vc

中斜角筋

この記事では、中斜角筋(scalenus medius)に関する充実したデータを閲覧できます。

中斜角筋の解説

中斜角筋の起始停止

中斜角筋は、斜角筋群の中で筋体積が最も大きい筋肉であり、名前の通りに3つの中で真ん中に位置しています。

前斜角筋と共に斜角筋隙を構成しているため、しばしば上肢のしびれを引き起こす原因の筋肉となっています。

基本データ

支配神経 頚神経叢および腕神経叢
髄節 C3-8(又はC2-8,C4-8
起始 2-7頸椎(又は1-7)の横突起の後結節
停止 1肋骨周辺に広く停止
栄養血管 上行頸動脈(下甲状動脈の枝)
動作 1肋骨の挙上

頸椎の屈曲と側屈(同側)

筋体積 11.0
筋線維長 6.0
速筋:遅筋(%) 70.030.0 ※斜角筋群のデータ
連結:肩甲挙筋、前斜角筋、後斜角筋

運動貢献度(順位)

貢献度

頸部屈曲

頸部側屈

1 斜角筋群 胸鎖乳突筋
2 舌骨下筋群 斜角筋群
3 椎前筋群 脊柱起立筋
4 板状筋群

中斜角筋の触診方法

中斜角筋の触診方法

写真では、頸部を反対側に回旋させて胸鎖乳突筋を膨隆させ、その外方から鎖骨上に指をあてて中斜角筋を触診しています。

指を少し左右に動かすと前斜角筋と中斜角筋の隙間(斜角筋隙)が確認できるので、その後方が中斜角筋になります。

斜角筋隙には鎖骨下動脈が通過しており、指が触れることで拍動を触知できるため、慣れると間違わずに簡単に触診できます。

ストレッチ方法

中斜角筋のストレッチング

中斜角筋の後方で鎖骨下に指を入れて第1肋骨を引き下げ、反対側に頸椎を伸展側屈させていきます。

斜角筋群の解説

斜角筋(scalenus)は、前・中・後の3つの筋肉から構成される筋群で、頸椎の前側方に位置する深層筋になります。

第1肋骨と第2肋骨を引き上げることにより胸郭を拡大させ、息を吸い込む作用を持っており、横隔膜の補助筋として働きます。

平常時の呼吸は横隔膜の収縮と弛緩でほとんどが事足りるため、斜角筋が関与することはありません。

しかし、運動後などで酸素が足りなくなっている場合は、より多くの酸素を取り込むために斜角筋などの呼吸補助筋が活動します。

そのため、普段から活動している筋肉ではないことから、斜角筋は速筋線維の割合がとても多くなっています。

基本的には肋骨を引き上げる筋肉ですが、停止部の肋骨が固定されている場合は、頚椎を屈曲させる方向に働きます。

片側のみが収縮する場合は頚椎の側屈(同側)に働き、胸鎖乳突筋の補助筋として貢献します。

斜角筋隙と斜角筋症候群

斜角筋隙(別名:斜角筋三角)は、①前方を前斜角筋、②後方を中斜角筋、③下方を第一肋骨にて構成する三角形の空間です。

斜角筋隙には鎖骨下動脈と腕神経叢が通過しているため、強く圧迫すると不快感を訴えることになります。

上肢の挙上を繰り返す作業などで斜角筋群に負担がかかりすぎると、筋肉が肥厚してしまい、斜角筋隙が狭小化する場合があります。

狭小化すると、鎖骨下動脈と腕神経叢を圧迫し、上肢に痛みや痺れを起こします。その状態を斜角筋症候群と呼びます。

斜角筋群が補助的に吸気に作用することは前述しましたが、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などの呼吸器疾患が存在すると緊張が高くなりやすく、斜角筋症候群が発生しやすいです。

関連する疾患

  • 斜角筋症候群
  • 上位型腕神経叢麻痺(エルブ麻痺)
  • 下位型腕神経叢麻痺(クルムプケ麻痺)
  • 第1肋骨疲労骨折
  • 胸郭出口症候群 etc.

お勧めの記事はコチラ

スキルアップするための情報はコチラ

スポンサードリンク

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在はフリーランスとして活動しています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme