vc

ハムストリング(大腿二頭筋,半膜様筋,半腱様筋)

ハムストリングに関する充実したデータをここでは閲覧できます。目次は以下になります。

ハムストリングとは

ハムストリング(hamstring)は大腿後面に位置する筋肉で、①大腿二頭筋、②半膜様筋、③半腱様筋の総称です。

太もも(ハム)の腱(ヒモ=ストリング)を形成することが名前の由来です。大腿二頭筋の短頭以外は二関節筋であり、股関節伸展に作用します。

ハムストリング②

①大腿二頭筋の概要

大腿二頭筋(biceps femoris)は起始部が2頭に分かれており、短頭は大腿骨から、長頭は坐骨結節から起始しています。

ハムストリングの中で外側に位置するため、外側ハムストとも呼ばれます。内側ハムスト(半腱様筋と半膜様筋)に比べて遅筋線維が豊富なのも特徴です。

長頭は筋腹が上方に存在するため、膝関節屈曲よりも股関節伸展への貢献度が高くなっています。

 1.前方から見た大腿二頭筋
大腿二頭筋|正面
 2.側方から見た大腿二頭筋
大腿二頭筋|側面
 3.後方から見た大腿二頭筋
大腿二頭筋|後面
支配神経 ①長頭:脛骨神経
②短頭:総腓骨神経
髄節 L5-S1(長頭・短頭)
起始 ①長頭:坐骨結節
②短頭:大腿骨粗面の外側唇の中部1/3と外側筋間中隔
停止 腓骨頭
栄養血管 貫通動脈、膝窩動脈、下殿動脈
動作 股関節の伸展,内転、膝関節の屈曲、下腿の外旋
筋体積 317㎤
筋線維長 8.9㎝
速筋:遅筋(%) 33.1:66.9
スポンサードリンク

大腿二頭筋の痛みとトリガーポイント

大腿二頭筋のトリガーポイントはどちらも筋腹あたりに存在し、大腿外側後面から膝窩にかけて深部に痛みが出現します。

ハムストリングや腓腹筋の筋筋膜障害では、膝関節の伸展が7度以上制限される場合もあります。

大腿二頭筋長頭のトリガーポイントと関連痛領域

大腿二頭筋はSPL(スパイラル・ライン)といった筋膜経線上に存在しています。

大腿二頭筋の筋膜経線

大腿二頭筋の触診方法

1.長頭の触診

写真では、下腿の外旋運動を強調しながらの膝屈曲運動にて、大腿二頭筋長頭の内縁を触診しています。

自己触診:大腿二頭筋長頭

2.短頭の触診

写真では、股関節を過伸展、膝関節を100°程度屈曲した肢位からの膝関節屈曲運動にて、大腿二頭筋短頭を触診しています。

自己触診:大腿二頭筋短頭

大腿二頭筋の個別ストレッチング

長坐位にて片脚を屈曲させ、ストレッチ側の脚を外転位とします。その状態で体幹を前屈します。膝関節をやや屈曲すると近位部をより伸張できます。

大腿二頭筋,ストレッチ,方法,個別

②半膜様筋の概要

半膜様筋(semimembranosus)はハムストリングの中で最も体積が大きく、半腱様筋よりも内側に位置しています。

筋腹が下方に存在するため、股関節伸展よりも膝関節屈曲への貢献度が高く、膝関節屈曲への最大の貢献筋になります。

 1.前方から見た半膜様筋
半膜様筋|正面
 2.側方から見た半膜様筋
半膜様筋|側面
 3.後方から見た半膜様筋
半膜様筋|後面
支配神経 脛骨神経
髄節 L5-S2
起始 坐骨結節
停止 脛骨の内側顆、顆間線および外側上顆、斜膝窩靱帯
栄養血管 大腿深動脈、殿動脈
動作 膝関節の屈曲、下腿の内旋(膝屈曲時)、股関節の伸展
筋体積 347㎤
筋線維長 7.5㎝
速筋:遅筋(%) 50.0:50.0

半膜様筋の触診方法

膝関節の屈曲運動にて、半腱様筋と半膜様筋の両筋を区別します。(大腿部の中心にある腱が半腱様筋、外側にあるのが半膜様筋)

半膜様筋は関節包や内側半月板にも線維を送るため、関節包の張りや半月板の運動にも直接的に関与する特殊な筋になります。

自己触診:半膜様筋

③半腱様筋の概要

半腱様筋(semitendinosus)は半膜様筋を覆うように走行し、合わせて内側ハムストと呼ばれています。腱部では縫工筋と薄筋と鵞足を形成します。

半腱様筋はハムストリングの中で最も筋線維が長いため力学的効率が悪く、体積も小さいので関節運動への貢献度が低くなっています。

そのため、膝前十字靭帯を断裂した場合に半腱様筋腱を切断し、前十字靭帯の代わりとして再建する手術として利用されます。

 1.前方から見た半腱様筋
半腱様筋|正面
 2.側方から見た半腱様筋
半腱様筋|側面
 3.後方から見た半腱様筋
半腱様筋|後面
支配神経 脛骨神経
髄節 L5-S2
起始 坐骨結節の内側面
停止 脛骨粗面の内側(鵞足を形成)
栄養血管 下殿動脈、貫通動脈
動作 膝関節の屈曲、下腿の内旋(膝屈曲時)、股関節の伸展
筋体積 212㎤
筋線維長 9.1㎝
速筋:遅筋(%) 50.0:50.0

鵞足を構成する筋肉

脛骨近位内側では、①縫工筋、②薄筋、③半腱様筋の腱が扇状に付着しており、その形態が鵞鳥の足に似ていることから鵞足と呼ばれます。

鵞足は膝関節の屈伸運動にて内側側副靭帯(前方線維)との間で摩擦が起きるため、ランニングなどで刺激が繰り返されると炎症を起こすことがあります。

炎症は腱の付着部または鵞足滑液包に起こり、それらを総称して鵞足炎と呼びます。症状は主に鵞足部の疼痛(圧痛)です。

鵞足

半腱様筋の触診方法

写真では、下腿の内旋を強調した膝関節の屈曲運動にて、半腱様筋を筋腱移行部で触診しています。視覚的にもはっきりと確認することができます。

自己触診:半腱様筋

内側ハムストの痛みとトリガーポイント

半膜様筋や半腱様筋の関連痛は、殿部から下腿後面内側にかけて筋の走行に沿いながら出現します。

半膜様筋と半腱様筋のトリガーポイントと関連痛領域

ハムストリングはSBL(スーパーフィシャル・バック・ライン)といった筋膜経線上に存在しています。

体幹前屈動作においてハムストリングの柔軟性は重要となりますが、筋肉ではなく筋膜の硬さも制限因子のひとつとなります。

そのため、筋膜でつながっている短趾屈筋の緊張を緩めることで、結果的にハムストリングの柔軟性が向上して前屈動作の可動域を上げることも可能です。

アナトミートレイン|SBL|スーパーフィシャル・バック・ライン

半腱様筋/半膜様筋の個別ストレッチング

長坐位にて片脚を屈曲させ、ストレッチ側の脚を内転位とします。その状態で体幹を前屈します。膝関節をやや屈曲すると近位部をより伸張できます。

半腱様筋,半膜様筋,ストレッチ,方法

ハムストリングスの運動貢献度(順位)

貢献度 股関節伸展 膝関節屈曲
1位 大殿筋 半膜様筋
2位 大腿二頭筋(長頭) 半腱様筋
3位 大内転筋 大腿二頭筋
4位 半膜様筋 腓腹筋
5位 半腱様筋 薄筋

※股関節伸展は外側ハムスト(大腿二頭筋)が、膝関節屈曲は内側ハムスト(半膜様筋、半腱様筋)が大きく貢献します。

大腿の断面図

大腿中央を断面でみた場合、ハムストリングは後区画に位置しており、筋間中隔によって遮られています。

短頭は外側の筋間中隔より起始しており、長頭に比べて筋面積も狭いために筋出力はそれほど高くありません。

大腿中央の断面図|ハムストリング

ハムストリングの歩行時の筋活動

遊脚終期(TSw)から膝関節伸展の減速のために遠心性に収縮し、荷重応答期(LR)まで活動して股関節の伸展を補助します。

また、LRでは大腿四頭筋と同時収縮を行うことにより膝関節を安定させます。

ハムストリングの歩行時のの筋活動
歩行時の筋活動|ハムストリング

ストレッチ方法

①下腿を内旋位に持って行くことで大腿二頭筋を、下腿を外旋位に持っていくことで半腱様筋、半膜様筋を選択的に伸張することができます。
ハムストリング,ストレッチ,方法
②真っ直ぐにした脚を大きく広げて座り、体幹を伸展位に保って上体を前傾させます。膝の裏側の筋肉が張っている状態を感じながら実施します。
ハムストリング,ストレッチ,方法,座位

筋力トレーニング

① 腹臥位にてお尻を挙上していきます。膝関節の屈曲角度が増すと大殿筋が強く働くため、屈曲は浅めにして実施します。
ブリッジング,ハムスト,筋トレ,方法
②上記の運動を片脚で行うことでより負荷をかけて実施できます。
大腿二頭筋,筋トレ,方法
③ゴムチューブを脚にかけて膝関節を屈曲していきます。
半膜様筋,半腱様筋,筋力トレーニング,方法
④重錘を足首に付けて腹臥位で膝関節屈曲を行います。負荷は低めですが、他の運動と比較して代償運動が少なく実施できます。
重錘,ハムストリング,筋トレ,方法,膝関節屈曲

マッサージ方法

腹臥位をとってもらい、術者は四指を曲げた状態(ナックル)で坐骨結節の内側面に置き、各筋肉の停止部に向かってストリッピングしていきます。

その過程で硬結部を発見したら、その都度に両ナックルでクロスファイバーストロークを用いてほぐしていきます。

筋全体がある程度に緩んできたら、両母指で丁寧にストリッピング、フリクションを行いながら、細かな硬結部を見つけてリリースしていきます。

ハムストリング

お勧めの一冊

筋肉の走行を見ながら触診やマッサージ方法を学ぶことができるベストセラー書です。付属のDVDで実際の流れを見て覚えることができるのでお勧めです。


お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme