曲を増すことで立位のバランス(脊柱カーブ)をとり、頭部は前方変位した状態となります。

腰痛との関係

カイホロードシスは立位で腰椎が伸展するため、長時間の立位では椎間関節に疲労が蓄積して椎間関節障害を起こしやすくなります。

椎間関節に炎症が生じると腰痛が発生し、さらに治癒過程で関節包が縮小して関節拘縮を招いてしまうことも多いです。

骨盤が前傾しており、そこに腰椎伸展が加わると剪断力が強まり、前縦靭帯が受け止めきれなくなると腰椎変性すべり症を引き起こします。

膝痛との関係

カイホロードシスでは足関節が背屈位をとるため、足底前方に荷重が乗りやすく、外反母趾や足部外反、扁平足になりやすい傾向にあります。

足部外反(回内足)があるヒトでは、変形性膝関節症(O脚)や内側半月板損傷、鵞足炎などを誘発しやすいです。

カイホロードシスではアナトミー・トレインのDFLが緊張している場合が多く、大腿骨内旋と下腿骨外旋といった膝の捻れが起こります。

下腿外旋症候群(脛骨過外旋)は、立脚後期に足部外反が生じるケースで発生しやすいことがわかっています。

単純に足部が外反するだけでは膝関節も外反しそうですが、実際には歩行時に外反すると脛骨は外旋して下肢は外方に傾斜していきます。

そうすると膝関節内側の圧が高まることになり、ストレスが繰り返されることで内側半月板損傷の原因になります。

膝が捻じれた状態で膝関節の屈伸が繰り返されることにより、鵞足と内側側副靱帯が擦れることで鵞足炎は生じます。

肩痛との関係

カイホロードシスではDFLが緊張している状態にあることは前述しましたが、同時にSFALやDFALも緊張していることが多いです。

理由としては、胸椎前方の筋肉を働かせることで脊椎カーブのバランスをとるため、大胸筋や小胸筋などが硬くなりやすいです。

このラインが緊張すると肩甲骨のモビリティが低下し、肩こりや肘外側の痛み、前腕の筋膜タイトに伴う第1指や第2指のしびれを起こします。

他にも、筋膜性疼痛と強く関連している腱鞘炎や手根管症候群、変形性指関節症、ばね指などを引き起こすリスクを高めます。

起こりやすい障害

  1. 椎間関節障害
  2. 腰椎変性すべり症
  3. 筋筋膜性疼痛
  4. 変形性膝関節症(O脚)
  5. 足部外反(扁平足)
  6. 肩こり etc.

カイホロードシスの治し方

カイホロードシスは胸椎後弯の増強によって、胸部脊柱起立筋が延長・弱化しているために筋力強化が必要となります。

大胸筋や小胸筋といった胸部前方の筋肉、または肩甲骨上部に付着する肩甲挙筋や僧帽筋上部のリラクゼーションも同時に行います。

不良姿勢の持続(お腹を前に突き出した立位姿勢)も障害を起こす原因となるので、負担のかかりにくい姿勢について指導していきます。

肥満や腹筋群の弱化といった要因もカイホロードシスを引き起こすので、できる限りに整えていくことが大切です。

腸腰筋の緊張は骨盤前傾を強めることになるので、骨盤後傾のモビリティを獲得できるように動作練習を行っていきます。


他の記事も読んでみる

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme