半膜様筋

この記事では、半膜様筋(semimembranosus)に関する充実したデータを閲覧できます。

半膜様筋の概要

0半膜様筋の起始停止

半膜様筋はハムストリングスの中で最も体積が大きく、半腱様筋よりも内側に位置しています。

筋腹が下方に存在するため、股関節伸展よりも膝関節屈曲への貢献度が高く、膝関節屈曲への最大の貢献筋になります。

基本データ

支配神経 脛骨神経
髄節 L5-S2
起始 坐骨結節
停止 脛骨の内側顆、顆間線および外側上顆、斜膝窩靱帯
栄養血管 大腿深動脈、殿動脈
動作 股関節の伸展

膝関節の屈曲、下腿の内旋(膝屈曲時)

筋体積 347
筋線維長 7.5
速筋:遅筋(%) 50.050.0

運動貢献度(順位)

貢献度

股関節伸展

膝関節屈曲

1 大殿筋 半膜様筋
2 大腿二頭筋(長頭) 半腱様筋
3 大内転筋 大腿二頭筋
4 半膜様筋 腓腹筋
5 半腱様筋 薄筋

※股関節伸展は外側ハムスト(大腿二頭筋)が、膝関節屈曲は内側ハムスト(半膜様筋、半腱様筋)が大きく貢献します。

半膜様筋の触診方法

自己触診:半膜様筋

膝関節の屈曲運動にて、半腱様筋と半膜様筋の両筋を区別します。

大腿部の中心にある腱が半腱様筋で、外側にあるのが半膜様筋になります。

半膜様筋は関節包や内側半月板にも線維を送るため、関節包の張りや半月板の運動にも直接的に関与しています。

ストレッチ方法

半膜様筋のストレッチング

長坐位にて片脚を屈曲させ、ストレッチ側の脚を内転位とし、その状態で体幹を前屈します。

膝関節をやや屈曲すると近位部をより伸張できます。

筋力トレーニング

半膜様筋の筋力トレーニング

重錘を足首に付けて腹臥位で膝関節屈曲を行います。

負荷は低めですが、他の運動と比較して代償運動が少なく実施できます。

ハムストリングスの概要

ハムストリングス

ハムストリングス(hamstrings)は大腿後面に位置する筋肉で、①大腿二頭筋、②半膜様筋、③半腱様筋の総称です。

太もも(ハム)の腱(ヒモ=ストリング)を形成することが名前の由来です。

大腿二頭筋の短頭以外は二関節筋であり、股関節伸展にも作用します。


他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

セラピストが副業で稼ぐ方法

vc

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme