【専門職向け】半膜様筋の触診やストレッチを解説

この記事では、半膜様筋(semimembranosus)に関する充実したデータを閲覧できます。

半膜様筋の概要

0半膜様筋の起始停止

半膜様筋はハムストリングスの中で最も体積が大きく、半腱様筋の深層に位置している強力な筋肉になります。

半膜様筋と半腱様筋は内側に位置するため内側ハムストと呼ばれ、大腿二頭筋は外側ハムストと呼ばれます。

内側ハムストは筋出力を発揮するために速筋線維が豊富で、外側ハムストは姿勢制御に関わるために遅筋線維が豊富です。

基本データ

支配神経 脛骨神経
髄節 L5-S2
起始 坐骨結節
停止 脛骨の内側顆、顆間線および外側上顆、斜膝窩靱帯
栄養血管 大腿深動脈、殿動脈
動作 股関節の伸展

膝関節の屈曲、下腿の内旋(膝屈曲時)

筋体積 347
筋線維長 7.5
速筋:遅筋(%) 50.050.0

運動貢献度(順位)

貢献度

股関節伸展

膝関節屈曲

1 大殿筋 半膜様筋
2 大腿二頭筋(長頭) 半腱様筋
3 大内転筋 大腿二頭筋
4 半膜様筋 腓腹筋
5 半腱様筋 薄筋

半膜様筋の触診方法

自己触診:半膜様筋

写真では、うつ伏せの状態から膝関節の屈曲運動を反復させて、膝窩内側で膨隆する腱を触診しています。

膝窩の中心にある腱が半腱様筋腱で、外側にある腱が半膜様筋腱になります。

半膜様筋は半腱様筋の深層で幅広く位置しているため、扁平で大きな筋肉であることを意識すると簡単に触れることができます。

ストレッチ方法

半膜様筋のストレッチング

長坐位にて片脚を屈曲させ、ストレッチ側の脚を内転位とし、その状態で体幹を前屈していきます。

膝関節をやや屈曲すると近位部をより伸張できます。

筋力トレーニング

半膜様筋の筋力トレーニング

重錘を足首に付けて腹臥位で膝関節屈曲を行います。

負荷は低めですが、他の運動と比較して代償運動が少なく実施できます。

トリガーポイントと関連痛領域

半膜様筋の圧痛点(トリガーポイント)は多発的に出現しやすく、関連痛は大腿から膝関節内後方にかけて痛みが放散します。

内側・外側ハムストリングスに短縮が存在すると、相対的に大殿筋の収縮が弱まり、大殿筋の萎縮を呈している場合が多いです。

アナトミートレイン

アナトミートレイン:筋膜:SBL

半膜様筋はアナトミートレインの中で、SBL(スーパーフィシャル・バック・ライン)に繋がっています。

SBLは身体の屈曲を制動している筋膜で、滑走不全が生じると前屈制限を起こす原因となります。

歩行時の筋活動

ハムストリングの歩行時のの筋活動

遊脚終期(TSw)から膝関節伸展の減速のために遠心性に収縮し、その後は立脚中期(MSt)まで活動して膝関節屈曲に作用します。

関連する疾患

  • 膝関節屈曲制限
  • 慢性腰痛症
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • tight hamstrings
  • ハムストリングス肉離れ etc.

膝関節屈曲制限

半膜様筋は膝関節の後方関節包や内側半月板に付着しているため、攣縮(異常収縮)が起きると付着組織の滑走不全が生じます。

その状態で膝関節を深く曲げようとすると関節包や半月板がインピンジメントを起こし、膝窩部に痛みを訴えることになります。

攣縮の改善には軽い筋収縮を反復させることが有効で、下腿を内旋させた状態で膝関節の屈伸を繰り返していきます。

慢性腰痛症/腰椎椎間板ヘルニア

ハムストリングスに短縮が生じていると、大殿筋の収縮力が弱まって萎縮をきたすことにつながります。

大殿筋の萎縮は立位(骨盤)の不安定性をもたらすことになり、結果的に慢性腰痛症や椎間板ヘルニアといった障害を引き起こす原因となります。

治療ではハムストリングスの自主ストレッチを指導すると同時に、大殿筋の筋力トレーニングも行わせることが大切です。


vc

他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

ピックアップ記事

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme