仙腸関節障害のリハビリ治療

vc

仙腸関節障害のリハビリ治療について、わかりやすく解説していきます。

仙腸関節の概要

仙腸関節は仙骨と腸骨から構成される平面関節で、前方は前仙腸靱帯、後方は後仙腸靱帯により強固に連結しています。

そのため、仙腸関節の動きは非常にわずかですが、骨盤に関節をひとつ挟むことでスムーズな歩行を実現させている重要な関節でもあります。

後仙腸靭帯には多裂筋の浅層部が付着しており、仙結節靭帯に付着する大殿筋と仙腸関節上で連結しています。

仙腸関節障害による疼痛は基本的に殿部(仙腸関節付近)に現れますが、多裂筋表層に攣縮が起こると停止のある腰椎棘突起にも痛みが起こります。

多裂筋深層線維

多裂筋深層に攣縮が生じると、椎間関節包に付着していることから、椎間関節に圧痛を認めることになります。

L5/Sの椎間関節障害では約7割に殿部痛が認められるため、仙腸関節障害と鑑別することが必要です。

仙腸関節の動き

仙腸関節は仙骨が前屈方向と後屈方向に動きますが、前者をニューテーション、後者をカウンターニューテーションといいます。

ニューテーション

ニューテーションは、仙骨の前屈(厳密には仙骨の前傾と腸骨の後傾)であり、仙腸関節を締める動きになります。

カウンターニューテーション

カウンターニューテーションとは、仙骨の後屈(厳密には仙骨の後傾と腸骨の前傾)であり、仙腸関節を緩める動きになります。

ちなみに、カウンターニューテーションを制限する靱帯は後仙腸靱帯であり、多裂筋の表層線維も間接的に関与しています。

慢性的に仙骨が後屈位にあると骨盤は不安定な状態となり、その動きを制限する後仙腸靱帯はストレスで損傷して痛みが生じます。

仙腸関節が動く距離

仙骨

仙腸関節は平面関節ではありますが、関節面は非常に不規則な形状をしており、それらがはまり込んでいるために可動性は乏しいのが特徴です。

仙骨が腸骨に対して前屈する可動域は約1.3度、後屈する可動域は約1.7度、距離にすると約1〜2㎜と非常に僅かなものです。

そんな僅かな動きで何に貢献するかというと、歩行時に体幹重量と床反力が収束する際に負担を分散する作用を担っています。

関節内には滑液が存在しており、動きもあるために動的関節に属します。

仙腸関節障害の症状

仙腸関節障害の主な症状は、仙腸関節に沿った殿部痛ですが、4割には大腿外側部痛、2割には鼡径部痛が出現します。

仙腸関節障害は大きく分けると、①ニューテーションによる痛み、②カウンターニューテーションによる痛みの二種類です。

ニューテーションによる痛みは、仙腸関節に付着する多裂筋表層などの攣縮による影響が強いと考えられます。

カウンターニューテーションによる痛みは、仙骨が後屈位でロックされるいわゆるギックリ腰の状態にあります。

ニューテーションによる痛み

ニューテーションによる仙腸関節痛は、緊張姿勢(ロードシス)に発生しやすい傾向にあります。

腸骨を前傾させる大腿直筋や大腿筋膜張筋は硬くなりやすく、後傾させる大殿筋やハムストリングスは弱化しています。

荷重時痛が強いために跛行を呈しやすく、仙腸関節に付着する多裂筋表層は攣縮し、殿部から大腿外側にかけての痛みを訴えやすいです。

治療では、①患側の寛骨前傾誘導(後傾させる筋肉のリリース)、②非患側の寛骨後傾誘導(前傾させる筋肉のリリース)を行います。

カウンターニューテーションによる痛み

カウンターニューテーションによる仙腸関節痛は、弛緩姿勢(スウェイバック)に発生しやすい傾向にあります。

治療では、①患側の寛骨後傾誘導(前傾させる筋肉のリリース)、②仙骨前傾誘導(脊柱起立筋の強化)を行います。

問題の根本には不良姿勢が関与していますので、スウェイバックを修正していくように体幹をトレーニングしていくことも大切です。

女性(妊婦)は出産に備えて骨盤周囲の靭帯が緩くなっており、産後のしばらくは仙腸関節が不安定となっています。

靭帯の緩みが戻るまでの間は骨盤ベルトを使用して仙腸関節の動きを止めることにより、仙腸関節の痛みをやわらげることができます。


他の記事も読んでみる

勉強になる情報をお届けします!

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme