小指伸筋

この記事では、小指伸筋(extensor digiti minimi)に関する充実したデータを閲覧できます。

小指伸筋の概要

小指伸筋の起始停止

小指伸筋は前腕後面の表層に位置しており、尺側手根伸筋と総指伸筋の間を走行しています。

上腕骨の外側上顆(起始)から小指の指背腱膜(停止)まで走行する非常に細長い筋肉になります。

人差し指から小指まで4本の指を伸展する総指伸筋の働きを補助しており、この筋は人によって欠如している場合もあります。

基本データ

支配神経 橈骨神経深枝の後骨間神経
髄節 C6-8
起始 上腕骨の外側上顆
停止 小指の手背腱膜
栄養血管 後骨間動脈
動作 小指の伸展、外転

運動貢献度(順位)

貢献度

母指伸展

手指伸展

手関節背屈

1 長母指伸筋 総指伸筋 総指伸筋
2 短母指伸筋 示指伸筋 長橈側手根伸筋
3 小指伸筋 短橈側手根伸筋
4 尺側手根伸筋

小指伸筋の触診方法

小指伸筋

写真では、小指以外の手指を屈曲位に固定した状態で、小指MP関節伸展運動にて、小指伸筋腱を触診しています。

小指伸筋は大部分が表層に位置するため、腱部から辿っていくことで筋腹を触知できます。細長い筋肉で筋全体が腱のようにコリコリとしています。

小指伸筋腱は第5区画を通過しており、その走行から手関節背屈と肘関節伸展にも補助的に働きます。

伸筋支帯の6つの区画

伸筋支帯の6区画

前腕の伸筋群は手関節を通過する際に、伸筋支帯により構成される6つの区画内を各筋が通過しています。

  • 第1区画:長母指外転筋腱、短母指伸筋腱
  • 第2区画:長橈側手根伸筋腱、短橈側手根伸筋腱
  • 第3区画:長母指伸筋腱
  • 第4区画:総指伸筋腱、示指伸筋腱
  • 第5区画:小指伸筋腱
  • 第6区画:尺側手根伸筋腱

第1区画は60%の人で2つの腱を隔てる壁が存在しており、狭窄性腱鞘炎を最も引き起こしやすい箇所になります。

総指伸筋腱と示指伸筋腱は同じ区画内に存在しており、示指伸筋腱のほうが深層(掌側)に位置しています。

ストレッチ方法

小指伸筋のストレッチング

肘関節屈曲、手関節掌屈位に保持し、反対側の手で小指を掴んで全体を屈曲させます。その際に、前腕を回外位に誘導するとより伸張できます。

第2-4指はリラックスした状態とし、屈曲させないように注意します。

筋力トレーニング

小指伸筋の筋力トレーニング

小指の伸展運動に対して、反対の示指で抵抗をかけます。この方法で選択的に小指伸筋を鍛えることができます。


他の記事も読んでみる

スキルアップできる本

vc

勉強になる情報をお届けします!

セラピストが副業で稼ぐ方法

vc

The Author

中尾 浩之

中尾 浩之

1986年生まれの長崎県出身及び在住。理学療法士でブロガー。現在は整形外科クリニックで働いています。詳細はコチラ
rehatora.net © 2016 Frontier Theme