【専門職向け】大腿二頭筋の触診やストレッチを解説

この記事では、大腿二頭筋(biceps femoris)に関する充実したデータを閲覧できます。

大腿二頭筋の概要

大腿二頭筋の起始停止

大腿二頭筋は名前の通りに2つの頭(起始)を持っており、大腿骨から起始する筋肉を短頭、坐骨結節から起始する筋肉を長頭といいます。

長頭は筋腹が近位(大腿上方)に存在することから、膝関節屈曲よりも股関節伸展への貢献度が高くなっています。

短頭は長頭の深層に位置する小さい筋肉で、膝関節屈曲の筋力を発揮するよりも、膝関節の動きをコントロールする役割が大きいです。

ハムストリングスの概要

ハムストリングス

ハムストリングス(hamstrings)は大腿後面に位置する筋肉で、①半膜様筋、②半腱様筋、③大腿二頭筋の総称です。

大腿二頭筋は外側に位置するために外側ハムストとも呼ばれ、半膜様筋と半腱様筋は内側ハムストと呼ばれます。

外側ハムストは姿勢制御に関わるために遅筋線維が豊富で、内側ハムストは筋出力を発揮するために速筋線維が豊富なのが特徴です。

基本データ

支配神経 ①長頭:脛骨神経

②短頭:総腓骨神経

髄節 L5-S1(長頭・短頭)
起始 ①長頭:坐骨結節

②短頭:大腿骨粗面の外側唇の中部1/3と外側筋間中隔

停止 腓骨頭
栄養血管 貫通動脈、膝窩動脈、下殿動脈
動作 股関節の伸展,内転

膝関節の屈曲、下腿の外旋

筋体積 317
筋線維長 8.9
速筋:遅筋(%) 33.166.9

運動貢献度(順位)

貢献度

股関節伸展

膝関節屈曲

1 大殿筋 半膜様筋
2 大腿二頭筋(長頭) 半腱様筋
3 大内転筋 大腿二頭筋
4 半膜様筋 腓腹筋
5 半腱様筋 薄筋

※股関節伸展は外側ハムスト(大腿二頭筋)が、膝関節屈曲は内側ハムスト(半膜様筋・半腱様筋)が大きく貢献します。

大腿二頭筋の触診方法

1.長頭の触診

自己触診:大腿二頭筋長頭

写真では、下腿の外旋運動を強調しながらの膝屈曲運動にて、大腿二頭筋長頭の内縁を触診しています。

2.短頭の触診

自己触診:大腿二頭筋短頭

大腿二頭筋短頭の表層は長頭によって完全に覆われていますので、大腿後方からの触診は困難です。

写真では、股関節を過伸展、膝関節を100度屈曲した肢位からの膝関節屈曲運動にて、大腿二頭筋短頭を大腿外側から触診しています。

大腿の断面図

大腿中央の断面図|ハムストリング

大腿中央を断面でみた場合、大腿二頭筋は後区画に位置しており、筋間中隔によって遮られています。

短頭は外側の筋間中隔より起始しており、長頭に比べて筋面積も狭いために筋出力はそれほど高くありません。

ストレッチ方法

大腿二頭筋,ストレッチ,方法,個別

長坐位にて片脚を屈曲させ、ストレッチ側の脚を外転・内旋位とし、その状態で体幹を前屈します。

膝関節をやや屈曲すると近位部をより伸張できます。

筋力トレーニング

 大腿二頭筋の筋力トレーニング

仰向けにてブリッジング(お尻を挙上)を行います。

膝関節の屈曲角度が増すと大殿筋が強く働くため、屈曲は浅めにして実施することがポイントです。

トリガーポイントと関連痛領域

大腿二頭筋の圧痛点(トリガーポイント)は多発的に出現しやすく、関連痛は大腿から膝関節外後方にかけて痛みが放散します。

膝関節を深屈曲させた際に膝窩部痛みを訴える場合は、大腿二頭筋のトリガーポイントが存在する可能性が高いです。

大腿二頭筋は仙結節靭帯を介して仙腸関節に関与するため、長時間の歩行で腰痛を訴える場合はチェックが必要です。

大腿二頭筋の過緊張は下腿を外旋させるため、さらに外反・外旋位になると大腿二頭筋の張力が増す原因となります。

アナトミートレイン

アナトミートレイン:筋膜:SBL

大腿二頭筋はアナトミートレインの中で、SBL(スーパーフィシャル・バック・ライン)に繋がっています。

SBLは身体の屈曲を制動している筋膜で、滑走不全が生じると前屈制限や腓返り(腓腹筋の痙攣)を起こす原因となります。

歩行時の筋活動

ハムストリングの歩行時のの筋活動

遊脚終期(TSw)から膝関節伸展の減速のために遠心性に収縮し、荷重応答期(LR)まで活動して股関節の伸展を補助します。

また、LRでは大腿四頭筋と同時収縮を行うことにより膝関節を安定させます。

歩行時の筋活動|ハムストリング

関連する疾患

  • tight hamstrings
  • 膝関節屈曲拘縮
  • 大腿二頭筋断裂・肉離れ
  • 腓骨頭脱臼
  • 外側半月板損傷 etc.

tight hamstrings

大腿二頭筋は非常に硬くなりやすい筋肉であり、その原因のひとつに大殿筋の機能低下があります。

大殿筋は股関節伸展の主力筋ですが、機能低下を起こした場合はハムストリングス(とくに大腿二頭筋)が代償して働くことになります。

緊張状態(収縮)が持続することで徐々にハムストリングスは硬くなっていき、タイトネスを引き起こします。

膝関節屈曲拘縮

長期の安静臥床(寝たきり患者)では膝関節の屈曲拘縮が起こりやすいですが、その原因となりやすいのが大腿二頭筋短頭の短縮です。

ハムストリングスの中でも大腿二頭筋は遅筋線維が豊富であると前述しましたが、臥床による筋萎縮は遅筋線維のほうに起こりやすいです。

とくに関節の運動制御に関与している短頭は遅筋線維が豊富であるため、安静臥床に伴う影響を受けやすいと考えられます。

大腿二頭筋断裂・肉離れ

大腿二頭筋は肉離れを起こしやすい(攣りやすい)筋肉であり、その原因のひとつにSBLの筋膜がタイトになっていることが挙げられます。

SBLは腓腹筋にも繋がっていますが、大腿二頭筋のタイトネスは腓腹筋が攣る原因にも直結することになります。

ハムストリングスが硬くなる原因に大殿筋の機能低下があると前述しましたが、常に緊張状態を強いられていることが理由として挙げられます。

そのようなケースでは、腹臥位での股関節伸展運動(膝関節屈曲位で大殿筋を収縮させる)を行うと大腿二頭筋が攣ります。

そのため、大腿二頭筋の肉離れを予防するためには、大殿筋の機能強化とSBLの滑走性を高めることが重要となります。


vc

他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

ピックアップ記事

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme