vc

フラットバック(平背)の原因と治し方

骨盤がやや後傾しており、脊椎が平坦化している姿勢を専門用語でフラットバック(平背)といいます。

痩せ型に多い姿勢であり、正常の脊椎はS字に彎曲しているのに対して、彎曲があまりない状態となります。

ここではフラットバックの原因とその修正方法について解説していきます。

フラットバックを引き起こす筋肉

フラットバック(脊椎平坦型)

痩せ型に多い姿勢であり、腰椎前彎は減少、下位胸椎は平坦、上位胸椎は後彎して頭部前方位の状態となります。

脊椎が平坦化すると何が問題かというと、彎曲に伴うクッション作用が消失するため、椎体や椎間板への衝撃が増加します。

そうすると椎間板症や椎間板ヘルニア、椎体圧迫骨折などの発生リスクが高くなることにつながります。

姿勢を修正するためには、脊柱起立筋や腸骨筋を鍛えて腰椎前彎を作り、ハムストリングスをストレッチングすることが必要です。

強化①:脊柱起立筋

筋力強化:脊柱起立筋

脊柱起立筋の筋力トレーニングは様々ありますが、腰椎の前彎を作るのが目的なので、できる限りに理想のアライメントで筋収縮を行います。

ここで紹介するのは腹臥位での上体反らしですが、腰椎の前彎がしっかりと出ているかを確認しながら運動をしていくことが大切です。

強化②:腸骨筋

筋力強化:腸骨筋

腸骨筋の主な作用は股関節の屈曲ですが、弱化していると骨盤が後傾してしまい、腰椎の前彎を減少させる原因となります。

鍛えるためには足首に重りを巻き、足を持ち上げる(股関節を屈曲する)ことで筋収縮を引き出せます。

目的は骨盤を前傾させて腰椎の前彎を引き出すことなので、腰部にベルトを巻いて滑車を用いて重りを付けることで、理想のアライメントでトレーニングすることが有効な方法といえます。

伸張①:ハムストリングス

伸張:ハムストリングス

ハムストリングスは健常者でも非常に硬くなりやすい筋肉なので、日頃からストレッチングしておくことは大切です。

方法としては、長座位からの前屈運動を行うことで、太ももの裏が張る感覚を意識しながら実施してください。

伸張②:腹筋群

伸張:腹筋群

腹筋群が硬くなることはほとんどありませんが、背骨を伸ばすことはフラットバックの修正において有効な手段です。

そのため、腹臥位から両手を付いて肘を伸ばしていき、なるべく腹部が床から離れないようにしながら腰椎を伸展してください。

おわりに

フラットバックは椎間板症や椎間板ヘルニアを発生してから受診してくるケースが多いため、運動時に痛みを伴うことも多いです。

なので、状態に応じながら無理のない範囲で運動を行うようにし、腰椎の前彎が獲得できるようにアプローチしていくことが大切です。


他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

ピックアップ記事

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme