円回内筋

この記事では、円回内筋(pronator teres)に関する充実したデータを閲覧できます。

円回内筋の概要

円回内筋の起始停止

円回内筋は前腕前面に位置する筋肉で、名前の通りに前腕を回内させる働きと、肘関節の屈曲にも作用します。

上腕頭と尺骨頭の二頭を有しており、その筋間を正中神経が通過しているため、円回内筋の攣縮では正中神経が絞扼される場合もあります。

上腕頭は内側上顆炎(ゴルフ肘)などのオーバーユース障害をきたしやすい部位であり、円回内筋の圧痛が認められやすいです。

基本データ

支配神経 正中神経
髄節 C6-7
起始 ①上腕頭:内側上顆・内側上腕筋間中隔

②尺骨頭:鈎状突起内側

停止 橈骨外側面の中央部
栄養血管 尺骨動脈、撓骨動脈
動作 前腕の回内、肘関節の屈曲
筋体積 80
筋線維長 4.5

運動貢献度(順位)

貢献度

前腕回内

1 円回内筋
2 方形回内筋
3 橈側手根屈筋

 円回内筋の触診方法

円回内筋

円回内筋を触診する際は、手関節を掌屈位に保持することが重要になります。

掌屈することで円回内筋の遠位を併走する撓側手根屈筋、長掌筋、尺側手根屈筋のの運動参加を排除することができます。

その状態から肘関節90度屈曲位に保持し、前腕回内運動を行わせることで円回内筋の収縮を触知することができます。

ストレッチ方法

円回内筋のストレッチング

片手で棒を持ち、もう片方の手で前腕を支えるようにし、棒の重さを利用して前腕を回外させていきます。

筋力トレーニング

円回内筋の筋力トレーニング

坐位にて机やベッドに前腕を乗せ、前腕は回外した状態で手首より先をベッドの外に出します。

その状態でダンベルを把持し、前腕を回内させていきます。

圧痛点と関連痛領域

円回内筋の圧痛点と関連痛領域

円回内筋のトリガーポイントは起始部に発生し、関連痛は肘関節前内方から手関節前内方、中指や薬指にかけて起こります。

この筋が損傷している場合、ぞうきんを絞る動作で痛みが生じたり、円回内筋の硬化によって腱鞘炎と似た症状が出る場合もあります。

前述したように円回内筋の過剰な緊張や瘢痕形成は正中神経高位麻痺の原因となり、その状態を円回内筋症候群と呼びます。

マッサージ方法

前腕を回内させて円回内筋の収縮を触知しながら走行を確認し、上腕骨内側上顆(起始部)に母指を当てて押圧します。

そこから筋の走行に沿いながら、橈骨外側面の中央部(停止部)に向けて母指を滑らせていきます。

硬結部などが触知できた場合は、持続圧迫を加えてリリースしていきます。

上腕骨内側上顆に付着している筋肉

上腕骨内側上顆に付着する筋肉

内側上顆に付着する筋肉は、①円回内筋、②橈側手根屈筋、③長掌筋、④尺側手根屈筋、⑤浅指屈筋の五つがあります。

そのため、内側上顆には筋収縮による負荷がかかりやすく、それが持続することによって炎症が起こる場合があります。

円回内筋以外は肘関節や前腕のみに作用しますが、②③④は手関節掌屈にも作用しますので、掌屈時に痛みを生じます。

⑤のみは手指の屈曲動作に作用しますので、浅指屈筋に問題がある場合は、指を曲げた際に痛みを生じます。

痛みはあくまで目安であり、内側上顆に炎症があると付着筋すべてに影響が出るため、治療には各筋肉の動きを制限することが必要となります。


他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

セラピストが副業で稼ぐ方法

vc

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme