中間広筋

この記事では、中間広筋(vastus intermedius)に関する充実したデータを閲覧できます。

中間広筋の概要

中間広筋の起始停止

中間広筋は大腿前面深層に位置しており、大腿四頭筋の中で膝関節伸展への貢献度が最も高い強力な筋肉になります。

中間広筋の中央部深側からは膝関節筋が分岐しており、こちらは膝蓋骨ではなく膝蓋上包に停止しています。

膝蓋骨に付着する筋線維束を中間広筋、膝蓋上包に付着する筋線維束を膝関節筋と覚えておくと理解しやすいです。

膝関節筋

基本データ

支配神経 大腿神経
髄節 L2-4
起始 大腿骨の前面および外側面
停止 ①膝蓋骨の上縁

②膝蓋腱を介して脛骨粗面に付着

栄養血管 大腿動脈
動作 膝関節の伸展
筋体積 606
筋線維長 7.4
速筋:遅筋(%) 50.050.0

運動貢献度(順位)

貢献度

膝関節伸展

1 中間広筋
2 外側広筋
3 内側広筋
4 大腿直筋

ストレッチ方法

中間広筋はほとんど短縮することがない筋肉のため、基本的にストレッチは必要ありません。

しかしながら、中間広筋が硬くなっていると膝蓋上包が引き上げられないために、膝関節痛を躍起させる原因となります。

そのため、徒手的にマッサージをして柔軟性を確保しておくことが大切です。

筋力トレーニング

中間広筋の筋力トレーニング

体幹が前傾してしまうと効果が弱くなるので、上体が曲がらないように意識しながらスクワット運動を行います。

圧痛点と関連痛領域

中間広筋のトリガーポイントと関連痛領域

中間広筋のトリガーポイント(TP)は起始側に発生し、表層を覆っている大腿直筋の圧痛点の真下に出現します。

関連痛は膝関節ではなく、大腿上部から鼡径部外側に起こることが多いです。


他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

セラピストが副業で稼ぐ方法

vc

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme