フラットバック(平背)の原因と治し方

マイナビコメディカル

不良姿勢の代表である「フラットバック(平背)」の原因と修正方法について、わかりやすく解説していきます。

フラットバックとは

フラットバックは、①骨盤中間位〜後傾位(前傾位の場合もある)、②上位胸椎屈曲、③下部体幹の後方変位となっている状態をいいます。

身長の高い痩せ型のヒトに多い姿勢であり、座位または立位で上位胸椎の屈曲(前かがみ)が持続している場合に生じやすいです。

また、腸骨稜の高さが正常よりも高い位置にある(ベルトラインから腸骨稜が2㎝以上高い)と、構造学的に腰椎の前弯が減少することになります。

骨盤後傾(下部体幹が後方変位)した状態では後方に倒れるので、フラットバックでは上位胸椎を屈曲させることで上半身を前方に戻します。

腰痛との関係

フラットバックでは骨盤が後傾し、さらに腰椎が屈曲しやすい状態にあるので、椎間板に加わる圧が高い状態にあります。

また、脊椎が平坦化しているので彎曲によるクッション作用が消失しており、椎間板症や椎間板ヘルニアを誘発しやすくなっています。

頚痛との関係

フラットバックは座位または立位姿勢で上位胸椎の屈曲(前かがみ)が持続している人に生じやすい姿勢でもあります。

上位胸椎が屈曲することで頭部は前方位となり、腰椎と同様に頚椎にも椎間板症が起こりやすくなります。

椎間板が潰れてしまっている箇所は椎間関節の負担が増加することになり、椎間関節障害のリスクも高まることになります。

また、胸椎後弯が増強すると上肢挙上時に肩甲骨の外旋と後傾が減少するため、肩峰下インピンジメントを起こしやすい状態にあります。

起こりやすい障害

  1. 頚椎椎間板症(膨隆)
  2. 頚椎椎間関節障害
  3. 腱板損傷
  4. 腰椎椎間板症(膨隆)
  5. 腰椎椎間板ヘルニア etc.

フラットバックの治し方

フラットバック姿勢は、腹直筋やハムストリングスが硬くなりやすい傾向にあります。

そのため、長座位で骨盤を前傾させてハムストリングスの伸張、端坐位で骨盤を前傾させる運動を実施します。

脊柱起立筋の筋力低下はほとんど起こりませんが、腸骨筋は弱化していることが多いので、座位での交互股関節屈曲による運動を行います。


お薦めのリハビリ本

vc

他の記事も読んでみる

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme