大腿二頭筋

この記事では、大腿二頭筋(biceps femoris)に関する充実したデータを閲覧できます。

大腿二頭筋の概要

大腿二頭筋の起始停止

大腿二頭筋は起始部が2頭に分かれており、短頭は大腿骨から、長頭は坐骨結節から起始しています。

ハムストリングスの中で外側に位置するため、外側ハムストとも呼ばれます。

内側ハムスト(半腱様筋と半膜様筋)に比べて、大腿二頭筋は遅筋線維が豊富なのも特徴です。

長頭は筋腹が上方に存在するため、膝関節屈曲よりも股関節伸展への貢献度が高くなっています。

基本データ

支配神経 ①長頭:脛骨神経

②短頭:総腓骨神経

髄節 L5-S1(長頭・短頭)
起始 ①長頭:坐骨結節

②短頭:大腿骨粗面の外側唇の中部1/3と外側筋間中隔

停止 腓骨頭
栄養血管 貫通動脈、膝窩動脈、下殿動脈
動作 股関節の伸展,内転

膝関節の屈曲、下腿の外旋

筋体積 317
筋線維長 8.9
速筋:遅筋(%) 33.166.9

運動貢献度(順位)

貢献度

股関節伸展

膝関節屈曲

1 大殿筋 半膜様筋
2 大腿二頭筋(長頭) 半腱様筋
3 大内転筋 大腿二頭筋
4 半膜様筋 腓腹筋
5 半腱様筋 薄筋

※股関節伸展は外側ハムスト(大腿二頭筋)が、膝関節屈曲は内側ハムスト(半膜様筋、半腱様筋)が大きく貢献します。

大腿二頭筋の触診方法

1.長頭の触診

自己触診:大腿二頭筋長頭

写真では、下腿の外旋運動を強調しながらの膝屈曲運動にて、大腿二頭筋長頭の内縁を触診しています。

2.短頭の触診

自己触診:大腿二頭筋短頭

写真では、股関節を過伸展、膝関節を100°程度屈曲した肢位からの膝関節屈曲運動にて、大腿二頭筋短頭を触診しています。

大腿の断面図

大腿中央の断面図|ハムストリング

大腿中央を断面でみた場合、大腿二頭筋は後区画に位置しており、筋間中隔によって遮られています。

短頭は外側の筋間中隔より起始しており、長頭に比べて筋面積も狭いために筋出力はそれほど高くありません。

ストレッチ方法

大腿二頭筋,ストレッチ,方法,個別

長坐位にて片脚を屈曲させ、ストレッチ側の脚を外転位とし、その状態で体幹を前屈します。

膝関節をやや屈曲すると近位部をより伸張できます。

筋力トレーニング

 大腿二頭筋の筋力トレーニング

仰向けにてブリッジング(お尻を挙上)していきます。

膝関節の屈曲角度が増すと大殿筋が強く働くため、屈曲は浅めにして実施します。

圧痛点と関連痛領域

大腿二頭筋の圧痛点と関連痛領域

大腿二頭筋は膝関節屈曲に作用するため、後方運動配列の筋膜に属します。

圧痛点(トリガーポイント)は大腿中央のやや外側に出現し、関連痛は膝窩(膝関節後方)に出現します。

筋膜が硬結している場合、膝関節を深く屈曲した際に筋痙攣が起こり、膝窩の痛みと共に関節可動域制限が生じます。

大腿二頭筋の圧痛点と関連痛領域2

大腿二頭筋は下腿外旋にも作用するため、外旋運動配列の筋膜にも属します。

圧痛点(トリガーポイント)は大腿二頭筋筋膜上の遠位1/3に出現し、関連痛は下腿の外側領域に出現します。

筋膜の硬結している場合、しゃがみ込む動作で脛骨の転がりが不十分となり、痛みを誘発することになります。

歩行時の筋活動

ハムストリングの歩行時のの筋活動

遊脚終期(TSw)から膝関節伸展の減速のために遠心性に収縮し、荷重応答期(LR)まで活動して股関節の伸展を補助します。

また、LRでは大腿四頭筋と同時収縮を行うことにより膝関節を安定させます。

歩行時の筋活動|ハムストリング

ハムストリングスの概要

ハムストリングス

ハムストリングス(hamstrings)は大腿後面に位置する筋肉で、①大腿二頭筋、②半膜様筋、③半腱様筋の総称です。

太もも(ハム)の腱(ヒモ=ストリング)を形成することが名前の由来です。

大腿二頭筋の短頭以外は二関節筋であり、股関節伸展にも作用します。


他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

セラピストが副業で稼ぐ方法

vc

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme